高橋宣行の発想筋トレ
クリエイティブ・エンジンの鍛え方

未 読
高橋宣行の発想筋トレ
ジャンル
著者
高橋宣行
出版社
日本実業出版社
定価
1,620円
出版日
2016年09月29日
評点(5点満点)
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

現代のようなモノ余りの時代には、競合との差を生み出す個性化、差別化が強力な武器となりうる。本書によれば、自分だけにしかつくれない価値を生み出すには、「ホカとの微妙な違い」を感じ取る独自のセンスが必要だという。

著者の高橋 宣行氏は、株式会社博報堂でコピーライターやディレクター、制作部長を務めながら、毎日のように「発想の筋トレ」を行ってきたという。新人時代、手持ちの知識だけでは斬新なアイディアを生み出せないと実感し、発想力を鍛える膨大な課題をこなしてきた。例えば、「デパートを3カ月間探検し、人やモノの動きを観察する」、「都内で偶然選ばれた3地点の共通項を探し、そこから新しい時代の兆しを見つける」など、トレーニング方法は24例にも及ぶ。また、多少キャリアを積んだ後でさえ、クライアントごとに徹底して情報収集するなど、自分の領域を広げることが常に求められたという。高橋氏は、このときに異分野の知識を大量に取り込んだ経験が、センスを磨くことにつながったと振り返る。

本書では、強い個性化を求められ続けてきた高橋氏の実体験をもとにした、「発想センスを磨く方法」が余すことなく紹介されている。今後ますます混沌を極め、答えが見えづらい時代にこそ、個人の力(クリエイティブ・エンジン)を発揮することが欠かせない。高橋氏の伝えるトレーニング方法を実践して、クリエイティブの触覚と呼ぶべきセンスを磨き、「選ばれる人」をめざしてみてはいかがだろうか。

流石 香織

著者

高橋 宣行(たかはし のぶゆき)
1940年生まれ。1968年博報堂入社。制作コピーライター、制作ディレクター、制作部長を経て、統合計画室、MD計画室へ。制作グループならびにマーケットデザインユニットの統括の任にあたる。2000年より関連会社を経て、現在フリープランナー。企業のブランディング、アドバイザー、研修講師、執筆活動などで活躍。主な著書に『高橋宣行の発想ノート』『高橋宣行の発想フロー』(以上、日本実業出版社)、『博報堂スタイル』『「差別化するストーリー」の描き方』『「コラボ」で革新』(以上、PHP研究所)、『オリジナルシンキング』『コンセプトメイキング』『「人真似は、自分の否定だ」』(以上、ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『発想職人のポケット』(小学館)他がある。

本書の要点

  • 要点
    1
    ビジネスではホカと差別化が求められるため、微妙な違いを感じ取る「センス」がモノを言う。センスを磨くためには、モノゴトを知ることが欠かせない。
  • 要点
    2
    「センスのいい人」はモノゴトを知るために努力している。モノゴトを知ることで相手を思いやる感性も磨かれる。
  • 要点
    3
    著者は、センスと発想力を鍛えるために強制発想法などのアプローチを紹介している。トレーニングをひたすらこなすことにより、先を読む力を身につけ、発想の飛躍につなげることができる。

要約

ビジネスには「センス」が必要

差のない時代に「センス」を磨く重要性

ビジネスの究極の目的とは、「違いをつくること」だ。あらゆるデータを分析、数値化して合理的に論理を組み立て、みんなと同じことを求めていてはいけない。個人が、「センス」を発揮して、違いをつくることが求められている。センスとは「微妙な違いに気づき、感じ、嗅ぎ分けられる感覚の総体」である。全体の流れや細部の変化まで感じ取ることができれば、次の予測に違いが出る。とくに現在のような答えが見えづらい時代にこそ、予想外の発想で人に幸せや楽しみ、驚きを与えることが重視される。

著者は以前、データや調査資料をもとに合理的なコンセプトをつくりあげたところ、上司から「ロジックのエモーショナル化がない」と指摘されたという。たとえロジックを上手く組み立てたとしても、センスがなければ、人の心を動かせないことを示している。

