ゼロからつくるビジネスモデル

未 読
ゼロからつくるビジネスモデル
ジャンル
著者
井上達彦
出版社
東洋経済新報社 出版社ページへ
定価
3,000円 (税抜)
出版日
2019年12月12日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
ゼロからつくるビジネスモデル
ゼロからつくるビジネスモデル
著者
井上達彦
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
東洋経済新報社 出版社ページへ
定価
3,000円 (税抜)
出版日
2019年12月12日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

ビジネスモデルとは何か。言葉自体はもちろん知っているし、なんとなく意味も理解している。一方で、抽象的でつかみどころがない――要約者にとっては、これが本書を読む前の「ビジネスモデル」に対するイメージだった。

そして読んだ後はというと、その輪郭がはっきりした。本書は頭のてっぺんからつまさきまでビジネスモデル一色であり、著者の言葉を借りれば「1冊まるまるビジネスモデル」の本である。ビジネスモデルについての本はあまたあるが、ここまで体系的にまとめられているものにはなかなかお目にかかれない。

著者の井上達彦氏は、10年以上にもわたってビジネスモデルを研究してきた人物だ。本書には、そんな著者によって、ビジネスモデルの定義から始まり、ビジネスモデルを考えるうえでのプロセス、アイディア発想のためのポイントなどが詳細に書かれている。特に「ビジネスモデルの創造サイクル」は必見で、アイディアを創出するところから、それを試作し、検証するところまでの一連のプロセスは非常に興味深い。

事例が豊富なのも本書の特徴だ。公文式で知られる「KUMON」や高級外車「メルセデス・ベンツ」といった大手企業から、「エムール」「HEROZ」といったベンチャー企業までを幅広く網羅している。

500ページ超と骨太な一冊なのだが、平易な言葉で書かれているため、その内容はいたってわかりやすい。自ら事業を起こしたい社会人や、将来起業を夢見る学生など、ビジネスに興味がある者であれば一度は読んでおきたい良書である。

小林悠樹

著者

井上達彦(いのうえ たつひこ)
早稲田大学商学学術院教授。
1968年兵庫県生まれ。92年横浜国立大学経営学部卒業、97年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了、博士(経営学)取得。広島大学社会人大学院マネジメント専攻助教授などを経て、2008年より現職。経済産業研究所(RIETI)ファカルティフェロー、ペンシルベニア大学ウォートンスクール・シニアフェロー、早稲田大学産学官研究推進センター副センター長・インキュベーション推進室長などを歴任。「起業家養成講座Ⅱ」「ビジネスモデル・デザイン」などを担当。
主な著書に『模倣の経営学』『模倣の経営学 実践プログラム版』『ブラックスワンの経営学』(以上、日経BP社)、『収益エンジンの論理』(編著、白桃書房)、『事業システム戦略』『キャリアで語る経営組織』(以上、共著、有斐閣)などがある。

本書の要点

  • 要点
    1
    ビジネスモデルとは、「どのように価値を創造し顧客に届けるかを論理的に記述したもの」だ。
  • 要点
    2
    ビジネスモデルを考える方法は、「要素に注目するアプローチ」と「関係に注目するアプローチ」の2種類に大別される。いずれも、「分析・発想・試作・検証」のプロセスに沿って考えていく。
  • 要点
    3
    模倣は創造の母である。いい模倣をするためには、ビジネスモデルの本質を見極める必要がある。

要約

ビジネスモデルとは何か?

発想力は誰にでも高められる
ipopba/gettyimages

ある調査で「今後6カ月以内に、自分が住む地域に起業に有利なチャンスが訪れると思いますか?」という質問をいろいろな国の人におこなった。すると、アメリカと中国では「はい」と答えた人が30%を超えた一方で、日本人はわずか8%ほどにとどまった。

その背景として、日本においては、「起業したいけれども、ビジネスアイディアが思いつかない」という人が少なくないことが挙げられるだろう。その理由のひとつは日本の教育にあるのではないだろうか。日本人は、積極的にアイディアを出す訓練をほとんど受けずに育つ。「聞く姿勢を養う」「空気を読む」などに重きが置かれ、創造性やイノベーション意識を高める土壌がない。

しかしながら、アイディア発想は技術であり、後天的に習得できるものだ。逆上がりのように、コツを覚えれば誰でもできるようになる。

電球を発明したのは誰?

