オリンピック秘史
120年の覇権と利権

未 読
オリンピック秘史
ジャンル
著者
ジュールズ・ボイコフ 中島由華(訳)
出版社
定価
2,376円
出版日
2018年01月24日
評点(5点満点)
総合
3.5
明瞭性
3.0
革新性
4.5
応用性
3.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

オリンピックは見る人によって、いくつもの顔がある。

一般的にオリンピックといえば、世界中から一流のアスリートが集うスポーツの祭典を指す。選手たちはこの日のために4年間すべてを捧げ、最高のパフォーマンスを発揮しようと意気込む。観客もその姿に熱狂し、拍手を惜しまない。まさにスポーツのもつ美しさ、偉大さが体感できる瞬間だ。

一方でオリンピックは負の側面も抱えている。開催費用はどんどん高騰し、現地住民は不当な扱いを受けている。かつてオリンピックは、開催国にとって夢のようなイベントであった。しかし今日、オリンピックは厄介な代物だと認識されはじめている。2016年のリオ・デ・ジャネイロ大会に際して、現地住民から多くの反対の声が挙がったことは記憶に新しいだろう。事実オリンピック開催のあと、関連施設が廃墟となってしまった国も少なくない。オリンピックがこれから正しい方向に舵を切れるかどうかは、いまを生きる私たちの世代にかかっている。

本書はオリンピックが歩んできた120年を総括する、骨太な一冊だ。オリンピックの理想と現実、美しさと醜さのすべてがここに描かれている。2020年に東京オリンピックを迎えるいまだからこそ、読んでいただければと思う。

石渡 翔

著者

ジュールズ・ボイコフ (Jules Boykoff)
1970年生まれ。パシフィック大学政治学教授。元プロサッカー選手であり、バルセロナ五輪の米国代表メンバーとしてブラジル戦やソ連戦などの国際試合に出場した経験をもつ。2014年、NHKの国際討論番組「グローバルディベート WISDOM」に出演し、「世界が語る“21世紀のオリンピック”」というテーマで為末大氏らと議論を繰り広げた。

本書の要点

  • 要点
    1
    発足当初から、オリンピックは排外主義と協調主義というパラドックスを抱えていた。
  • 要点
    2
    「オリンピックは政治や商業主義とは一切関わらない」としながら...
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
オリンピック秘史
未 読
オリンピック秘史
ジャンル
産業・業界 グローバル 政治・経済
著者
ジュールズ・ボイコフ 中島由華(訳)
出版社
早川書房 出版社ページへ
定価
2,376円
出版日
2018年01月24日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

DEEP THINKING
DEEP THINKING
Garry Kasparov Mig Greengard
未 読
リンク
本を読む本
本を読む本
M・J・アドラー C・V・ドーレン 外山滋比古(訳) 槇未知子(訳)
未 読
リンク
新編 教えるということ
新編 教えるということ
大村はま
未 読
リンク
中国人の本音
中国人の本音
工藤哲
未 読
リンク
技術屋の王国
技術屋の王国
片山修
未 読
リンク
99%の日本人がわかっていない国債の真実
99%の日本人がわかっていない国債の真実
高橋洋一
未 読
リンク
メガトレンド
メガトレンド
川口盛之助
未 読
リンク
未来型国家エストニアの挑戦 電子政府がひらく世界
未来型国家エストニアの挑戦 電子政府がひらく世界
ラウル アリキヴィ 前田陽二
未 読
リンク
1
なぜ、あの人の仕事はいつも早く終わるのか?
なぜ、あの人の仕事はいつも早く終わるのか?
井上裕之
未 読
リンク
2
ライフハック大全
ライフハック大全
堀正岳
未 読
リンク
3
金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる
金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる
ロバート・キヨサキ トム・ホイールライト 岩下慶一(訳)
未 読
リンク
顧客から愛される会社になるにはどうすればよいのか?
顧客から愛される会社になるにはどうすればよいのか?
2016.01.28 update
リンク
要約の達人が選ぶ、3月のイチオシ!
要約の達人が選ぶ、3月のイチオシ!
2018.03.31 update
リンク