スタートアップ・ウェイ
予測不可能な世界で成長し続けるマネジメント

未 読
無 料
スタートアップ・ウェイ
ジャンル
著者
エリック・リース 井口耕二(訳)
出版社
定価
2,000円 (税抜)
出版日
2018年05月28日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.0
革新性
4.5
応用性
4.5
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
スタートアップ・ウェイ
スタートアップ・ウェイ
予測不可能な世界で成長し続けるマネジメント
著者
エリック・リース 井口耕二(訳)
未 読
無 料
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
2,000円 (税抜)
出版日
2018年05月28日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.0
革新性
4.5
応用性
4.5
本の購入はこちら
レビュー

『リーン・スタートアップ』で、世界中に衝撃を与えた著者エリック・リースの待望の新著・邦訳版が登場した。活気に満ちていたスタートアップが、拡大とともにいつしか官僚的になり、衰退していく。こうした事態を防ぐ方法が、本書のテーマ、スタートアップ・ウェイだ。

どうすれば組織内にアントレプレナーシップをかき立てられるのか。あるいは、今あるアントレプレナーシップを保持できるのか。イノベーションの責任を明確にする土台をどう構築すればいいのか。人事や財務、ITといった組織機能をどう変革すればいいのか。リーダーの果たすべき役割は何か――。こうした問いに対し、本書は重要な原則と変革のロードマップを提示していく。

著者は官僚的といえる政府機関から、GEやトヨタなどの大企業、今をときめくテック界のパイオニア、急成長するスタートアップまで、あらゆるセクター、規模、業種の先進企業をつぶさに観察し、「どうすれば長期にわたり成長と成果が実現できるのか」という命題ととことん向き合ってきた。その英知をちりばめた集大成といえる一冊だ。

スタートアップ・ウェイが広がることで、アントレプレナー的なチャンスがあまねく人に与えられ、より長期的視点で持続的に社会が発展を遂げられる。本書はそんなビジョンに向けて、イノベーターたちの心に火をつける社会革新の書としても輝きを放っている。ビジョナリーリーダーであり続け、働き方とマネジメントのOSを進化させたいのなら、本書を読まない手はない。

松尾美里

著者

エリック・リース(Eric Ries)
アントレプレナーであり、また、ニューヨークタイムズ紙のベストセラーリストにも登場した『リーン・スタートアップ』(日経BP社)の著者でもある。『リーン・スタートアップ』は100万部以上が売れたミリオンセラーであり、30を超える言語で翻訳版が出版されている。リーン・スタートアップ手法はビジネスの分野で大きなムーブメントとなり、世界中の企業や個人が実践している。
CTOを務めたIMVUをはじめ、たくさんのスタートアップを立ち上げるとともに、スタートアップ、ベンチャーキャピタル、GEをはじめとする大企業などに事業戦略や製品戦略のアドバイスを提供している。GEでは、ファストワークスプログラムの立ち上げにも深くかかわった。ハーバード・ビジネス・スクール、アイディオ社、ピボタル社のアントレプレナー・イン・レジデンスとして、また、ロングターム・ストック・エクスチェンジのCEOとしても活躍している。

本書の要点

  • 要点
    1
    従来型の総括マネジメントと、不確実性を前提とした21世紀の起業マネジメント。両者をうまく組み合わせ、継続的なイノベーションへの活力を生む方法論が、「スタートアップ・ウェイ」である。
  • 要点
    2
    今後はアントレプレナーの意識を組織に吹き込み、手法を広げてい...
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
スタートアップ・ウェイ
スタートアップ・ウェイ
予測不可能な世界で成長し続けるマネジメント
著者
エリック・リース 井口耕二(訳)
未 読
無 料
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
2,000円 (税抜)
出版日
2018年05月28日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.0
革新性
4.5
応用性
4.5
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
スタートアップ・ウェイ
未 読
無 料
スタートアップ・ウェイ
ジャンル
リーダーシップ・マネジメント 経営戦略 起業・イノベーション トレンド
著者
エリック・リース 井口耕二(訳)
出版社
日経BP社 出版社ページへ
定価
2,000円 (税抜)
出版日
2018年05月28日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

リーン・スタートアップ
リーン・スタートアップ
エリック・リース 井口耕二(訳)
未 読
無 料
リンク
なぜ、あの人の仕事はいつも早く終わるのか?
なぜ、あの人の仕事はいつも早く終わるのか?
井上裕之
未 読
リンク
「3か月」の使い方で人生は変わる
「3か月」の使い方で人生は変わる
佐々木大輔
未 読
リンク
Branding Inside Out
Branding Inside Out
Nicholas Ind
未 読
リンク
TRUST
TRUST
レイチェル・ボッツマン
未 読
無 料
リンク
ホモ・デウス(上)
ホモ・デウス(上)
ユヴァル・ノア・ハラリ 柴田裕之(訳)
未 読
無 料
リンク
最高の組織
最高の組織
大賀康史
未 読
無 料
リンク
Move Fast and Break Things
Move Fast and Break Things
Jonathan Taplin
未 読
無 料
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

フライヤー編集部が選ぶ、2019年最高の一冊!
フライヤー編集部が選ぶ、2019年最高の一冊!
2020.01.22 update
リンク
『僕たちはヒーローになれなかった。』
『僕たちはヒーローになれなかった。』
2020.01.21 update
リンク
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
2020.01.20 update
リンク
資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
【書店員のイチオシ】 資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
2020.01.17 update
リンク

Interview
インタビュー

落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
2020.01.10 update
リンク
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
2019.12.23 update
リンク
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
2019.12.17 update
リンク
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
出版社のイチオシ#021
出版社のイチオシ#021
2019.10.11 update
リンク
グロービス トップ堀義人が語る、“使命感を育んだ原体験”
グロービス トップ堀義人が語る、“使命感を育んだ原体験”
2018.10.19 update
リンク