The San Francisco Fallacy
起業家を殺す10の迷信

未 読
The San Francisco Fallacy
ジャンル
著者
ジョナサン・シーゲル 飯田諒(訳)
出版社
ナンバーナイン
定価
1,620円
出版日
2019年03月13日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
The San Francisco Fallacy
The San Francisco Fallacy
起業家を殺す10の迷信
著者
ジョナサン・シーゲル 飯田諒(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
ナンバーナイン
定価
1,620円
出版日
2019年03月13日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

スタートアップの拠点として不動の地位を築いてきたサンフランシスコ。世界中の野望に満ちた起業家たちがこの地をめざすのはなぜなのか。理由は簡単。「みんながそこで戦っているから」だ。さも憧れのスタートアップ業界の一員になったかのような優越感を味わえる。しかし、このように周囲に流されることこそ、「サンフランシスコファラシー(サンフランシスコの迷信)」だという。

起業家にはこうしたさまざまな「迷信」がつきまとう。迷信というのは、徐々に積み重なって私たちの思考に根づいてしまっているものを指す。著者は20年もの間テクノロジー業界で戦い、現在はエンジェル投資家としてスタートアップを支援している。そのなかで、起業家の「失敗」の共通項を見出したという。「テクノロジーが全てを解決してくれる」「失敗を念頭に入れたプロジェクトは失敗する」など。名づけて「起業家を殺す10の迷信」だ。

著者の山あり谷ありの起業ストーリーを追体験しながら、迷信にとらわれず、いかに成功確率を上げるかという10の教訓を学べるのが本書だ。綺麗ごとは一切なし。堀江貴文氏が「これは、実践者のみぞ知る『起業の教科書』だ」と推奨するのも頷ける。

「起業なんてしないから私は対象外」。そう思った方も、まずは1章だけでも読んでほしい。本書が単なる起業の成功法でなく、人生のあらゆる局面で活かせる「哲学」を語ったものであることがわかり、夢中で読み進めてしまうだろう。読後には、困難に立ち向かうための思考力という、人生の重要な「武器」を得られているはずだ。

松尾 美里

著者

Jonathan Siegel(ジョナサン・シーゲル)
RightCart、RightSignature、RightScale創業者。SaaS企業の成長、買収などのイグジットを支援するXenon Venturesの会長を務める。Ruby on Railsでのコンサル業を展開するELC Technologiesを創業から2010年にPriceGrabberのKamran
Pourzanjaniに買収されるまで10年にわたり経営した。サイドビジネスとしてアメリカ西海岸のアイリッシュパブ「Brendan’s」を創業。「大事なことは自分でやれ」というマントラに従い、不動産ブローカーの資格、連邦航空局認可の資格、ヘリコプターパイロット免許、ジェット機パイロット資格などを取得。サンタバーバラ、ラスベガス、ダブリン、東京での居住経験があり、妻と9人の子どもがいる(2019年3月1日時点)。

本書の要点

  • 要点
    1
    「テクノロジーの迷信」に陥らないためには、「テクノロジーですべて解決できる」という思いこみを捨てる必要がある。
  • 要点
    2
    素早く大胆な決断を行うには、チームの各メンバーが平等に会社の株をもてばうまくいくという「民主主義の迷信」にとらわれないことが重要だ。
  • 要点
    3
    「投資の迷信」に陥らないためには、資金調達を受けず、できるだけ長く事業を存続させるとよい。
  • 要点
    4
    アイデアを重視する「アイデアの迷信」に陥ってはいけない。起業を成功させるためには、アイデアを実行する力が欠かせない。

要約

テクノロジーの迷信

テクノロジーですべて解決できる?
g-stockstudio/gettyimages

恐ろしいほど発生確率が高く、あらゆる産業の賢い起業家たちを陥れてきた10の迷信。本要約では、そのなかから「テクノロジーの迷信」「民主主義の迷信」「投資の迷信」「アイデアの迷信」を取り上げて紹介する。

まずは、サンフランシスコに最も蔓延している、「テクノロジーの迷信」だ。新しい創造にはテクノロジーが一番大事で、技術さえしっかり磨けば、結果はおのずとついてくる。こう思いこむことは、完全な間違いである。

著者のジョナサンがそれを痛感したのは、16歳の頃にポルノ掲示板制作に携わったときのことだ。当時は電気通信の一昔前。地元のBBSへの接続は無料でも、遠くのBBSへの接続は高価だった。ジョナサンはそのギャップをついた「シェアウェアブローカー」というビジネスを手掛けた。遠くのBBSからソフトウェアをダウンロードし、地元のBBSで月額課金と引き換えにそのソフトウェアを提供するモデルだ。

ジョナサンは、昼夜問わず自分が運営するBBSのユーザー分析に勤しんだ。しかし、期待した収入は得られなかった。同様のモデルで年間120万ドルもの収益を稼ぎだしていたBBSは、じつのところ大量のアダルト画像の販売で収益を上げていたのである。

その後ジョナサンは、最新技術を備え、まともなデザインで、画像のレパートリーを豊富にし、BBSを再出発させた。1000人ほどの課金者数獲得を見込んだが、6週間後に獲得できたのは、わずか十数人程度。それは、ユーザーがクレジットカードで課金できず利便性に欠けていたからだ。こうして「テクノロジーの迷信」の落とし穴に、二度もハマってしまったのである。

勝つのは「市場にリーチできたプロダクト」

「素晴らしいテクノロジーを使ってプロダクトをつくれば、素晴らしい事業に直結する」。この考えは大間違いだ。事業とは、顧客が求めているものを提供することである。テクノロジーは、顧客が解決したい課題を解決するための「手段」にすぎない。