突然だが、電球を発明したのは誰か知っているだろうか。トーマス・エジソンが頭に浮かんだ人も多いはずだ。だが実は、電球を「発明」したのはジョゼフ・スワンという人物だ。

多くの人は、エジソンが電球を発明したと勘違いしている。それはおそらく、電球をはじめて電灯として「商用化」したのがエジソンだからだ。エジソンは電球の技術を使って、電灯の開発を試みた人物である。

電球だけがあっても、暗闇を灯すことはできない。発電機を開発して、送電システムを整える必要がある。さらには、電流の流れを一定に保つ定電流発電機や、ソケット、スイッチ、ヒューズ、メーターなども必要だ。エジソンはこれらの送電システムを整備し、ひとつのビジネスモデルを築き上げた。電球というひとつのモノを使って事業化し、社会全体の仕組みを構築したのだ。

ビジネスモデルの定義

ビジネスモデルの定義にはいろいろあるが、そのなかでも本質をついているのが、「ビジネスモデル・キャンバス」を提唱したアレックス・オスターワルダー氏とイヴ・ピニュール氏による次の定義だ。

「ビジネスモデルとは、どのように価値を創造し顧客に届けるかを論理的に記述したもの」

「どのように価値を創造し顧客に届けるか」の論理と構造を自覚することには、さまざまなメリットがある。ビジネスモデルを適切に分析して設計できる、投資家やパートナーに説明して必要な経営資源を集めやすくなる、成長をめざすときに現状を動かしている基本的な論理をもとに考えられる、何らかの不具合が起きたとき健全な状態に戻すことができる、などだ。

【必読ポイント!】 ビジネスモデルを考える

要素に注目する
MissTuni/gettyimages

ビジネスモデルを考える方法は大きく2つある。「要素に注目するアプローチ」と「関係に注目するアプローチ」だ。

「要素に注目するアプローチ」の場合、まずは事業コンセプトを策定する。これは、「誰に、どんな価値を、どのように提供するのか」を簡潔にまとめたものだ。事業コンセプトというフレームワークを使うことで、ビジネス構造をシンプルに表現できる。

一方で、シンプルゆえに、正しい言葉を使わないと他者にうまく伝わらない。要素が3つしかないため、漏れが生じやすいのもこのフレームワークの弱点だ。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

ネットビジネス進化論
ネットビジネス進化論
尾原和啓
未 読
リンク
問いのデザイン
問いのデザイン
安斎勇樹 塩瀬隆之
未 読
リンク
サーベイ・フィードバック入門
サーベイ・フィードバック入門
中原淳
未 読
リンク
とてつもない数学
とてつもない数学
永野裕之
未 読
リンク
個人力
個人力
澤円
未 読
リンク
経営戦略4.0図鑑
経営戦略4.0図鑑
田中道昭
未 読
リンク
戦略読書[増補版]
戦略読書[増補版]
三谷宏治
未 読
リンク
ドーナツを穴だけ残して食べる方法
ドーナツを穴だけ残して食べる方法
大阪大学ショセキカプロジェクト(編)
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
越川慎司
未 読
リンク
2
1日誰とも話さなくても大丈夫
1日誰とも話さなくても大丈夫
鹿目将至(著) 鳥居りんこ(取材・文)
未 読
リンク
3
ビジネスエリート必読の名著15
ビジネスエリート必読の名著15
大賀康史
未 読
無 料
リンク

イチオシの本

読書の秋に読んでおきたい名著5選
読書の秋に読んでおきたい名著5選
2020.11.20 update
リンク
ストレスに負けそうなときに読んでおきたい5冊
ストレスに負けそうなときに読んでおきたい5冊
2020.11.18 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年11月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年11月号)
2020.11.17 update
リンク
『頭を「からっぽ」にするレッスン』
『頭を「からっぽ」にするレッスン』
2020.11.16 update
リンク

インタビュー

人気投資系YouTuberに聞く「投資家のマインドセット」とは?
人気投資系YouTuberに聞く「投資家のマインドセット」とは?
2020.11.24 update
リンク
〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
2020.10.28 update
リンク
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
2020.10.21 update
リンク
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
2020.10.15 update
リンク
1
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
越川慎司
未 読
リンク
2
1日誰とも話さなくても大丈夫
1日誰とも話さなくても大丈夫
鹿目将至(著) 鳥居りんこ(取材・文)
未 読
リンク
3
ビジネスエリート必読の名著15
ビジネスエリート必読の名著15
大賀康史
未 読
無 料
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年10月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年10月号)
2020.10.01 update
リンク
「勝ち」はゴールではない。「勝ち続ける」企業をつくる条件とは?
「勝ち」はゴールではない。「勝ち続ける」企業をつくる条件とは?
2016.02.04 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『ゼロからつくるビジネスモデル』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る