モラル・エコノミー
インセンティブか善き市民か

未 読
モラル・エコノミー
ジャンル
著者
サミュエル・ボウルズ 植村博恭 磯谷明徳 遠山弘徳(訳)
出版社
NTT出版 出版社ページへ
定価
3,240円
出版日
2017年03月23日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.0
革新性
4.5
応用性
4.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
モラル・エコノミー
モラル・エコノミー
インセンティブか善き市民か
著者
サミュエル・ボウルズ 植村博恭 磯谷明徳 遠山弘徳(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
NTT出版 出版社ページへ
定価
3,240円
出版日
2017年03月23日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.0
革新性
4.5
応用性
4.5
本の購入はこちら
レビュー

「インセンティブ」は組織の効率的な運営のために導入される政策として一般的であり、良い印象を持っている方も多いのではないだろうか。しかし、この本を読めば、そう単純なものではないことがよく理解できる。インセンティブは、対象となる人々にさまざまな正負の影響をもたらし、期待と全く反対の効果をもたらす可能性すらあるのだ。

本書は、50年以上の長きにわたり経済学の第一線で活躍している著者による刺激的な論考である。今でも有効性を持つと考えられている「ホモ・エコノミクス」という人間像に対する疑念から出発し、経済学の枠を超えてさまざまな学問の知的達成を取り入れながらインセンティブの問題点とその可能性に迫っていく筆致は、迫力にあふれている。展開されていく理論が面白いことはもちろんだが、その背後にある実験結果も非常に興味深いものが多く、読みごたえがある。経済学の本にはあまり出てこないであろう、人類学や心理学での実験の例も含まれている。要約には盛り込めなかった事例もぜひ読み込んでほしい。

インセンティブは大きな組織だけの話ではなく、少人数の組織でも導入を考えるリーダーは少なくないだろう。本書は立法や政策について多く述べられているが、制度設計において留意すべき重要な点は変わらない。豊富な事例と精緻な議論はきっと参考になるに違いない。

金松 豊

著者

サミュエル・ボウルズ
1939年生まれ。サンタフェ研究所アーサー・シュピーゲル研究教授・行動科学プログラムディレクター。50年以上にわたり、ミクロ経済学のイノベーターとして研究・教育活動を行ってきた。ハーバード大学経済学博士。ハーバード大学准教授、マサチューセッツ大学教授、シエナ大学教授を経て現職。日本語訳されている著書として、教育の経済学へのネオ・マルクシアン・アプローチの適用を試みた『アメリカ資本主義と学校教育』(1976)(ハーバート・ギンタスとの共著)、80年代の右派経済学に対抗する民主的代替政策を提起する『アメリカ衰退の経済学』(1983)、サンタフェ研究所での行動科学と複雑系の共同研究を通して、ワルラシアン・パラダイムに代替する「進化社会科学」という新しいパラダイムを構想した『制度と進化のミクロ経済学』(2004)、そして再びギンタスとの共著である『協力する種』(2011)などがある。

本書の要点

  • 要点
    1
    経済合理的な行動をする「ホモ・エコノミクス」という人間像を前提にして立法、政策、組織の設計をすることは賢明ではない。
  • 要点
    2
    社会や組織を改善するために導入するインセンティブが、人々の道...
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
モラル・エコノミー
モラル・エコノミー
インセンティブか善き市民か
著者
サミュエル・ボウルズ 植村博恭 磯谷明徳 遠山弘徳(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
NTT出版 出版社ページへ
定価
3,240円
出版日
2017年03月23日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.0
革新性
4.5
応用性
4.5
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
モラル・エコノミー
未 読
モラル・エコノミー
ジャンル
リーダーシップ・マネジメント 人事 政治・経済 リベラルアーツ
著者
サミュエル・ボウルズ 植村博恭 磯谷明徳 遠山弘徳(訳)
出版社
NTT出版 出版社ページへ
定価
3,240円
出版日
2017年03月23日
本の購入はこちら

related summary
一緒に読まれている要約

理想の会社をつくるたった7つの方法
理想の会社をつくるたった7つの方法
坂本光司 渡辺尚
未 読
リンク
『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕
『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕
花田紀凱 門田隆将
未 読
リンク
完全無欠の賭け
完全無欠の賭け
アダム・クチャルスキー 柴田裕之(訳)
未 読
リンク
全米は、泣かない。
全米は、泣かない。
五明拓弥
未 読
リンク
外国人が熱狂するクールな田舎の作り方
外国人が熱狂するクールな田舎の作り方
山田拓
未 読
リンク
遺伝子
遺伝子
シッダールタ・ムカジー 仲野徹(監修) 田中文(訳)
未 読
リンク
渋沢栄一 日本の経営哲学を確立した男
渋沢栄一 日本の経営哲学を確立した男
山本七平
未 読
リンク
新・日本の階級社会
新・日本の階級社会
橋本健二
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
管理ゼロで成果はあがる
管理ゼロで成果はあがる
倉貫義人
未 読
リンク
2
OODA LOOP(ウーダループ)
OODA LOOP(ウーダループ)
チェット・リチャーズ 原田勉(訳)
未 読
リンク
3
東京大田区・弁当屋のすごい経営
東京大田区・弁当屋のすごい経営
菅原勇一郎
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

人間関係のお悩み解消に効く5冊
人間関係のお悩み解消に効く5冊
2019.04.23 update
リンク
出版社のイチオシ#013
出版社のイチオシ#013
2019.04.19 update
リンク
キツイとき、苦しいとき、崖っぷちのとき、誰かの応援が踏ん張る力になる『負けるな、届け!』
【書店員のイチオシ】 キツイとき、苦しいとき、崖っぷちのとき、誰かの応援が踏ん張る力になる『負けるな、届け!』
2019.04.09 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年4月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年4月号)
2019.04.01 update
リンク

Interview
インタビュー

「勝間式超コントロール思考」で人生が変わる!
【インタビュー】 「勝間式超コントロール思考」で人生が変わる!
2019.04.08 update
リンク
「名著は『現代を読む教科書』」
【インタビュー】 「名著は『現代を読む教科書』」
2019.04.03 update
リンク
入場料のある本屋「文喫」が愛されてやまない理由
入場料のある本屋「文喫」が愛されてやまない理由
2019.03.27 update
リンク
『嫌われる勇気』著者は、「生き方を変える本」とどう出会ってきたのか
【インタビュー】 『嫌われる勇気』著者は、「生き方を変える本」とどう出会ってきたのか
2019.03.22 update
リンク
1
管理ゼロで成果はあがる
管理ゼロで成果はあがる
倉貫義人
未 読
リンク
2
OODA LOOP(ウーダループ)
OODA LOOP(ウーダループ)
チェット・リチャーズ 原田勉(訳)
未 読
リンク
3
東京大田区・弁当屋のすごい経営
東京大田区・弁当屋のすごい経営
菅原勇一郎
未 読
リンク
国際情勢を読み解くならこの5冊!
国際情勢を読み解くならこの5冊!
2017.05.17 update
リンク
「勝ち」はゴールではない。「勝ち続ける」企業をつくる条件とは?
「勝ち」はゴールではない。「勝ち続ける」企業をつくる条件とは?
2016.02.04 update
リンク