「データと対話」で職場を変える技術
サーベイ・フィードバック入門

未 読
サーベイ・フィードバック入門
ジャンル
著者
中原淳
出版社
定価
1,950円 (税抜)
出版日
2020年03月11日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
サーベイ・フィードバック入門
「データと対話」で職場を変える技術
サーベイ・フィードバック入門
著者
中原淳
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,950円 (税抜)
出版日
2020年03月11日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

人材不足の昨今、社員のエンゲージメントを高めるため、AIやHRテックを活用したいという企業が増えている。エンゲージメントを測るアンケートを受けたという読者もいることだろう。こうして集まったデータは、本当に活用されているのか。果たしてサーベイの実施は、組織をより良いものへ変えてくれるのだろうか?

本書は、人材開発や組織開発の研究者として日本をけん引してきた著者による、サーベイ(組織調査)活用のための入門書だ。昨今、多様化する組織を束ねて離職率の低下をめざすため、様々なサーベイが実施されている。だが、実際にはデータによる「見える化」は組織改革の始まりにすぎないという。サーベイから得たデータを武器にし、組織を変革していくための手順が体系的に紹介されているのが本書だ。

サーベイ・フィードバックという言葉が耳慣れず、理論としての学習が難しそうな印象を受けるかもしれない。しかし、「有用なものこそリアル」と語る著者は、とにかく現場で活用できるポイントを、わかりやすい文体と図解を用いて提示してくれている。また、メルカリ、パナソニック、デンソーの事例を通じて、サーベイ・フィードバックのリアルに迫れるのもありがたい。

読者の職場に眠っているデータがあるなら、ぜひ一読をおすすめする。人事部や経営企画部、経営者、そして現場の変革を導く主体となるマネージャー層には必読の一冊だ。

菅谷真帆子

著者

中原 淳(なかはら じゅん)
立教大学 経営学部 教授(人材開発・組織開発)。立教大学大学院 経営学研究科 経営学専攻 リーダーシップ開発コース主査。立教大学経営学部リーダーシップ研究所 副所長。
1975年、北海道旭川市生まれ。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科、メディア教育開発センター(現・放送大学)、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員、東京大学講師・准教授等をへて、2018年より現職。「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人材開発、組織開発について研究している。
著書に、『職場学習論』『経営学習論』(ともに東京大学出版会)、『組織開発の探究』(中村和彦氏との共著、ダイヤモンド社)、『残業学』(パーソル総合研究所との共著、光文社新書)、『フィードバック入門』『実践! フィードバック』(ともにPHP研究所)など多数。

本書の要点

  • 要点
    1
    サーベイ・フィードバックとは、サーベイを行って得られたデータを現場にフィードバックし、組織を変革する技術のことである。
  • 要点
    2
    サーベイ・フィードバックは、「見える化」「ガチ対話」「未来づくり」の3ステップから成る。データによる「見える化」だけではなく、フィードバック・ミーティングを実施することによって、その効果が高まる。
  • 要点
    3
    フィードバック・ミーティングでは、メンバーそれぞれの解釈を受け入れてから、課題を自分事として決められるように導くことが重要だ。

要約

【必読ポイント!】 サーベイ・フィードバックが必要とされる背景

サーベイ・フィードバックとは

サーベイは、「組織や職場のコンディションの見える化」をめざす組織調査である。HRテックの発達や従業員のエンゲージメントへの注目から、サーベイの実施が近年流行している。ところが、多種多様なデータを大量に取得しても、データが活かされないケースや、現場に混乱をもたらしているケースも少なくない。この原因として、担当者や経営者がサーベイの性質やめざすものを理解していないことや、現場がサーベイ活用のためのプロセスを理解していないことなどが挙げられる。

著者によれば、サーベイ・フィードバックとは、サーベイ(組織調査)で得られたデータを、適切に現場に届け、現場の変化・職場の改善を導く技術である。サーベイ・フィードバックの手順のうち、「見える化」ばかりがスポットライトを当てられる。だが、それだけでは全く効果が上がらない。データが現場を変えるのではなく、データに現場の人間が向き合い対話してこそ、現場が変わるのだ。

組織の課題
cienpies/gettyimages

サーベイ・フィードバックへの期待が高まっている背景には、2つの要因がある。1つは、「職場の多様性への対処」である。日本のかつての職場は、「日本型雇用」や「メンバーシップ型雇用」と呼ばれる仕組みで運営されてきた。終身雇用、年功序列、新卒一括採用などに代表されるこの仕組みには、長期間にわたり安心・安全に働けるというメリットがある。一方で、変化のスピードに弱いというデメリットがある。こうした雇用形態の限界を感じた企業が「ジョブ型雇用」を採用していくと、終身雇用が崩れ、転職が当たり前になっていく。また人手不足の中で、「日本人・正社員・男性」だけでなく、女性や外国人、非正規雇用なども増えている。働く側の多様化により、職場のメンバーの価値観が一様ではなくなり、まとまるのが難しいという問題が生じている。こうした組織においては、組織のコンディションを把握して適切にメンバーに関わるための「見える化」が必要となる。

