はじめての目標達成ノート

未読
はじめての目標達成ノート
はじめての目標達成ノート
未読
はじめての目標達成ノート
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン

出版社ページへ

出版日
2023年09月22日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.0
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

成功は技術だ。本書の著者・原田隆史氏の言葉にひきつけられてしまった。技術だからこそ後天的に学べ、かつ、磨くことも可能だという。原田氏が編み出した「原田メソッド」はこれまで多くの人々に影響を与えてきた。本書はこの技術を学ぶための入門書で、実際に書き込んでいくワークブック形式を採用している。9つのワークを通じて「1ヶ月目標」を設定し、それを実行に移し、「原田メソッド」の効果を実感してもらう。

要約者も全てのワークに挑戦してみたが、なかでも目標達成シート「オープンウィンドウ64」に手応えを感じた。中央のマスには「オウンドメディアを通じた集客を10%増やす」という1ヶ月の目標を記載し、周囲には「ターゲット」「競合調査」「モニタリング」など8つの要素を配置した。さらに、それぞれの要素に8つの行動目標を記入した。このプロセスは大変だったが、成功時の行動や失敗時の考え方を深く掘り下げる機会となった。

これらの目標を分解していく作業はロジックツリーやMECEの考え方と似ているが、「オープンウィンドウ64」は埋めるべきマスの数が決まっているため、「X(旧Twitter)を毎日チェックする」などの小さな目標も記述しやすいと感じた。そして完成したシートは、見ているだけでワクワクするものになった。

目標を達成できなかった経験のある人、または効率よく目標を達成したい人には、ぜひ本書をすすめたい。ワークを進めていくうちに、目標達成のスキルが自然と身につくことだろう。

ライター画像
霧島大和

著者

原田隆史(はらだ たかし)
株式会社原田教育研究所 代表取締役社長。ビジネス・ブレークスルー大学グローバル経営学科教授。一般社団法人JAPANセルフマネジメント協会代表理事。
埼玉県教育委員、三重県政策アドバイザー、奈良市生徒指導スーパーバイザー、高知市教育アドバイザーを歴任。
大阪市生まれ。奈良教育大学卒業後、大阪市内の公立中学校で20年間勤務。保健体育指導、生活指導に注力。課題を抱える教育現場を次々と立て直し、「生活指導の神様」と呼ばれる。独自の育成手法「原田メソッド」により、勤務3校目で指導した陸上競技部では7年間で13回の日本一を誕生させる。大阪市教職員退職後、大学講師を経て起業。「原田メソッド」に多くの企業経営者が注目し、野村證券、キリンビール、三菱UFJ信託銀行、神戸マツダ、住友生命保険、ユニクロ、アステラス製薬、カネボウ化粧品、武田薬品工業などの人材育成研修を担当。これまでに約500社、10万人以上のビジネスパーソンを指導した実績をもつ。現在も、家庭・学校・企業の人材育成教育、講演・研修活動、テレビなどメディア出演、執筆活動と幅広い分野で活躍中。著書はこれまでに30冊、国内にとどまらず世界の25を超える国・地域で出版されている。代表作に『一流の達成力』(フォレスト出版)、『カリスマ体育教師の常勝教育』(日経BP)、『成功の教科書』(小学館)、『最高の教師がマンガで教える勝利のメンタル』(日経BP)。
原田教育研究所
https://harada-educate.jp/

本書の要点

  • 要点
    1
    「原田メソッド」とは著者が生み出した「成功するための技術」である。目標達成の「技術」を身につければ、誰でも自分自身を成功に導けるようになる。
  • 要点
    2
    目標設定の際は「期限を決めること」「適切なレベルの目標を定めること」が重要だ。さらに「私―有形」「私―無形」「社会・他者―有形」「社会・他者―無形」の4つの観点から達成したい理由を探っていく。
  • 要点
    3
    「オープンウィンドウ64」という1枚のシートを使って、目標とそれを実現するための行動を書き込んでいく。
  • 要点
    4
    「書くこと」には大きな力がある。毎日自分の行動を振り返り、日誌をつけることが目標達成につながる。

要約

「原田メソッド」とは

成功するための技術

「原田メソッド」とは、著者が20年の教師生活で生み出した「成功するための技術」である。著者が指導した中学校の陸上部は、大阪府の大会で12回連続男子総合優勝、5回連続の男女総合優勝という快挙を遂げた。独立後、原田メソッドは多くの企業やプロスポーツチームにも導入されるようになった。

原田メソッドの核心は「目標の立て方」と「目標を達成するための方法」にある。目標達成の「技術」を身につければ、才能や経験にかかわらず、自分自身を成功に導くことができるだろう。

目標達成のエネルギー
Ridofranz/gettyimages

目標達成の「技術」は、「自己効力感」と「自己肯定感」という土台に支えられている。

「自己効力感」とは、「自分ならできる!」という自分の能力に対する自信だ。2023年のWBC(ワールドベースボールクラシック)で侍ジャパンを世界一に導いた大谷翔平選手は、高校1年生のときに「ドラ1、8球団」という目標を掲げた。まだ甲子園にも出場していないのに、この目標を書いたことは特筆に値する。大谷選手には「自分ならやれるはず」という高い自己効力感があったのだろう。

もちろん、大谷選手ほどの自己効力感を持っていなくても問題ない。小さな「できた!」と「自画自賛」を繰り返していけば、「心のエネルギー」がアップし、誰でも自己効力感を高めることができる。

2つ目の「自己肯定感」とは、「自分が大好き」と思える心のことである。自己肯定感を高めるには、「ありがとう」の言葉を受け取る行動を増やしていくこと、そして他者への感謝の気持ちを持つことが肝要だ。自分が大切にされていることに気づき、自分の価値を認識できるようになるはずだ。

もっと見る
この続きを見るには...
残り3122/3824文字
会員登録(7日間無料)

3,400冊以上の要約が楽しめる

要約公開日 2024.03.15
Copyright © 2024 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
「暗記する」戦略思考
「暗記する」戦略思考
高松智史
未読
一生学べる仕事力大全
一生学べる仕事力大全
藤尾秀昭(監修)
未読
続ける思考
続ける思考
井上新八
未読
脳はどこまでコントロールできるか?
脳はどこまでコントロールできるか?
中野信子
未読
自分を変える話し方
自分を変える話し方
寺田有希
未読
思いつきって、どうしたら「自分の考え」になるの?
思いつきって、どうしたら「自分の考え」になるの?
深沢真太郎
未読
パーパス経営入門
パーパス経営入門
名和高司
未読
フラット・マネジメント
フラット・マネジメント
電通若者研究部 ワカモン
未読
法人導入をお考えのお客様