喰い尽くされるアフリカ
欧米の資源略奪システムを中国が乗っ取る日

未 読
喰い尽くされるアフリカ
ジャンル
著者
トム・バージェス 山田美明(訳)
出版社
定価
2,052円
出版日
2016年07月31日
評点(5点満点)
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.5
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

アフリカ大陸は、石油やダイヤモンドといった、多くの天然資源に恵まれていることで知られている。にもかかわらず、そこに暮らす人々の多くは今日も厳しい貧困と内戦に苦しめられている。膨大な資源が生みだしたはずの巨額の富はどこに、そしてどうやって消えているのか、アフリカの外にいる私達が疑問に思うのは当然である。「結局のところ、アフリカにいる人々の怠慢が原因なのではないか」とする意見も出てくるだろう。

だが現実で起きていることは、どうやらそういう単純な話ではないようである。本書が明らかにするのは、その巧妙な略奪のシステムだ。長くアフリカに住み、丹念に取材を重ねた著者だからこそ、住民の肉声が随所に埋め込まれた本書は誕生した。実際、著者はアフリカにおける苦難をあまりにも身近で見すぎてしまったために、重度のうつ病に苦しめられ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)も発症したという。そういう意味で、本書はまさに著者の血をもって書かれた渾身の一冊だと言える。

アフリカの辺鄙(へんぴ)な村で起こった虐殺と、裕福な世界の人々の快適な暮らしはけっして無関係ではない。先進国におけるアフリカの資源の需要は増すばかりであり、資源取引がもたらす腐敗はさらに広まっている。本書を読み終える頃には、アフリカで起きている悲劇が、単なる他人事とは感じられなくなるに違いない。

石渡 翔

著者

著者情報
トム・バージェス (Tom Burgis)
『フィナンシャル・タイムズ』の調査報道特派員。2006年より南アフリカのヨハネスブルクとナイジェリアのラゴスを拠点に特派員として取材活動を続けてきた。2013年、鉱物資源国、アンゴラとギニアの汚職の実態を暴いた報道でフィナンシャル・タイムズ・ジョーンズ・モースナー記念賞を受賞。同年、王立文学協会のジャーウッド賞ノンフィクション部門も受賞し、本書の取材のための資金を得る。2016年、本書で第77回アメリカ海外記者クラブ賞の国際報道ノンフィクション図書部門最優秀賞を受賞。現在はロンドン在住。

本書の要点

  • 要点
    1
    資源産業が経済を支配してしまうと、国民に課税して資金を集める必要がなくなる。その結果、民主主義は機能しなくなり、独裁政治が生まれてしまう。
  • 要点
    2
    中国とアフリカ大陸の運命は密接に結びついている。その関係構築に大きな役割を果たしたのは、「仲介者」と呼ばれる広い人脈をもった人物たちだ。
  • 要点
    3
    現在のアフリカを略奪・支配しているのは、影の政府を通じて国土を支配する政治家、彼らと世界を結びつける仲介者、そして汚職にまみれた多国籍企業の三者である。

要約

なぜアフリカは貧困にあえぐのか

資源は呪いである
borgogniels/iStock/Thinkstock

アフリカの貧困や紛争の原因については、数多くの説が唱えられている。しかしアフリカにある貴重な天然資源こそが、アフリカにとって厄災となっているのは疑いようもない。実際、マッキンゼー・アンド・カンパニーの分析によれば、貧困に苦しむ人々の69%は、石油や天然ガス、鉱物資源が豊富な国で暮らしているという。

エコノミストたちはこの現象を「資源の呪い」と読んでいる。もちろん、これだけで紛争や飢餓が蔓延する理由を説明することはできないが、資源産業が経済を支配している国のほうが、好ましくない状態に陥りやすいのは事実だ。政府が天然資源から得る収入は、いわば不労所得である。この種の収入は「資源レント」と呼ばれ、国家を支配する人々が勝手に使える資金を大量に生み出すだけでなく、場合によっては統治者と国民との社会契約すら破綻させてしまう。国民に課税して政府の資金を集める必要がなくなるため、国民の同意を取りつける必要すらなくなるからだ。

天然資源で利益を上げている政府は、政府の利益になることに国の収入を費やす。そのため、教育支出は減り、軍事予算がふくらむ。また、資源産業には汚職がつきものであり、権力者たちはその座を手放そうとはしなくなる。その結果、独裁政治が生まれる。その証拠に、大統領在職期間が長い人物の上位4名はいずれも石油や鉱物資源に恵まれたアフリカの国の支配者だ。