多くの企業はテクノロジー開発に資金を注ぎ、セールスやマーケティングにはほんの少しの資金しか回さない。創業間もない10名ほどのスタートアップでは、9人のエンジニアに1人のセールスという構成が多い。しかし、これではテクノロジーにばかりフォーカスしてしまう。

背景には、アイデア勝負で企業が次々に倒産した「ドットコムバブル」がある。この反動でテック系スタートアップは、プロダクト開発に命を懸けるようになった。

テクノロジーの迷信に陥らないようにするには、「テクノロジーですべて解決できる」という思いこみを捨てるのが一番だ。決してマーケティング戦略を忘れてはいけない。なぜなら優れたプロダクトが勝つのではなく、市場にリーチできたプロダクトが勝つからだ。

まずは、そのプロダクトが求められているかどうかを検証すべきである。検証自体は、テクノロジー開発と比べて安価で済ませられるのだから。

【必読ポイント!】 民主主義の迷信

チームワークが大事なら、株式は均等に分けるべき?
Mukhina1/gettyimages

「民主主義の迷信」、それはチームで仕事をし、各メンバーが平等に会社の株をもてばうまくいくという考えだ。もちろん事業が好調なときは問題ない。しかし、責任や権力に平等を求めすぎた挙句、意思決定が惑わされるケースは多い。

この事実をジョナサンが身をもって学んだのは、友人のサムとクリスとともにスタートアップを運営していたときだ。サムは名目上CEOだったが、三人は平等に会社の株を保有しており、協力し合って会社を経営しようと決めていた。めざすのは、革新的な3Dの軍事戦略シミュレーションゲームを開発し、PCゲーム産業の新境地を開くことだった。

ジョナサンらは20時間労働の日々を続けた。だが、より長い開発期間が必要になり、資金調達のためのプロトタイプを準備しなければならなくなった。そこでカリフォルニア中の投資家に会い、見事、12人の投資家から合計9万ドルの資金調達に成功。しかし、どれだけ開発の人数を増やしても、資金が底をつく前に3Dゲームの開発は終わらないことが判明した。それなら、まずはデモ用につくった2Dゲームをリリースしてはどうか。ジョナサンの提案に、CEOのサムが反対した。しかし、3人で多数決をとることになり、結局は2Dゲームを先にリリースすることとなった。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
The San Francisco Fallacy
The San Francisco Fallacy
起業家を殺す10の迷信
著者
ジョナサン・シーゲル 飯田諒(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
ナンバーナイン
定価
1,620円
出版日
2019年03月13日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
The San Francisco Fallacy
未 読
The San Francisco Fallacy
ジャンル
起業・イノベーション
著者
ジョナサン・シーゲル 飯田諒(訳)
出版社
ナンバーナイン
定価
1,620円
出版日
2019年03月13日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

東京大田区・弁当屋のすごい経営
東京大田区・弁当屋のすごい経営
菅原勇一郎
未 読
リンク
即動力
即動力
田村淳
未 読
リンク
勝間式超コントロール思考
勝間式超コントロール思考
勝間和代
未 読
リンク
しょぼい起業で生きていく
しょぼい起業で生きていく
えらいてんちょう
未 読
リンク
人生は攻略できる
人生は攻略できる
橘玲
未 読
リンク
サンデル教授、中国哲学に出会う
サンデル教授、中国哲学に出会う
マイケル・サンデル ポール・ダンブロージョ(編著) 鬼澤忍(訳)
未 読
リンク
勉強大全
勉強大全
伊沢拓司
未 読
リンク
ゼロは最強
ゼロは最強
TAKAHIRO
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
CLASS ACT
CLASS ACT
安積陽子
未 読
リンク
2
プレゼンの語彙力
プレゼンの語彙力
下地寛也
未 読
リンク
3
繁栄のパラドクス
繁栄のパラドクス
クレイトン・M・クリステンセン エフォサ・オジョモ カレン・ディロン 依田光江(訳)
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

『余命3年 社長の夢』
【書店員のイチオシ】 『余命3年 社長の夢』
2019.07.18 update
リンク
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【ライフ関連企業編】
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【ライフ関連企業編】
2019.07.16 update
リンク
親が子どもに贈りたい本5冊
親が子どもに贈りたい本5冊
2019.07.15 update
リンク
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 』
【書店員のイチオシ】 『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 』
2019.07.10 update
リンク

Interview
インタビュー

映画化記念! AI研究者が語る「女の機嫌の直し方」
【インタビュー】 映画化記念! AI研究者が語る「女の機嫌の直し方」
2019.06.21 update
リンク
令和時代の最強スキル、「考える力」を身につけるには?
【インタビュー】 令和時代の最強スキル、「考える力」を身につけるには?
2019.06.13 update
リンク
「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
【インタビュー】 「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
2019.05.20 update
リンク
人生という「ゲーム」を攻略するには?
【インタビュー】 人生という「ゲーム」を攻略するには?
2019.04.25 update
リンク
1
CLASS ACT
CLASS ACT
安積陽子
未 読
リンク
2
プレゼンの語彙力
プレゼンの語彙力
下地寛也
未 読
リンク
3
繁栄のパラドクス
繁栄のパラドクス
クレイトン・M・クリステンセン エフォサ・オジョモ カレン・ディロン 依田光江(訳)
未 読
リンク
新社会人、なにを読むか迷ったらとりあえずこれ!
新社会人、なにを読むか迷ったらとりあえずこれ!
2018.04.11 update
リンク
立川流真打ちが語る、いま必要な「巻き込まれ力」とは?
立川流真打ちが語る、いま必要な「巻き込まれ力」とは?
2017.12.15 update
リンク