出版社のイチオシ#034

ライター画像
石渡翔
出版社のイチオシ#034

各出版社の「これはぜひ推したい!」という本を揃えたコーナー、「出版社のイチオシ」です。フライヤーで要約をご紹介しきれない書籍の中で、各出版社のオススメを記事形式でご紹介します!

明石書店

サイバーハラスメントーー現実へと溢れ出すヘイトクライム
サイバーハラスメントーー現実へと溢れ出すヘイトクライム
ダニエル・キーツ・シトロン 明戸隆浩(訳) 唐澤貴洋(訳) 原田學植(訳) 大川紀男(訳)
明石書店
本の購入はこちら
サイバーハラスメントーー現実へと溢れ出すヘイトクライム
サイバーハラスメントーー現実へと溢れ出すヘイトクライム
著者
ダニエル・キーツ・シトロン 明戸隆浩(訳) 唐澤貴洋(訳) 原田學植(訳) 大川紀男(訳)
出版社
明石書店
本の購入はこちら

これまでネット上の誹謗中傷は、日本でもたびたび問題になってきました。ただ、その言論を法的に規制するのは「言論の自由」の侵害にあたるという意見も多く、やられてもやり返せばよい、あるいはスルーすればよいといった論調が多くみられました。そうした世論は、行政や司法の取り組みの弱さにも少なからず繋がっていたようです。

ところが近年、ヘイトスピーチや女性差別などに対して被害当事者の声が次々に上がり、加害者の「言論の自由」をただ守っても、それは被害者の「言論の自由」を奪うことしか意味しない、と多くの人が気づくようになりました。この変化を受け、規制をどのような形で行うことが被害者にとって必要かつ有効かという議論が、今あちこちで行われるようになっています。

仮想/現実の境界さえ消えつつあるように見える米国の事例を、法的・社会的な対応策とともに紹介している本書は、ハラスメント現場を毎日のように画面越しに目の当たりにしなくてはならない日本の状況に対して、今後のたしかな指針を示してくれるはずです。

(編集部 赤瀬智彦)

サンマーク出版

受けつぎごと。
受けつぎごと。
村上萌 村上桃代
サンマーク出版
本の購入はこちら
受けつぎごと。
受けつぎごと。
著者
村上萌 村上桃代
出版社
サンマーク出版
本の購入はこちら

この本は、担当編集者がこれまで作ってきた本の中で、一番影響を受けた本と言えるかもしれません。

たとえば、家にお花を飾ること。

朝ごはんのお皿とカトラリーを揃えて、ワンプレートディッシュにすること。

寝室のファブリックをミントグリーンでそろえること。

今まで、なんとなく憧れていたけどできなかったことが実現するのが、こんなに嬉しいなんて!

ぜひ皆さんにもこの喜びを味わっていただきたくて、本の右ページには「やってみると楽しくなる秘密」を、左ページにはチャレンジしやすくなるTIPSをたくさん入れていただきました。

たとえば「毎朝少し、花の手入れをすること」という項目。

お花をいつも飾るのに憧れているけれど、つい枯らしてしまう悩みがあるので、左ページでは「枯らしてしまいがちな人へ、育てやすい花BEST3」を、そして続くページには「お花をいけるときの花瓶と花の黄金比」や「持っていると便利な花瓶」などを写真つきで教えてもらいました。

季節のお花を飾ってみたり、クリスマスをめいっぱい楽しんだり、飽きたものも捨てずに色を塗ってみたり、季節ごとのおもてなしごはんを作ってみたり……。そんな「憧れの生活を実現する」工夫がたくさんつまった一冊です。ぜひ読んでみてください。

(第一編集部 池田るり子)

総合法令出版

ビビりの起業法
ビビりの起業法
中村裕昭
総合法令出版
本の購入はこちら
ビビりの起業法
ビビりの起業法
著者
中村裕昭
出版社
総合法令出版
本の購入はこちら

「誰でもできる」「お金がなくてもできる」「それでいて確実に稼げる」

そんな商売、実際にはあり得ないと思っていました。本書をつくるまでは。

雇用不安が増す中、新型コロナの影響もあり、「自分の会社もどうなるかわからない」と考える人は多いのではないでしょうか。だからこそ「組織を離れても稼げるようになろう」といわれるわけですが、「本当にうまくいくのか」といった不安は消えないのが実情だと思います。

本書は、そうした不安を真正面から受け止め、投げ飛ばすために企画されました。

商売をする上で「ビビり」は、最強の武器となります。しかるべき順番を辿り、慎重に進んでいけば、商売の失敗確率は極限まで小さくなります。そのセオリーを無視して、欲を出したり急いだりするから、失敗するのです。

社会が不安定だからといって、新しいチャレンジを躊躇する必要はありません。むしろ、現在地に留まることのほうが危険です。本書がみなさまの前向きな一歩につながれば幸いです。

(編集担当:久保木勇耶)

ディスカヴァー・トゥエンティワン

セルフトーク超入門 心の中のつぶやきを変えれば、人生が変わる
セルフトーク超入門 心の中のつぶやきを変えれば、人生が変わる
シャド・ヘルムステッター
ディスカヴァー・トゥエンティワン
本の購入はこちら
セルフトーク超入門 心の中のつぶやきを変えれば、人生が変わる
セルフトーク超入門 心の中のつぶやきを変えれば、人生が変わる
著者
シャド・ヘルムステッター
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
本の購入はこちら

“セルフトーク"とは、「心の中のひとりごと」です。

ふだんは前向きな人でも、ときにはこんなふうに考えたり、つぶやいたりしていませんか?

「こんなご時世だし、やっても無駄だ」

「いつも三日坊主だし、運動しても続かないよ」

「いつもわたしだけ損してる。昔から運が悪いんだよな」などなど……。

こういった“ネガティブなセルフトーク”は、実際にあなたを確実に失敗へと導くというのですから、恐ろしい話です。なぜなら、そのセルフトークが真実かどうかに関わらず、脳はそれがまるで真実であるかのように機能してしまうから。著者は、「ネガティブなセルフトークは有害無益」と一刀両断にします。

本書では、ネガティブなセルフトークをしてしまう原因から、脳科学から見たその影響、自分のネガティブ度チェック、ポジティブなセルフトークに変える方法まで、年間25万人以上が参加するセミナーを開催する著者が、そのノウハウをぎゅっとまとめてくれています。

ちなみに、本書のオビには「60分で読めて一生続く!」と書いてありますが、実際弊社スタッフが付箋を貼りながら読んだところ、かかった時間は42分13秒だったそうです。実にお得な一冊です。

(編集部 大竹)
公開日:2020/07/10
このイチオシを友達にオススメする
今週の要約ランキング
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
出版社のイチオシ#079
出版社のイチオシ#079
2022.09.02 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
人生の目標を見つけたい! 必要なのはやっぱりお金?
人生の目標を見つけたい! 必要なのはやっぱりお金?
2022.08.23 update
リンク
3月30日は「信長の野望の日」
3月30日は「信長の野望の日」
2022.03.28 update
リンク
半径3メートルの人に愛をケチっていないか?(健康社会学者・河合薫)
半径3メートルの人に愛をケチっていないか?(健康社会学者・河合薫)
2022.05.19 update
リンク