宇宙に命はあるのか
人類が旅した一千億分の八

未 読
宇宙に命はあるのか
ジャンル
著者
小野雅裕
出版社
SBクリエイティブ 出版社ページへ
定価
864円
出版日
2018年02月15日
評点(5点満点)
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

「想像してみよう。遠くの世界のことを」。本書は、こんな一文から始まる。火星の大地に立つこと、宇宙船の窓から外を眺めること――それらを想像すると、心の奥深くで“何か”が戦慄き、囁くと著者は言う。あなたは、どうだろうか。

著者はその“何か”に取り憑かれ、NASAの技術者として活躍している。本書は、宇宙への愛情に溢れる彼が贈る、人類の挑戦の物語だ。

宇宙について知識をもたない要約者にとって、本書は驚きの宝庫だった。少しだけその内容を紹介しよう。

ある分野の研究を進めるにあたって、往々にして障害となるのが、資金不足だ。1930年代、ロケットの研究もまた資金不足に陥っていた。そこで研究資金を提供したのは誰か、ご存じだろうか。答えは「軍」だ。ロケットに爆弾を積めば、ミサイルになる。軍は、戦争に勝つため、研究者にロケット研究を進めてもらう必要があったのだ。

またあなたは、「宇宙人なんていない」と無邪気に信じているかもしれない。しかしこの本を読めば、きっとその考えが変わるはずだ。何しろ、私たちが住む銀河系には、およそ1000億個――4大ドームをすべていっぱいにするだけのピンポン玉の数――の惑星が存在しているというのだ。そして本書のサブタイトルにある通り、人類が旅したのは、そのうちのわずか8個にすぎない。今後、どんな発見がなされても決して不思議ではないだろう。

本書を読めば、知らない世界に出合うことができる。今まで宇宙に関心がなかった方こそ、その世界への扉を開けていただきたい。

庄子 結

著者

小野 雅裕(おの まさひろ)
NASAの中核研究機関であるJPL(Jet Propulsion Laboratory=ジェット推進研究所)で、火星探査ロボットの開発をリードしている気鋭の日本人。1982年大阪生まれ、東京育ち。2005年東京大学工学部航空宇宙工学科を卒業し、同年9月よりマサチューセッツ工科大学(MIT)に留学。2012年に同航空宇宙工学科博士課程および技術政策プログラム修士課程修了。2012年4月より2013年3月まで、慶応義塾大学理工学部の助教として、学生を指導する傍ら、航空宇宙とスマートグリッドの制御を研究。2013年5月よりアメリカ航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory)で勤務。2016年よりミーちゃんのパパ。主な著書は、『宇宙を目指して海を渡る』(東洋経済新報社)。現在は2020年打ち上げ予定のNASA火星探査計画『マーズ2020 ローバー』の自動運転ソフトウェアの開発に携わる他、将来の探査機の自律化に向けた様々な研究を行なっている。阪神ファン。好物はたくあん。

本書の要点

  • 要点
    1
    ロケット研究は、第二次世界大戦前後のドイツ、アメリカ、ソ連で競うように進められた。ロケットに爆弾を積めば、ミサイルとして使うことができるため、軍が研究資金の多くを負担した。
  • 要点
    2
    アポロの歴史的偉業の裏には、斬新な「月への行き方」を提案したハウボルトや、宇宙飛行士の危機を救うプログラムを開発したハミルトンのように、それまでの常識と戦った人々がいた。
  • 要点
    3
    1970年代に打ち上げられた探査機「ボイジャー1号」「ボイジャー2号」によって、活火山をもつ衛星や、海がある衛星などが発見された。

要約

いかに人類は宇宙へ旅立ったのか

ゴダードの2つの功績

宇宙飛行の実現に大きく貢献し、「ロケットの父」と呼ばれるのが、マサチューセッツ州出身のロバート・ゴダードだ。しかし、ロケットを発明したのは彼ではないし、そもそも、彼のロケットは宇宙に届きすらしていない。