もう1つの要因は、「従業員のエンゲージメントを高めて、離職を防止し、生産性を高めたい」という経営ニーズの高まりである。日本のエンゲージメントの数値は、他国に比べて極端に低い。米ギャラップ社の調査によると、「熱意溢れる社員」の割合が、米国の32%に対して、日本は6%しかなかったという。そこで、離職防止の観点からも、エンゲージメント・サーベイを用いて定期的にエンゲージメントに関するデータを測定し、管理し、改善策を講じることが有効といえる。

マネージャーにとっての武器

現場の課題に対して解決を担うのは、管理職やマネージャーである。しかし、人事や経営企画は、その責任を現場の管理職に押しつけ、何の武器も与えないことが往々にしてある。職場で働く人々は、変化を拒絶する「職場の同調圧力」や「現状維持バイアス」に直面しがちだ。また、ある研究から、チームのパフォーマンスは最初は上がっていくものの、あるピークを境に時間がたてばたつほど下がっていくことがわかっている。組織は「油断禁物の生き物」なのだ。

だからこそ、生産性が落ちる可能性を予見し、組織の状況を見える化する必要がある。そして、「メンバーを腹落ちさせるための理由や根拠」という武器として、サーベイやデータといったツールが活用できる。

データを示せば人が動くというわけではない。データとは「再解釈が可能な情報の表現」である。人間が解釈を行い、それに基づいて行動することで、変化が起こる。多くの人は数字を自分に都合よく意味づけ、行動を変えないことを選択している。だからこそ、サーベイの示す客観的事実について、メンバー同士が対話し、意味づけを行うことが不可欠なのだ。

サーベイ・フィードバックの効果

サーベイ・フィードバックの3つのステップ
LumiNola/gettyimages

サーベイ・フィードバックは、3つのステップに分けられる。1つ目は、サーベイ実施による「見える化」。2つ目は、フィードバック・ミーティングの開催による「ガチ対話」。そして3つ目は、アクションプランをたてる「未来づくり」である。

サーベイによる「見える化」は、変革のはじまりにすぎない。ミシガン大学教授のデービッド・G・バウアーらによる研究では、様々な組織開発手法の効果を比較した結果、最も効果が高かったのは、フィードバック・ミーティングありのサーベイ・フィードバックであると実証された。重要なのは、職場のメンバーに「自分たちの職場の未来は自分たちで変えていく」という当事者意識を持ってもらうことである。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

問いのデザイン
問いのデザイン
安斎勇樹 塩瀬隆之
未 読
リンク
わたしたちのウェルビーイングをつくりあうために
わたしたちのウェルビーイングをつくりあうために
渡邊淳司 ドミニク・チェン(監修・編著) 安藤英由樹(編著) 坂倉杏介(編著) 村田藍子(編著) 渡邊淳司(監修・編著)
未 読
リンク
経営戦略4.0図鑑
経営戦略4.0図鑑
田中道昭
未 読
リンク
グローバル資本主義VSアメリカ人
グローバル資本主義VSアメリカ人
篠原匡
未 読
リンク
ゼロからつくるビジネスモデル
ゼロからつくるビジネスモデル
井上達彦
未 読
リンク
アフターデジタル2 UXと自由
アフターデジタル2 UXと自由
藤井保文
未 読
リンク
現代経済学の直観的方法
現代経済学の直観的方法
長沼伸一郎
未 読
リンク
マインドフルネスが最高の人材とチームをつくる
マインドフルネスが最高の人材とチームをつくる
荻野淳也
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
Think right
Think right
ロルフ・ドベリ 中村智子(訳)
未 読
リンク
2
稼ぐ人の「超速」文章術
稼ぐ人の「超速」文章術
中野巧
未 読
リンク
3
LIFESPAN(ライフスパン)
LIFESPAN(ライフスパン)
梶山あゆみ(訳) デビッド・A・シンクレア マシュー・D・ラプラント
未 読
リンク

イチオシの本

「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
【〈連載〉レッツ・ビジネスワークアウト第1回】 「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
2020.09.22 update
リンク
今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
【〈連載〉大人の教養シリーズ 第1回】 今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
2020.09.15 update
リンク
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
2020.09.14 update
リンク
出版社のイチオシ#037
出版社のイチオシ#037
2020.09.11 update
リンク

インタビュー

戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
2020.09.04 update
リンク
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
2020.07.22 update
リンク
ポストコロナライフの未来予測
ポストコロナライフの未来予測
2020.07.15 update
リンク
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
1
Think right
Think right
ロルフ・ドベリ 中村智子(訳)
未 読
リンク
2
稼ぐ人の「超速」文章術
稼ぐ人の「超速」文章術
中野巧
未 読
リンク
3
LIFESPAN(ライフスパン)
LIFESPAN(ライフスパン)
梶山あゆみ(訳) デビッド・A・シンクレア マシュー・D・ラプラント
未 読
リンク
要約の達人が選ぶ、5月のイチオシ!
要約の達人が選ぶ、5月のイチオシ!
2018.05.31 update
リンク
U理論の日本第一人者が語る、成功する組織のつくり方
U理論の日本第一人者が語る、成功する組織のつくり方
2017.01.04 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『サーベイ・フィードバック入門』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る