資本論(1)

未 読
資本論(1)
ジャンル
著者
カール・マルクス
出版社
定価
1,320円(税込)
出版日
1972年03月10日
評点
総合
4.3
明瞭性
3.5
革新性
5.0
応用性
4.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
資本論(1)
資本論(1)
著者
カール・マルクス
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,320円(税込)
出版日
1972年03月10日
評点
総合
4.3
明瞭性
3.5
革新性
5.0
応用性
4.5
本の購入はこちら
レビュー

産業革命が完了し、世界でもっとも文明が発展していたイギリス。その首都ロンドンに、ドイツの大学で哲学を修めたひとりの人間がやってきた。彼の名はカール・マルクス。この時まだ31歳だった。

その頃、長時間労働のうえに工場で始まった大量生産は、賃金の安い女性や子どもまでも労働者にしていく。さらには恐慌が起こり、倒産や企業閉鎖、解雇によって失業者が巷にあふれだしていた。

彼はこの過酷な現実を見つめ続けた。そしてついに1867年、資本主義の矛盾を解き明かす『資本論』第一巻を出版したのである。彼はこの本のなかで資本主義を、始めもあれば終わりもあるひとつの有機体として、歴史的にとらえた。そしてこの社会の構造を分析し、その発展法則を理論化した。さらには、この資本主義社会こそ、資本家が労働者を搾取している階級社会であると論じ、この矛盾の秘密を解くカギは労働力の商品化であると喝破したのだった。

『資本論』は、マルクスの没後、彼の盟友エンゲルスの手によって第二・三巻が出版されたが、マルクスがえぐり出した資本主義の内在的論理の核心は、この第一巻の第一分冊に凝縮されている。

気候変動による環境悪化や広がる経済格差、地域共同体の崩壊など、過剰な資本主義がその原因であると言われる。そんななか、改めて「資本主義とは何か」を問うことは、すべてのビジネスパーソンが考えてみる価値のあるテーマではないだろうか。ならば、本書を読まずして資本主義は語れない。今こそ、マルクスを読み返すべき時だ。そして、資本主義を再構築しよう。

たばたま

本書の要点

  • 要点
    1
    商品には使用価値と交換価値がある。なかでも交換価値は、商品と商品との社会的な関係のなかでしか現れないものであり、その根底には社会的平均労働力が隠されている。
  • 要点
    2
    貨幣は、交換価値の完成形である。そして商品を貨幣に交換したい人にとって、貨幣は常に他人のポケットにあるものである。
  • 要点
    3
    資本家が生まれるためには、市場に自由な労働力という商品が存在することが必要である。
  • 要点
    4
    資本家は労働力という商品を用いて、剰余価値を生産する。

要約

商品とは何か

商品の二重性

われわれの研究は商品の分析から始まる。なぜなら、資本主義的生産様式が支配的な社会の富は、「巨大な商品の集まり」として現前するからだ。

商品はまず、人間のなんらかの欲望を満足させるものだ。質と量の両面から見てみよう。質の面では、商品はその使用価値によって人間を満足させる。鉄や小麦、ダイヤモンドといった商品体それぞれが固有の価値をもつ。一方、量の面においては、時間と場所によって絶えず変動する関係がある。それは、ある商品の使用価値がほかの商品の使用価値と交換される量的関係、すなわち交換価値である。たとえば1クォーターの小麦は、x量の靴墨やy量の絹と交換できる。

労働価値説を深く考える
RichVintage/gettyimages

商品の交換関係では、商品の交換価値はその商品そのものの使用価値とまったくかかわりがない。ただ量の関係さえあればいいからだ。ここにおいて商品は労働生産物という属性のみをもつ。したがって、商品の価値の大きさを決めるのは、人間の労働量である。

商品の使用価値を生産するために必要な労働時間は、一つの同じ労働力と見なしうる「社会的平均労働力」として作用する。すなわち、商品の価値の比は労働時間の比と等しい。

また、商品は労働生産物であることから、商品と商品との社会的な関係のうちにのみ価値対象性が現われる、すなわち価値の担い手が現象する。

価値形態の発展ステップ

商品たちに共通の一つの価値形態が貨幣形態である。この貨幣形態はいかにして生成されるのであろうか。

最も単純な価値関係は、「x量の商品A=y量の商品B」と表現できる。これは、ある商品が自分の価値を表現しているわけではなく、ただ相対的に別の商品でしか表現されえないことを示す。これを相対的価値形態と呼ぶ。これは各商品のうちにひそむ異種の労働を等値することでもあり、等価形態、すなわち商品どうしの直接的交換可能性の形態である。

