資本主義の先を予言した史上最高の経済学者
シュンペーター

未 読
シュンペーター
ジャンル
著者
名和高司
出版社
定価
2,090円(税込)
出版日
2022年06月16日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
シュンペーター
資本主義の先を予言した史上最高の経済学者
シュンペーター
著者
名和高司
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
2,090円(税込)
出版日
2022年06月16日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
本の購入はこちら
おすすめポイント

「イノベーション」という言葉はビジネスのさまざまな場面で耳にすることだろう。企業の経営方針でふれられ、さらなる成長の起爆剤としての期待がこめられていることも多い。

このイノベーションという言葉の生みの親こそ、本書の主役であるシュンペーターだ。彼はイノベーションの他にも「アントレプレナー」「創造的破壊」といったビジネスで重要な用語を生み出してきた。シュンペーターの理論は常に前を向き、停滞した現状を打破するような魅力を持つ。だからこそ、経済の停滞した現代において注目を浴びているのだろう。

著者の名和高司氏はシュンペーターの主著三冊をもとに、その理論の本質と魅力を語りつくす。第1部では、シュンペーターの生涯を振り返り、彼の思想の神髄に迫る。第2部では、シュンペーターの思想のコアとなる「イノベーション」を掘り下げていく。要約では「新結合」「アントレプレナー」「銀行家」というキーワードをピックアップした。そして第3部では、黄昏に向かう資本主義とその後の社会について、シュンペーターの考えを明らかにしていく。

本書を読めば、シュンペーターの人物像、イノベーションの本質、そして資本主義の行く末について、大局的に学べるうえに、関連知識とのつながりも見えてくる。まさに「新結合」の源泉に満ちた一冊といってもいい。未来を拓くためのヒントをつかんでいただきたい。

著者

名和高司(なわ たかし)
京都先端科学大学ビジネススクール教授、一橋大学ビジネススクール客員教授
東京大学法学部卒、三菱商事(東京、ニューヨーク)に約10年間勤務、ハーバード・ビジネス・スクール修士(ベーカースカラー授与)。シュンペーターおよびイノベーションを主に研究。2010年まで、マッキンゼーのディレクターとして、約20年間、コンサルティングに従事。自動車・製造業分野におけるアジア地域ヘッド、ハイテク・通信分野における日本支社ヘッドを歴任。日本、アジア、アメリカなどを舞台に、多様な業界において、次世代成長戦略、全社構造改革などのプロジェクトに幅広く従事。イノベーション研究グループのグローバルリーダのひとり。デンソー(~2019年まで)、ファーストリテイリング、味の素、SOMPOホールディングス(いずれも現在も)などの社外取締役、ボストン コンサルティング グループ(~2016年まで)、インターブランド、アクセンチュア(いずれも現在も)などのシニアアドバイザーも兼任。近著に『パーパス経営──30年先の視点から現在を捉える』『企業変革の教科書』(ともに東洋経済新報社)、『稲盛と永守──京都発カリスマ経営の本質』『経営改革大全──企業を壊す100の誤解』(ともに日本経済新聞出版)、『コンサルを超える──問題解決と価値創造の全技法』『成長企業の法則──世界トップ100社に見る21世紀型経営のセオリー』(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。

本書の要点

  • 要点
    1
    シュンペーターの理論は、かつてケインズ経済学の影に隠れてしまっていた。だが、停滞した経済を破壊していく力を想起させる彼の思想を、いまこそ見直すべきである。
  • 要点
    2
    イノベーションのカギは「新結合」だ。内発的な営みによって行動し続けるアントレプレナーと、彼らの信頼を保証する銀行家が重要なキーパーソンとなる。
  • 要点
    3
    シュンペーターは、資本主義は必然的に社会主義へと移行すると考えた。そして、これまでの資本主義でもなく社会主義でもない「新たな社会主義」を提唱した。

要約

シュンペーターは何者か

孤高の思想家

近代経済の偉人といえば、近代経済学の父アダム・スミス、共産主義経済学を説いたカール・マルクス、マクロ経済学の創始者ジョン・メナード・ケインズの名が挙がる。実はヨーゼフ・アロイス・シュンペーターも、彼らと並んで近代経済学を代表する一人である。シュンペーターは1883年に生まれ、1950年に亡くなった。ケインズと同世代を生きた人物だ。

シュンペーターの思想は当時の主流だったマクロ経済学からは傍流扱いされており、彼はまさに孤高の思想家だった。しかし、シュンペーターの理論は、「資本主義の終焉」といわれる現代こそ見直されるべきである。

シュンペーターは「イノベーション」「アントレプレナー」といった言葉を生み出した。彼の理論の魅力は何なのか。それは「外部環境ではなく、内発的なイノベーションこそが経済と社会の進化をもたらし続ける」という考え方である。そして停滞した経済を打破していく力をもっているのだ。

マクロ経済の主流となったケインズ理論
Rafmaster/gettyimages

ケインズは、恐慌の真っ只中において政府が積極的に経済に介入して需要をつくるべきとする「需要重視型」経済理論によって、時代の寵児となった。その後ケインズの理論は、米国の「ニューディール政策」にも取り入れられ、マクロ経済学の主流となっていく。

ケインズ経済学は短期的には景気を押し上げる効果が期待できる。一方で、財政悪化やインフレをもたらすという強烈な副作用もある。シュンペーターはこのケインズ理論に対して批判的だった。それは、ケインズが「技術や資本設備が一定」という前提のもとで経済を捉えていたためだ。シュンペーターから見たケインズ理論は、経済がもつ本来のダイナミズムを見失った短期的な救済措置にすぎなかった。

ドラッカーに影響を与えたシュンペーター

シュンペーターを再発見したのは、マネジメントの発明者ピーター・ドラッカーである。ドラッカーは、シュンペーターを「最も偉大な近代経済学者」とし、自身の思想においても多くの共通点をもつ。

この続きを見るには...
この要約を友達にオススメする
一緒に読まれている要約
創造力を民主化する
創造力を民主化する
永井翔吾
未 読
リンク
永守流 経営とお金の原則
永守流 経営とお金の原則
永守重信
未 読
リンク
2025年日本経済再生戦略
2025年日本経済再生戦略
成毛眞 冨山和彦
未 読
リンク
ベンチャーキャピタル全史
ベンチャーキャピタル全史
トム・ニコラス 鈴木立哉(訳)
未 読
リンク
人的資本の活かしかた
人的資本の活かしかた
上林周平 田中研之輔(監修)
未 読
リンク
世界史の構造的理解
世界史の構造的理解
長沼伸一郎
未 読
リンク
絶対悲観主義
絶対悲観主義
楠木建
未 読
リンク
ファンに愛され、売れ続ける秘訣
ファンに愛され、売れ続ける秘訣
和田裕美 佐藤尚之(さとなお)(アドバイザー)
未 読
リンク
今週の要約ランキング
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
2022.09.26 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
2022.09.30 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
エシカル・ビジネスで未来を拓く、白木夏子氏が伝えたかったこと
エシカル・ビジネスで未来を拓く、白木夏子氏が伝えたかったこと
2022.06.07 update
リンク
この要約をおすすめする
さんに『シュンペーター』をおすすめする
保存が完了しました