そもそも、ビジネスとは全てケース・バイ・ケースであり、人間が生み出したものである。人間は「好き嫌い」の感情を伴うため、数値によるデータではなく、感覚的な「センス」で共感を得る必要がある。つまり、「この商品サービスを、どのように好きにさせるのか?」を考えることが、差別化を図る上で欠かせない。

創造性を発揮したいなら、センスを磨け
StockRocket/iStock/Thinkstock

未来の予測の精度を上げるには、センスを磨き、感度を高める必要がある。微妙な違いを感じ取れるようになるには、モノゴトを知らなくてはならない。

知識と体験を増やすことで、センスが磨かれる。すると、全体を見渡しやすくなり、個々の違いも発見しやすくなる。とくに発想がモノを言う仕事では、全体を俯瞰して仮説につなげ、「考えること」と「表現すること」を一体化させる姿勢が求められる。

ビジネスにおいては、いくら見事な戦略を組み立てたとしても、最後のディテールに気をくばれるかどうかが勝敗を決めることがある。日本人は、合理性や効率性が重視される欧米と比べたとき、気くばりのセンスがあると言われる。日本人の気くばりの細やかさは、想像力を働かせて相手の立場でモノゴトを考え、微妙な違いを感じ取った結果によるものである。今後、日本人が持つ想像力は、世界にも通じる大きな競争力となる。

著者によれば、センスとはクリエイティブの触覚部分となり、すべてはセンスからはじまる。創造性を発揮するには、日頃からモノゴトを知ろうとし、センスを磨くことが求められるのだ。

【必読ポイント!】 センスは誰でも磨ける

センスの有無は体験と知識次第
MoustacheGirl/iStock/Thinkstock

個々人のセンスは、天性のものではなく、その人が過去に得た知識や体験がベースとなっている。センスは誰もが持っているものであり、アートにとどまらず生き方やビジネスなど、ところどころで発揮されるセンスの総体が「あなたらしさ」となる。あえて「センスがない」と言うとすれば、それはモノゴトを知らないにすぎない。

一流と評価される人は、センスを磨く努力を怠らない人だといえる。センスとは誰かから教わるものではなく、自分でモノゴトを知っていく中で育つものにほかならない。「ビジネスのセンスを磨こう」と思うのなら、ひとつの課題に対してひたすら時間をかけて、量をこなし、深掘りしていくことが効果的だ。

センスのいい人は目のつけどころが違ううえに、あらゆる体験を通して、たくさんのモノサシを持っている。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
高橋宣行の発想筋トレ
未 読
高橋宣行の発想筋トレ
ジャンル
マーケティング
著者
高橋宣行
出版社
日本実業出版社
定価
1,620円
出版日
2016年09月29日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

すべての仕事は「問い」からはじまる
すべての仕事は「問い」からはじまる
大嶋祥誉
未 読
リンク
 「行動デザイン」の教科書
「行動デザイン」の教科書
博報堂行動デザイン研究所 國田圭作
未 読
リンク
明日、機械がヒトになる
明日、機械がヒトになる
海猫沢めろん
未 読
リンク
「病は気から」を科学する
「病は気から」を科学する
ジョー・マーチャント 服部由美(訳)
未 読
リンク
京セラフィロソフィ
京セラフィロソフィ
稲盛和夫
未 読
リンク
競争としてのマーケティング
競争としてのマーケティング
丸山謙治
未 読
リンク
新しい働き方
新しい働き方
越川慎司
未 読
リンク
仕掛学
仕掛学
松村真宏
未 読
リンク
1
OKR
OKR
クリスティーナ・ウォドキー 二木夢子(訳) 及川卓也(解説)
未 読
リンク
2
会社や仕事につぶされない働き方・休み方
会社や仕事につぶされない働き方・休み方
茅嶋康太郎
未 読
リンク
3
MONEY
MONEY
チャールズ・ウィーラン 山形浩生(訳) 守岡桜(訳)
未 読
リンク
「良いグリット」と「悪いグリット」があるって本当?
「良いグリット」と「悪いグリット」があるって本当?
2018.04.16 update
リンク
国際情勢を読み解くならこの5冊!
国際情勢を読み解くならこの5冊!
2017.05.17 update
リンク