この二者関係は、「z量の商品A=u量の商品B、または=v量の商品C、または=w量の商品D、または=etc」と展開しうる。一つの商品の価値が無数の他の商品で表現されており、商品Aの価値を形成する労働は他のどの人間労働とも等しくなる。

これはすなわち、すべての商品の価値をただ一つの商品の価値で統一的に表せることにもつながる。この商品は一般的価値形態になる。諸商品はこの商品を軸に、互いに交換価値として関係させられる。

そして、一般的な社会的妥当性をかちえた特殊な商品が貨幣である。歴史的には、金がその一般的等価物として貨幣形態の機能を担ってきた。

商品は貨幣を恋いしたう

私的所有と商品
imaginima/gettyimages

商品は自分で市場に行くことはできない。そこには必ずその所持者がいる。かれらは、自分の商品を手放すことによって他人の商品を自分のものにする。これが成り立つには、私的所有者として互いの存在を認め合う必要がある。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

ブループリント(上)
ブループリント(上)
ニコラス・クリスタキス 鬼澤忍(訳) 塩原通緒(訳)
未 読
リンク
科学とはなにか
科学とはなにか
佐倉統
未 読
リンク
成果・イノベーションを創出するダイバーシティ・マネジメント大全
成果・イノベーションを創出するダイバーシティ・マネジメント大全
西村直哉
未 読
リンク
「探究」する学びをつくる
「探究」する学びをつくる
藤原さと
未 読
リンク
乃公出でずんば
乃公出でずんば
北康利
未 読
リンク
起業の天才!
起業の天才!
大西康之
未 読
リンク
人生論ノート
人生論ノート
三木清
未 読
リンク
禍いの科学
禍いの科学
ポール・A・オフィット 関谷冬華 (訳) 大沢基保 (監修)
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
9割の社会問題はビジネスで解決できる
9割の社会問題はビジネスで解決できる
田口一成
未 読
リンク
2
なぜ、あなたは他人の目が気になるのか?
なぜ、あなたは他人の目が気になるのか?
根本裕幸
未 読
リンク
3
小売の未来
小売の未来
ダグ・スティーブンス 斎藤栄一郎(訳)
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

出版社のイチオシ#062
出版社のイチオシ#062
2021.10.15 update
リンク
10月16日は「ボスの日」
10月16日は「ボスの日」
2021.10.14 update
リンク
10月9日は「トラックの日」
10月9日は「トラックの日」
2021.10.07 update
リンク
10 月1日は「コーヒーの日」
10 月1日は「コーヒーの日」
2021.09.29 update
リンク

インタビュー

あなたに合った学び方が必ず見つかる
あなたに合った学び方が必ず見つかる
2021.10.18 update
リンク
なぜ、いま企業に「ナラティブ」が必要なのか?
なぜ、いま企業に「ナラティブ」が必要なのか?
2021.10.12 update
リンク
スター・ウォーズのCG制作者、これからも映画の道を
スター・ウォーズのCG制作者、これからも映画の道を
2021.10.08 update
リンク
今日から「数字に強い人」になれるシンプルな3つの方法
今日から「数字に強い人」になれるシンプルな3つの方法
2021.10.05 update
リンク
1
9割の社会問題はビジネスで解決できる
9割の社会問題はビジネスで解決できる
田口一成
未 読
リンク
2
なぜ、あなたは他人の目が気になるのか?
なぜ、あなたは他人の目が気になるのか?
根本裕幸
未 読
リンク
3
小売の未来
小売の未来
ダグ・スティーブンス 斎藤栄一郎(訳)
未 読
リンク
朝の時間をもっと楽しく! あなたの朝活を充実させる本
朝の時間をもっと楽しく! あなたの朝活を充実させる本
2021.09.21 update
リンク
わたしだけの「ライフ」を探しにいこう!
わたしだけの「ライフ」を探しにいこう!
2021.09.27 update
リンク
スター・ウォーズのCG制作者、これからも映画の道を
スター・ウォーズのCG制作者、これからも映画の道を
2021.10.08 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『資本論(1)』をおすすめする

保存が完了しました

新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る