さらに、ヨーロッパ列強による植民地支配が終わり、アフリカ諸国が独立を勝ち取った今でも、資源産業を牛耳(ぎゅうじ)る巨大産業がアフリカから離れることはない。こうした多国籍企業とアフリカの支配者層は、仲介人を通すことでネットワークを形成し、自分たちの富を増やすことだけに注力しているのである。

オランダ病という流行り病
nyxmedia/iStock/Thinkstock

ナイジェリアはアフリカ最大級の人口を有しており、実にアフリカ人の6人に1人がナイジェリア人にあたる。そのナイジェリアの崩壊が始まったのは、イギリスから独立する4年前の1956年、石油が発見されてからのことだった。

新たに発見された油田の3分の2は、分離独立派が自分たちの土地だと主張する地域内にあった。分離独立派が1967年にビアフラ共和国の樹立を宣言すると、権力争いを繰り返していた民族グループの対立が先鋭化し、ナイジェリアは内戦に突入。結果、50万人から200万人の国民が命を落とした。その主な死因は飢餓であった。

最終的に分裂の危機は免れたナイジェリアだが、その後も悪辣な独裁者が相次いだ。そして政府収入の5分の4を石油が占めるようになると、資源レントの分前を獲得するための熾烈な争いが日々繰り広げられるようになった。

こうした状況が、ナイジェリアの生産力に大きな悪影響をおよぼしている。エネルギー産業以外の産業部門が衰えてしまうことを、『エコノミスト』誌は1977年、「オランダ病」と名づけた。この病気は、貨幣を通じて国に忍び込んでくる。輸出された資源にドルが支払われることで、自国通貨の価値が上がる。すると、国内製品に比べて輸入品のほうが安くなり、自国の企業が弱くなる。輸入品が国内製品に置き換わり、最終的には地元の農民は耕作地を放棄するというわけだ。それでも天然資源を加工すれば、その価値を何倍にもできるかもしれないが、工業力のないアフリカでは、原油や石油はそのままの形で流出してしまう。

ナイジェリアだけでなく、アフリカ諸国はこの慢性的なオランダ病に苦しめられている。アフリカ経済全体の生産高に占める製造業の割合は、1990年には15%だったが、2008年には11%に下がった。そして2011年の世界全体の製造業の生産高に占めるアフリカの割合は1%程度で、この数値は2000年からまったく変わっていない。

台頭する中国

中国が求めたモノ

資源に頼りきって歪んだ経済は、専制的な政権とその協力者が栄える土壌を生む。そのネットワークの特徴は、国、宗教、商品によって異なるが、共通する部分もある。(1)公益と個人的利益があいまいになっており、(2)グローバル化の暗部を利用して取引が行われている。そして、(3)石油産業や鉱業の力に依存した、ごく限定された経済を生み出す。

こうしたネットワークには、数十年前、あるいはアフリカ独立以前にさかのぼるものもあるが、最近形成されたネットワークもある。その代表的なものが中国との関係だ。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
喰い尽くされるアフリカ
未 読
喰い尽くされるアフリカ
ジャンル
グローバル 政治・経済
著者
トム・バージェス 山田美明(訳)
出版社
定価
2,052円
出版日
2016年07月31日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

貨幣の「新」世界史
貨幣の「新」世界史
カビール・セガール 小坂恵理(訳)
未 読
リンク
欧州解体
欧州解体
ロジャー・ブートル 町田敦夫(訳)
未 読
リンク
移民の経済学
移民の経済学
ベンジャミン・パウエル(編) 藪下史郎(監訳) 佐藤綾野(訳) 鈴木久美(訳) 中田勇人(訳)
未 読
リンク
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
趙海成 小林さゆり(訳)
未 読
リンク
大前研一ビジネスジャーナル No.11
大前研一ビジネスジャーナル No.11
大前研一(監修) good.book編集部(編)
未 読
リンク
テクニウム
テクニウム
ケヴィン・ケリー 服部桂(訳)
未 読
リンク
現代ゲーム全史
現代ゲーム全史
中川大地
未 読
リンク
中東・エネルギー・地政学
中東・エネルギー・地政学
寺島実郎
未 読
リンク
1
残念な職場
残念な職場
河合薫
未 読
リンク
2
ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル
ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル
グロービス経営大学院
未 読
リンク
3
エンジェル投資家
エンジェル投資家
ジェイソン・カラカニス 滑川海彦(訳) 高橋信夫(訳) 孫泰蔵(日本語版序文)
未 読
リンク
要約の達人が選ぶ、7月のイチオシ!
要約の達人が選ぶ、7月のイチオシ!
2018.07.31 update
リンク
freee誕生秘話~社会人経験をどう活かすか~
freee誕生秘話~社会人経験をどう活かすか~
2016.01.07 update
リンク