彼の第一の功績は、ロケットを使えば宇宙に行けると気付いたことだ。当時、ロケットは、600年前の廃れた技術だと認識されていた。そんな前時代的な技術で宇宙に行けるとは、誰も思っていなかったのだ。

彼の第二の功績は、ロケットを宇宙へ飛ぶ乗り物に生まれ変わらせたことだ。現代でも採用されている、液体燃料ロケットという形を採用したのはゴダードである。

「V2」を開発したフォン・ブラウン
3DSculptor/iStock/Thinkstock

フォン・ブラウンはドイツに生まれ、ベルリン工科大学に学んだ。彼は、若者たちが結成したアマチュアロケット・グループVfRに加わり、日夜ロケットの開発に取り組んだ。

彼らの活動に関心を抱いたのが、ドイツ軍だった。なぜなら、人工衛星を積んで宇宙に打つのではなく、爆弾を積んで敵国へ打てば、ロケットは兵器になるからだ。兵器を作りたい軍と、開発資金を求めるフォン・ブラウンの利害が一致し、彼は陸軍に雇われる。こうして彼は、本格的な液体燃料ロケットの開発に取り掛かることとなる。

彼が軍に雇われた翌年、ヒトラーが首相に就任し、やがて世界大戦が始まった。その間もフォン・ブラウンはロケット開発に没頭し、11年をかけて「A4」と呼ばれるロケットを完成させる。これは、高度200kmの宇宙空間に達する能力を持つロケットである一方で、320km離れた標的に1トンの爆弾を命中させられるミサイルでもあった。

このとき、ドイツの勝利は絶望的だった。しかし、ロケットこそが戦況を逆転する最終兵器になると確信したヒトラーは、A4に優先的に資金と物資を供給することを約束し、ひと月あたり1800機のA4を製造することを命じたのだった。そしてA4は、「報復兵器2号」を意味するV2という名前を授けられる。

終戦を迎えると、フォン・ブラウンは、ロケットの技術をアメリカ軍に売り込んだ。彼は受け入れられ、124人の技術者とともにアメリカへと渡る。

「スプートニク」を生んだコロリョフ

アメリカがフォン・ブラウンを欲しがったのと同様、ソ連もまた、彼の技術を欲しがっていた。結局、ドイツに残されていた部品や書面、図面、技術者はソ連の手に渡ることとなる。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
宇宙に命はあるのか
未 読
宇宙に命はあるのか
ジャンル
産業・業界 サイエンス リベラルアーツ
著者
小野雅裕
出版社
SBクリエイティブ 出版社ページへ
定価
864円
出版日
2018年02月15日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

遺伝子
遺伝子
シッダールタ・ムカジー 仲野徹(監修) 田中文(訳)
未 読
リンク
ソーシャル物理学
ソーシャル物理学
アレックス・ペントランド 小林啓倫(訳)
未 読
リンク
インド・シフト
インド・シフト
武鑓行雄
未 読
リンク
問題児
問題児
山川健一
未 読
リンク
ピーター・ティール
ピーター・ティール
トーマス・ラッポルト 赤坂桃子(訳)
未 読
リンク
新・生産性立国論
新・生産性立国論
デービッド・アトキンソン
未 読
リンク
幸福論
幸福論
アラン 住友進(訳)
未 読
リンク
無限の始まり
無限の始まり
デイヴィッド・ドイッチュ 熊谷玲美(訳) 田沢恭子(訳) 松井信彦(訳)
未 読
リンク
1
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
星渉
未 読
リンク
2
amazon 世界最先端の戦略がわかる
amazon 世界最先端の戦略がわかる
成毛眞
未 読
リンク
3
スモール・スタート あえて小さく始めよう
スモール・スタート あえて小さく始めよう
水代優
未 読
リンク
発酵を通して人類の文化や謎を紐解くカルチャー本 『発酵文化人類学』
発酵を通して人類の文化や謎を紐解くカルチャー本 『発酵文化人類学』
2017.11.10 update
リンク
AI後の未来、技術的失業の波があなたを襲う
AI後の未来、技術的失業の波があなたを襲う
2016.03.24 update
リンク