簡素な生き方

未 読
簡素な生き方
ジャンル
著者
シャルル・ヴァグネル 山本知子(訳)
出版社
定価
1,400円 (税抜)
出版日
2017年02月14日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
3.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
簡素な生き方
簡素な生き方
著者
シャルル・ヴァグネル 山本知子(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,400円 (税抜)
出版日
2017年02月14日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
3.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

私たちは複雑な時代を生きている。膨大な情報が入り乱れ、多様な価値観が混在する世界で生きていかねばならなくなっているのだ。変化が激しく流れの見えない現代社会では、本来の人間らしさを取り戻すことは容易ではなく、自分の感性や生き方すら意識的にコントロールする必要がある。たとえば、必要最低限のものしかもたない「ミニマリスト」や、ものへの執着を捨てる「断捨離」、さらには都会から地方へ移り住む「地方移住」が流行していることがそれを物語っていると言えよう。これらの根底に共通してあるのは、余計なものを手放すという思想である。幸せに生きるために必要なのは、何かを手に入れることではなく、本当に必要なものを大切にすることではないのか、と、人々は思いはじめているように見える。

本書は、1895年にフランスで刊行され、欧米でミリオン・セラーとなった“La vie simple”の邦訳である。当時、欧米では、産業革命後の工業化が進み、人々は物質的に豊かになる一方で、貧富の差が激しくなっていった。社会が一段と複雑化するなかで、著者は、真の人間らしさは「簡素な生き方」や「簡素な精神」にあると述べる。そして、野心や傲慢、エゴイズム、虚栄心などの悪しきものを捨て、「善良であれ」と説く。

著者の主張は、時代や国を超えて、現代の日本社会の人々のムードにぴたりと一致している。ワンクリックで欲しいものはなんでも手に入るこの時代だからこそ、「良く生きる」というテーマは一考の価値がある。

金井 美穂

著者

シャルル・ヴァグネル Charles Wagner
フランスの教育家、宗教家。1852〜1918年。プロテスタントの牧師を経て「たましいの故郷」という寺院を創立。社会教育、初等教育の発展に貢献。近代フランス初等教育を宗教から独立させ、無月謝の義務教育として確立させた。著書に『正義』『青春』『剛毅』『生きるすべを学ぶために』(いずれも邦訳なし)など。

本書の要点

  • 要点
    1
    多くの人はたいして意味のない雑事にばかり心を砕き、心から大切だと思えることはいつも後回しにしている。そうして自ら複雑さにがんじがらめとなり、頭を抱えることになる。私たちが目的とすべきは「人間の内面の簡素さ」であり、簡素になるとは、自分の望みや行動を人間としての理想的な在り方に一致させることである。
  • 要点
    2
    物質的に豊かであるにもかかわらず、現代のほとんどの人が自分の...
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
簡素な生き方
簡素な生き方
著者
シャルル・ヴァグネル 山本知子(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,400円 (税抜)
出版日
2017年02月14日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
3.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
簡素な生き方
未 読
簡素な生き方
ジャンル
自己啓発・マインド
著者
シャルル・ヴァグネル 山本知子(訳)
出版社
定価
1,400円 (税抜)
出版日
2017年02月14日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

科学的に元気になる方法集めました
科学的に元気になる方法集めました
堀田秀吾
未 読
リンク
努力不要論
努力不要論
中野信子
未 読
リンク
マシュマロ・テスト
マシュマロ・テスト
ウォルター・ミシェル 柴田裕之(訳)
未 読
リンク
分解するイギリス
分解するイギリス
近藤康史
未 読
リンク
会社を変える分析の力
会社を変える分析の力
河本薫
未 読
リンク
すごい立地戦略
すごい立地戦略
榎本篤史
未 読
リンク
ターゲット
ターゲット
ジェローム・シュシャン
未 読
リンク
伊藤元重が警告する日本の未来
伊藤元重が警告する日本の未来
伊藤元重
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
日本社会のしくみ
日本社会のしくみ
小熊英二
未 読
リンク
2
Think CIVILITY
Think CIVILITY
夏目大(訳) クリスティーン・ポラス
未 読
リンク
3
印象はしゃべらなくても操作できる
印象はしゃべらなくても操作できる
木暮桂子
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

出版社のイチオシ#024
出版社のイチオシ#024
2019.12.13 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年12月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年12月号)
2019.12.01 update
リンク
『82年生まれ、キム・ジヨン』
『82年生まれ、キム・ジヨン』
2019.11.29 update
リンク
出版社のイチオシ#023
出版社のイチオシ#023
2019.11.22 update
リンク

Interview
インタビュー

会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
「集中できない」現代人が求めている、理想的な読書環境とは?
「集中できない」現代人が求めている、理想的な読書環境とは?
2019.12.05 update
リンク
『ぼくはイエロー』執筆の裏側
『ぼくはイエロー』執筆の裏側
2019.11.25 update
リンク
世界最大のタブー、「トイレ問題」になぜ切り込めたのか?
世界最大のタブー、「トイレ問題」になぜ切り込めたのか?
2019.11.20 update
リンク
1
日本社会のしくみ
日本社会のしくみ
小熊英二
未 読
リンク
2
Think CIVILITY
Think CIVILITY
夏目大(訳) クリスティーン・ポラス
未 読
リンク
3
印象はしゃべらなくても操作できる
印象はしゃべらなくても操作できる
木暮桂子
未 読
リンク
出版社のイチオシ#001
出版社のイチオシ#001
2018.07.20 update
リンク
デザイン思考は組織変革の救世主になりうるか? 【前編】
デザイン思考は組織変革の救世主になりうるか? 【前編】
2016.04.21 update
リンク