勝間式超コントロール思考

未 読
勝間式超コントロール思考
ジャンル
著者
勝間和代
出版社
アチーブメント出版 出版社ページへ
定価
1,200円 (税抜)
出版日
2019年02月04日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
勝間式超コントロール思考
勝間式超コントロール思考
著者
勝間和代
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
アチーブメント出版 出版社ページへ
定価
1,200円 (税抜)
出版日
2019年02月04日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.5
本の購入はこちら
レビュー

「コントロール」という言葉を聞くと、他人を思い通りに支配するようなネガティブなイメージを抱くかもしれない。しかし、「コントロール」の定義を、「自分も他人も大事にしつつ、時間やお金を効率的に使いながら、自分のイメージ通りに物事を進める方法」と捉えてみるとどうだろうか。誰もがそのように生きたいと思うに違いない。

経済評論家のかたわら幅広い分野で活躍し、「まれにみる超コントロール思考の持ち主」といわれる勝間和代氏。本書は、仕事、お金、健康、人間関係、家事、娯楽の6つの観点から、どのように人生をコントロールしていけばいいかを、勝間氏が具体的な事例とともに解説した一冊だ。

ポイントは、コントロールの範囲を広げ、裁量権を持つことである。近年はIT化が進み、インターネットが自由に使え、様々な最新機器が生まれている。それらをもっと有効活用すれば、仕事や生活全体をより自分らしいものにでき、ストレスが減る。さらには、人生の満足度もますます上がるだろう。

会社勤めをしていると、自分自身の裁量では決められず、会社にコントロールされていると感じているかもしれない。しかし、自分の発想と行動次第で変えられる部分は必ずある。まずは目の前の仕事から始めてみてはどうだろうか。そこから少しずつコントロール範囲を広げ、人生の舵をちゃんと自分で取ろう。

山下あすみ

著者

勝間 和代(かつま かずよ)
経済評論家。株式会社監査と分析 取締役。中央大学ビジネススクール客員教授。1968年東京生まれ。早稲田大学ファイナンスMBA、慶應義塾大学商学部卒業。アーサー・アンダーセン、マッキンゼー・アンド・カンパニー、JPモルガンを経て独立。少子化問題、若者の雇用問題、ワークライフバランス、ITを活用した個人の生産性向上など、幅広い分野で発言を行う。なりたい自分になるための教育プログラム「勝間塾」を主宰するかたわら、麻雀のプロ資格取得、東京・五反田にセミナールーム&キッチンスタジオ『クスクス』をオープンするなど、活躍の場がさらに拡大中。最近では、テレビや雑誌で専門知識をフル稼働させた節約法や、自身の体験と研究からの家事、家電選びのアドバイスが人気。『勝間式食事ハック』(宝島社)、『勝間式超ロジカル家事』(小社)など、著作多数。

本書の要点

  • 要点
    1
    自分で自分の生活をコントロールできるようになると、毎日がイメージ通りに進み、楽しく過ごせるようになっていく。
  • 要点
    2
    選択肢が多いほどコントロールできる範囲が広がる。世の中の仕組みに関する知識を得ると、選択肢も広がる。知識獲得に誰よりも貪欲となって、情報を集めよう。
  • 要点
    3
    仕事のパフォーマンスを最大化する方法は、仕事の領域や環境を整え、自らが仕事内容をデザインし、コントロールすることだ。同じく人間関係を主体的にデザインすれば、ストレスフリーに過ごせる。

要約

【必読ポイント!】 なぜ「超コントロール思考」が必要なのか

主体的に生きるための「超コントロール思考」

「超コントロール思考」とは何か。これは、自分も他人も大事にしつつ、時間やお金を効率的に使いながら、自分のイメージ通りに物事を進め、よりよい結果を生み出そうとする発想だ。

主体的であることやコントロール思考の重要性は、様々な自己啓発書や心理学の本で説かれてきた。主体的な生き方とは、自分がコントロールできることを増やし、人生の舵を自分でしっかりと取れる生き方を示す。

コントロールできない要素が多ければ、たとえ高給の仕事だとしても、「やらされ感」があり、つまらなく感じてしまう。とりわけ大企業では、仕事が細分化されているため、長期間、裁量権が狭い仕事をするケースが多い。しかし、そうした環境下でもコントロールは可能だ。「仕事の内容を変える」「仕事の締め切りを変える」など、自分のできる範囲で実践してみると、だんだんとコントロールできる幅が大きくなる。

仕事のパフォーマンスを最大化する方法は、自ら仕事内容をデザインし、成果の出しやすい環境を整備することである。プライベートも同様に、人間関係を主体的にデザインすれば、ストレスフリーに過ごせるだろう。

