組織は変われるか
経営トップから始まる「組織開発」

未 読
組織は変われるか
ジャンル
著者
加藤雅則
出版社
定価
1,944円
出版日
2017年12月13日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
組織は変われるか
組織は変われるか
経営トップから始まる「組織開発」
著者
加藤雅則
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,944円
出版日
2017年12月13日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.5
本の購入はこちら
レビュー

「組織開発」とは、最近よく耳にする言葉である。人材開発の分野では、ブームに近いものがあるかもしれない。学会も盛況ときく。この本を手にする読者は、まずそのようなムーブメントに関心を持った方たちであろう。

著者は組織開発の原則として「経営トップから始める」「各層のコンセンサス」「当事者主体」の三つをあげているが、肝は「当事者主体」という。

「このままで、うちの会社は大丈夫なのか」「自分が何とかしなくては……」。本書は、そうした健全な危機意識と未来への責任感を抱く、有志に向けて書かれた。そうした危機意識と責任感が「当事者主体」の中身である。そして、あえて組織開発とは何か、という定義にこだわらず、現場での推進者(事務局と呼ばれる)の目線で、組織開発のリアリティを伝えることを重視したという。

まさに、ある会社の一年を例に、ワークショップのプログラムの詳細までこと細かに書かれ、ぐいぐいとストーリーに引き込まれていく。推進する際の難所やそれをしのぐ戦略・戦術、明日にでも組織開発を立ち上げられるような具体的なHowまで、惜しげもなく開陳されている。

しかし、著者の姿勢は慎重である。適切なタイミングと、担当者の「当事者主体」が揃わない状態で安易に施策を立ち上げることに警鐘を鳴らす。組織開発は、使い方次第では組織にとって諸刃の剣となる可能性を秘めている。心して読むべきであろう。

しいたに

著者

加藤 雅則(かとう まさのり)
組織コンサルタント。1964年生まれ。名古屋市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。カリフォルニア大学バークレー校経営学修士(MBA)。
日本興業銀行、環境教育NPO、金融庁検査官、事業投資育成会社を経て、米国2大コーチ養成機関であるCTI日本支部の設立に参加。日本におけるコーアクティブ・コーチングの普及に取り組んだ。現在はアクション・デザイン代表。著書に『自分を立てなおす対話』(日本経済新聞出版社)、『「自分ごと」だと人は育つ』(共著、日本経済新聞出版社)など。
2001年よりコーチング、ファシリテーション、コンサルテーション、ナラティブ・アプローチなどに基づく独自の対話手法を実践。これまで支援してきた企業は東証一部上場企業を中心に、中堅企業、オーナー企業、外資系企業など多岐にわたる。

本書の要点

  • 要点
    1
    組織の疲弊を解消するには組織自体が変わる必要がある。その変化を支援するのが組織開発だ。
  • 要点
    2
    組織開発の原則は、「各層のコンセンサス」「経営トップから始め...
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
組織は変われるか
組織は変われるか
経営トップから始まる「組織開発」
著者
加藤雅則
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,944円
出版日
2017年12月13日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.5
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
組織は変われるか
未 読
組織は変われるか
ジャンル
リーダーシップ・マネジメント 経営戦略 人事
著者
加藤雅則
出版社
英治出版 出版社ページへ
定価
1,944円
出版日
2017年12月13日
本の購入はこちら

related summary
一緒に読まれている要約

日本でいちばん大切にしたい会社6
日本でいちばん大切にしたい会社6
坂本光司
未 読
リンク
会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。
会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。
青野慶久
未 読
リンク
インド・シフト
インド・シフト
武鑓行雄
未 読
リンク
教養としてのプログラミング的思考
教養としてのプログラミング的思考
草野俊彦
未 読
リンク
問題児
問題児
山川健一
未 読
リンク
新・生産性立国論
新・生産性立国論
デービッド・アトキンソン
未 読
リンク
チームの生産性を最大化するエマジェネティックス®
チームの生産性を最大化するエマジェネティックス®
小山昇
未 読
リンク
人事こそ最強の経営戦略
人事こそ最強の経営戦略
南和気
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
管理ゼロで成果はあがる
管理ゼロで成果はあがる
倉貫義人
未 読
リンク
2
OODA LOOP(ウーダループ)
OODA LOOP(ウーダループ)
チェット・リチャーズ 原田勉(訳)
未 読
リンク
3
東京大田区・弁当屋のすごい経営
東京大田区・弁当屋のすごい経営
菅原勇一郎
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

人間関係のお悩み解消に効く5冊
人間関係のお悩み解消に効く5冊
2019.04.23 update
リンク
出版社のイチオシ#013
出版社のイチオシ#013
2019.04.19 update
リンク
キツイとき、苦しいとき、崖っぷちのとき、誰かの応援が踏ん張る力になる『負けるな、届け!』
【書店員のイチオシ】 キツイとき、苦しいとき、崖っぷちのとき、誰かの応援が踏ん張る力になる『負けるな、届け!』
2019.04.09 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年4月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年4月号)
2019.04.01 update
リンク

Interview
インタビュー

「勝間式超コントロール思考」で人生が変わる!
【インタビュー】 「勝間式超コントロール思考」で人生が変わる!
2019.04.08 update
リンク
「名著は『現代を読む教科書』」
【インタビュー】 「名著は『現代を読む教科書』」
2019.04.03 update
リンク
入場料のある本屋「文喫」が愛されてやまない理由
入場料のある本屋「文喫」が愛されてやまない理由
2019.03.27 update
リンク
『嫌われる勇気』著者は、「生き方を変える本」とどう出会ってきたのか
【インタビュー】 『嫌われる勇気』著者は、「生き方を変える本」とどう出会ってきたのか
2019.03.22 update
リンク
1
管理ゼロで成果はあがる
管理ゼロで成果はあがる
倉貫義人
未 読
リンク
2
OODA LOOP(ウーダループ)
OODA LOOP(ウーダループ)
チェット・リチャーズ 原田勉(訳)
未 読
リンク
3
東京大田区・弁当屋のすごい経営
東京大田区・弁当屋のすごい経営
菅原勇一郎
未 読
リンク
大人にもおすすめしたい青春小説『青少年のための小説入門』
大人にもおすすめしたい青春小説『青少年のための小説入門』
2019.01.11 update
リンク
LINEを辞めた理由は「日本を元気にする」という使命感
LINEを辞めた理由は「日本を元気にする」という使命感
2015.07.31 update
リンク