知ってるつもり
無知の科学

未 読
知ってるつもり
ジャンル
著者
スティーブン・スローマン フィリップ・ファーンバック 土方奈美(訳)
出版社
定価
2,052円
出版日
2018年04月15日
評点(5点満点)
総合
4.5
明瞭性
4.5
革新性
4.5
応用性
4.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

本書の著者は、ともに認知科学の研究者である。1950年に誕生した認知科学は、工学、心理学、哲学などの学際的研究を通じて、人間の知性の働きを解明しようとしてきた。しかしそうした研究を通じて明らかになったのは、個々人の知性のすばらしさというより、むしろその限界であったと著者らは指摘する。

「人間の知性は天才的であると同時に哀れをもよおすほど粗末で、聡明であると同時に愚かである」。人間は火の使い方を覚え、民主政治を生み出し、原子核を発見し、月面に着陸した。その一方で、驚くほどの思いあがりや無謀さを晒すことも少なくない。

なぜ人間はほれぼれするような知性と、がっかりするような無知を併せ持っているのか。あるいはなぜ個人としては限られた理解しか持ちあわせていないのに、種としてこれほどの偉業を成し遂げてこられたのか。本書はこうした疑問に答えていく。

なかでも重要な問いは、知性はどこにあるのかというものであろう。私たちは「知性は個人の脳のなかにある」と考えがちだ。しかし本書の見解は別なところにある。知性は私たちの身体に、環境に、そしてコミュニティに属するというのだ。私たちは状況に応じてそれらを参照し、活用しているにすぎない。

本書を開けば「知性」のイメージが、ガラリと変わるだろう。

しいたに

著者

スティーブン・スローマン (Steven Sloman)
認知科学者。ブラウン大学教授(認知・言語・心理学)。Cognition(認知)誌の編集長をつとめる。

フィリップ・ファーンバック (Philip Fernbach)
認知科学者。コロラド大学リーズ・スクール・オブ・ビジネス教授(マーケティング論)。

本書の要点

  • 要点
    1
    「無知」は歓迎すべきものではないが、かならずしも悲嘆すべきものでもない。世界はあまりにも複雑で、その全体像は個人の理解を超える。無知は人間にとって自然な状態だ。
  • 要点
    2
    それにもかかわらず私たちは、多くのことを知っている、理解しているという「知識の錯覚」に陥っている。
  • 要点
    3
    知性は個人に属していると思われているが、じつのところ人は「知識のコミュニティ」のなかに生きている。知識のコミュニティとはなにか、そこで私たちはどのように振る舞うべきかが、本書では考察される。

要約

知識の錯覚

無知の正体
Ingram Publishing/iStock/Thinkstock

私たちは自分たちが思っているほど、物事を理解していない。

このことを示す簡単な実験がある。トイレやファスナーなど日々当たり前のように使っているモノについて、まず被験者に「その仕組みをどれだけ理解しているか」を答えさせる。この時点での回答は「理解している」というものが多い。だが具体的にどのような仕組みで動くのか説明を求めると、たいていの人はほとんど何も語れない。知っていると思っているのに、実はそれほど知らないのだ。

とはいえ無知そのものが欠点というわけではない。あまりにも複雑な世界を生きていくため、私たちはこうした戦略・作法を身につけざるをえなかった。しかし問題は、私たちは世界を理解したつもりで生きており、それがときとしてさまざまな錯誤や災厄をもたらすということだ。

私たちは基本的に「わかっていないことがわかっていない」。これが無知の正体である。このことは株式市場や軍事戦略といった人間世界の出来事から、気象や地震といった自然界の出来事についてまで、同じようにいえる。

思考の目的は行動である

認知科学は「人間の知性の働きはどうなっているのか」、「その目的は何なのか」を解明しようとする学問だ。

人間の知性は、新たな状況下での意思決定にもっとも役立つ情報の抽出を、最優先に進化してきた。人間の脳はしばしばコンピュータのように例えられるが、実際は大量の情報を保持する記憶装置とも、その大量の情報を演算処理するように設計されたコンピュータとも根本的に異なっている。

そもそも私たちはなぜ思考するのか。その目的は「行動」にある。この目的を達成するために必要なことを、より的確にできるようになるため脳は進化してきた。そして私たちにとっての最適な行動とは、複雑な世界の変化する状況に、もっともうまく適合することなのだ。

必要な情報のみを残す脳の働き

世界の仕組みについての個人の知識は、驚くほど限られている。なぜなら必要な情報だけ抽出して、それ以外をすべて除去するからだ。新たな状況で行動するためには、具体的な詳細情報ではなく、世界がどのような仕組みで働くのか、そのおおもとにある規則性だけを理解しておけば事足りるのである。

これは脳の持つ記憶媒体としてのキャパシティからも裏づけることができる。私たちが通常使っているノートパソコンには、250から500ギガバイトのメモリがついている。一方で人間の脳の情報量は、0.5から1ギガバイト程度だという。このことからも「選択した情報以外は消去する」ということが、私たちの脳にとって重要な機能だということがわかる。

【必読ポイント!】 知識のコミュニティ

知識は脳のなかにあるだけではない
brckylmn/iStock/Thinkstock

適切な「行動」を選択するために、人間は知的能力を育んできた。だが個々人の頭のなかにある限られた知識だけでは、人間がこれまで成し遂げてきた数々の成果を説明することはできない。

私たちは知識に囲まれて生きている――ここに人間の偉業を説明するカギがある。知識は脳のなかにあるだけではない。私たちがつくるモノ、身体や労働環境、そして他の人々のなかにある。私たちはいわば「知識のコミュニティ(knowledge community)」に生きているのだ。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
知ってるつもり
未 読
知ってるつもり
ジャンル
サイエンス リベラルアーツ
著者
スティーブン・スローマン フィリップ・ファーンバック 土方奈美(訳)
出版社
早川書房 出版社ページへ
定価
2,052円
出版日
2018年04月15日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

勉強法
勉強法
佐藤優
未 読
リンク
武器になる哲学
武器になる哲学
山口周
未 読
リンク
JTの変人採用
JTの変人採用
米田靖之
未 読
リンク
「民族」で読み解く世界史
「民族」で読み解く世界史
宇山卓栄
未 読
リンク
組織にいながら、自由に働く。
組織にいながら、自由に働く。
仲山進也
未 読
リンク
逆転交渉術
逆転交渉術
クリス・ヴォス タール・ラズ 佐藤桂(訳)
未 読
リンク
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書
西岡壱誠
未 読
リンク
未来の年表2
未来の年表2
河合雅司
未 読
リンク
1
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
星渉
未 読
リンク
2
amazon 世界最先端の戦略がわかる
amazon 世界最先端の戦略がわかる
成毛眞
未 読
リンク
3
スモール・スタート あえて小さく始めよう
スモール・スタート あえて小さく始めよう
水代優
未 読
リンク
絶対はずせないプレゼンの前に読んでおきたい本 5選
絶対はずせないプレゼンの前に読んでおきたい本 5選
2015.09.03 update
リンク
人生100年時代にとるべきキャリア戦略とは?
人生100年時代にとるべきキャリア戦略とは?
2018.01.22 update
リンク