教養としてのコンピューターサイエンス講義

今こそ知っておくべき「デジタル世界」の基礎知識
未読
日本語
教養としてのコンピューターサイエンス講義
教養としてのコンピューターサイエンス講義
今こそ知っておくべき「デジタル世界」の基礎知識
未読
日本語
教養としてのコンピューターサイエンス講義
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

いまや、コンピューターのない生活を想像することは不可能である。パソコンやスマートフォンだけではなく、カメラ、エアコン、ゲーム機などの家電製品をはじめ、すべての電子機器はコンピューター制御されている。それに、自分自身は使っていないと思っていても、テレビ放送や電力網、金融サービスなど日ごろ利用しているほとんどのインフラは、コンピューターに依存している。

本書は、このような現代において改めて、「コンピューター」がどのような仕組みで動いているのかということを知ることができる。それも、歴史的、体系的、網羅的に、基本中の基本から。

特に強く印象深いのは、テクノロジーの更新が激しいコンピューターサイエンスにおいて、コンピューターの基本的なアイディア自体は大きく変わっていないという点である。この本で一度しっかりと仕組みを知っておけば、今後のコンピューターサイエンスの発展をフォローしていくこともできるはずである。

身近に溢れかえるコンピューターについて知識を身につけることは、自分自身のコンピューターの使い方などに変化を起こすことにもつながるはずだ。また、不確定な未来のいくつかを予測し、対応できるようにもなるだろう。まさしく『教養としてのコンピューターサイエンス』の題にふさわしい、読み応えのある本である。

ライター画像
河合美緒

著者

ブライアン・カーニハン
プリンストン大学コンピューターサイエンス学部教授。これまで共著を含む10冊の本を出版。その中にはコンピューターサイエンスの古典と呼ぶことができる“C Programming Language” (邦訳『プログラミング言語C』)も含まれる。ニュージャージー州プリンストン在住。

本書の要点

  • 要点
    1
    生活に欠かせなくなっているコンピューターサイエンスは、目を見張る進歩を見せている。しかし、技術の発展に対して、法制度や対策が追いついていない現状がある。
  • 要点
    2
    コンピューターへの指示はすべてバイナリー、2進法で行われる。人間が扱いやすいようにさまざまなプログラミング言語が開発されてきたが、現在ではオープンソース化されたものが主流である。
  • 要点
    3
    インターネットとウェブは、情報伝達を飛躍的に向上させた。一方で、自分自身に関する情報が意図しない範囲で拡散してしまう危険性ももたらした。

要約

コンピューターサイエンスを学ぶ意味

コンピューターと向き合う

多くの読者が実感していると思うが、コンピューターサイエンスは驚くほどのスピードで進化して、私たちの生活の一部となっている。

本書では、基本的なコンピューターサイエンスについて、ハードウェア、ソフトウェア、コミュニケーションの側面からそれぞれ確認する。10年後には、本書に書かれている内容は古くなる点もあるだろう。しかし、デジタルシステムの基本的なアイディアは共通しているので、いま知識を得ておけば、未来のシステムについても理解できるようになる。またコンピューターサイエンスについての知識は、コンピューターと自分自身との付き合い方やこれからの社会を考える上で、重要な判断材料となるはずである。

ハードウェアについて

CPU、RAM、ディスク
Devonyu/gettyimages

ハードウェアは、見たり手を乗せたりすることができる機器や装置を指す。単純なPCについて考えてみると、プロセッサーと一次記憶、そして二次記憶すなわちディスクがある。それに加えて、ディスプレイやマウス、キーボードなどのコンポーネントがあり、全てがバスとよばれる線で接続されている。

プロセッサーあるいはCPUは、人間でいえば脳に該当する。CPUが計算を行い、データを移動させ、他のコンポーネントの動作を制御する。CPUは、データを比較し、その結果に基づいて次に自分が何をするかを決定できる。そのおかげで、人間のオペレーターからは独立して、システム全体を自分の判断で実行していけるのだ。

一次記憶またはランダムアクセスメモリー(RAM)は、コンピューター使用時に利用される情報を記憶しておく部分である。ランダムアクセスと呼ばれる理由は、情報がどこに保存されていても、読み出すためにかかる時間が変わらないからである。ビデオテープなどに使用されているシーケンシャルアクセス方式では、最終シーンをみるために最初から順送りをする必要がある。ランダムアクセスであれば、どの部分にも同じスピードでつながることができる。手持ちのコンピューターを速く動かしたいと考えるならば、追加のRAMを買うのが最善ということだ。

ただし多くのデバイスでは、RAMで保存された情報は電源を切ると消えてしまうため、情報を長く保持するための二次記憶装置が必要となる。

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
2060 未来創造の白地図
2060 未来創造の白地図
川口伸明
未読
勉強の哲学
勉強の哲学
千葉雅也
未読
大前研一 2020年の世界-「分断」から「連帯」へ-
大前研一 2020年の世界-「分断」から「連帯」へ-
大前研一(監修)good.book編集部(編)
未読
人工知能と銀行経営
人工知能と銀行経営
大久保豊西村拓也稲葉大明尾藤剛小野寺亮
未読
文系AI人材になる
文系AI人材になる
野口竜司
未読
ネガティブ・ケイパビリティ
ネガティブ・ケイパビリティ
帚木蓬生
未読
大きな嘘の木の下で
大きな嘘の木の下で
田中修治
未読
フルライフ
フルライフ
石川善樹
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様