コントロール力は鍛えられる
ElNariz/gettyimages

超コントロール思考の持ち主になるにはどうすればいいのか。一つ目は、「選択肢を広げる」ことだ。自分が今どのような可能性を持っているかを常に広い視野で考え、できることを確認するようにしたい。そのうえで、現代のテクノロジーを駆使すると、自らがとれる選択肢も広がる。

二つ目は、「知識を得る」ことだ。インターネットの登場により、現代では情報格差が縮まっている。コントロールの要になるのはさまざまな情報から得る知識だ。知識があればあるほど選択肢が広がり、コントロールの範囲は広がる。

超コントロール思考の土台は「情報収集への貪欲さ」である。多様なネットワークや情報網を通じて情報を手に入れると、ますますコントロール力も鍛えられる。

仕事をコントロールする

裁量権は年単位で広げる

仕事をコントロールするうえでのポイントは、自ら裁量権を持って働けるかどうかだ。具体的には、「毎日数分単位でいいので徐々に自分の裁量権を広げていく」ことだ。どんな状況下でも、どんな上司のもとでも、能動的に仕事をデザインしていけば、年単位や10年単位で見ると、将来の裁量権が変わっていく。

同時に、個々人が持つリソースのうち、2割、できれば3割の「余裕率」をしっかりと確保しておきたい。余裕がないとありとあらゆるコントロール権が失われ、「仕事にコントロールされてしまう状態」に陥ってしまうからだ。

難易度が高い「女性の仕事コントロール術」
thomasandreas/gettyimages

現代では、働きながら家事や子育てをしている女性が多い。仕事の分量を自らコントロールする必要性がますます高まっている。結婚、出産というライフイベントを迎えるもっと前から、余裕率を加味して仕事のスケジュールをたてるのが望ましい。

自分の能力や希望だけでなく、どこでどのように働けばより良く生きられるかという視点で仕事を選択しよう。女性は理不尽な性差別を受ける可能性も高い。そのため、「どういう職場で誰と働くか?」に関しては、積極的にコントロールする必要がある。

「何をやるか」より「いつやるか」

効率よく成果を出すためには、その仕事を「いつやるか」も考えなければならない。自分の集中力とやる気のピークがいつ来るのかを、見直すとよいだろう。自分のピークや睡眠サイクルがわかれば、それに合わせて仕事を調整することで、より快適に結果を出せるようになる。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

あたりまえを疑え。
あたりまえを疑え。
澤円
未 読
リンク
伝達の整理学
伝達の整理学
外山滋比古
未 読
リンク
即動力
即動力
田村淳
未 読
リンク
ささいなことに動揺してしまう敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本
ささいなことに動揺してしまう敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本
みさきじゅり
未 読
リンク
人生は攻略できる
人生は攻略できる
橘玲
未 読
リンク
The San Francisco Fallacy
The San Francisco Fallacy
ジョナサン・シーゲル 飯田諒(訳)
未 読
リンク
勉強大全
勉強大全
伊沢拓司
未 読
リンク
仕事と人生がうまく回り出すアンテナ力
仕事と人生がうまく回り出すアンテナ力
吉田将英
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
Think right
Think right
ロルフ・ドベリ 中村智子(訳)
未 読
リンク
2
稼ぐ人の「超速」文章術
稼ぐ人の「超速」文章術
中野巧
未 読
リンク
3
LIFESPAN(ライフスパン)
LIFESPAN(ライフスパン)
梶山あゆみ(訳) デビッド・A・シンクレア マシュー・D・ラプラント
未 読
リンク

イチオシの本

「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
【〈連載〉レッツ・ビジネスワークアウト第1回】 「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
2020.09.22 update
リンク
今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
【〈連載〉大人の教養シリーズ 第1回】 今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
2020.09.15 update
リンク
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
2020.09.14 update
リンク
出版社のイチオシ#037
出版社のイチオシ#037
2020.09.11 update
リンク

インタビュー

戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
2020.09.04 update
リンク
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
2020.07.22 update
リンク
ポストコロナライフの未来予測
ポストコロナライフの未来予測
2020.07.15 update
リンク
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
1
Think right
Think right
ロルフ・ドベリ 中村智子(訳)
未 読
リンク
2
稼ぐ人の「超速」文章術
稼ぐ人の「超速」文章術
中野巧
未 読
リンク
3
LIFESPAN(ライフスパン)
LIFESPAN(ライフスパン)
梶山あゆみ(訳) デビッド・A・シンクレア マシュー・D・ラプラント
未 読
リンク
出版社のイチオシ#004
出版社のイチオシ#004
2018.09.14 update
リンク
自分を成長させる最強アイテム、PDCAノートとは?
自分を成長させる最強アイテム、PDCAノートとは?
2017.07.05 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『勝間式超コントロール思考』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る