CLASS ACT
世界のビジネスエリートが必ず身につける「見た目」の教養

未 読
CLASS ACT
ジャンル
著者
安積陽子
出版社
定価
1,750円 (税抜)
出版日
2019年03月14日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
CLASS ACT
CLASS ACT
世界のビジネスエリートが必ず身につける「見た目」の教養
著者
安積陽子
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,750円 (税抜)
出版日
2019年03月14日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
3.5
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

ニューヨークには、世界中のビジネスパーソンが集まってくる。彼らはいつチャンスが舞い込んでもいいよう、常に自分自身を万全の状態にし、目指す地位に相応しい「見た目」をしている。「見た目」とはつまり、「身だしなみ」「装い」「振る舞い」の3つだ。

一方、われわれ日本人は、こういったセルフ・ブランディングがあまり得意ではない。そんな日本のビジネスパーソンに対して「見た目」の変革を提案し、成功へと導いてくれるのが本書である。

ビジネスパーソンの「見た目」には、自分自身が投影されている。たとえばあなたは、なんとなく選んだスーツを着ていないだろうか。著者は、洋服や持ち物を無意識に選ぶのではなく、そのアイテムの背景やストーリー、自分のポリシーなどを語れるようにしておかなければならないという。

本書の特徴は、身だしなみや装いに加え、ビジネスエリートとしてあるべき振る舞いを指南してくれるところだろう。本書によると、商談において相手の心を開かせるには、「クローズド」な動作ではなく「オープン」な動作をする必要があるという。具体的な例を挙げると、ペンを持ちながら話すのではなく、相手に資料を渡し、それに何かを書き込んでもらうことで、相手の心を開かせることができるそうだ。

手厳しい指摘もあるが、著者の優しい思いが行間に感じられ、素直に自己改革してみようという気持ちにさせられる。読者への配慮に富んだ解説や助言からもまた、著者の優れた「振る舞い」を感じさせる一冊だ。

松田 義人

著者

安積 陽子(あさか ようこ)
一般社団法人
国際ボディランゲージ協会代表理事

アメリカ合衆国シカゴに生まれる。ニューヨーク州立ファッション工科大学でイメージコンサルティングの資格を取得後、アメリカの政治・経済・外交の中枢機能が集中するワシントンD.C.にて、大統領補佐らを同窓に非言語コミュニケーションを学ぶ。そこで世界のエリートたちが政治、経済、ビジネスのあらゆる場面で非言語コミュニケーションを駆使している事実を知る。
2005年からニューヨークのImage Resource Center of New York社で、エグゼクティブや政治家、アナウンサー、文化人、実業家らを対象にニューヨーク最新のインプレッション・マネジメント(印象管理)のトレーニングを提供。2009年に帰国し、Image Resource Center of New Yorkの日本校代表に就任。2016年、一般社団法人国際ボディランゲージ協会を設立。表情や姿勢、仕草から相手の心理を正しく理解し、人種、性別、性格を問わず、誰とでも魅力的なコミュニケーションがとれる人材を育成するために、非言語コミュニケーションのセミナー、研修、コンサルティング等を行なう。
著書に『NYとワシントンのアメリカ人がクスリと笑う日本人の洋服と仕草』(講談社+α新書)がある。

本書の要点

  • 要点
    1
    ビジネスで成功するには、仕事における実力だけでなく、外見上の印象を高めることもまた重要だ。自分の装いや振る舞いを通じて自分がどういう人間かを一瞬で伝えられる、「セルフ・ブランディング」のスキルを身に付けよう。
  • 要点
    2
    スーツ姿には、その人のことが透けて見える。ルールを守り、年齢や職業、立場に合ったスーツを選ぶことが大切だ。
  • 要点
    3
    商談など、相手と対面する場では「クローズド」な動作ではなく、「オープン」な動作をしよう。「オープン」な動作は、相手から好意を抱かれやすい。

要約

【必読ポイント!】 自己変革を促す「みだしなみ」

セルフ・ブランディングが成功を左右する
Shooter_Sam/gettyimages

世界におけるビジネスや文化の中心地であるニューヨーク。そこには1日数億ドルもの大金を動かすようなビジネスエリートが数多く存在する。だが、そうしたエグゼクティブたちは、必ずしももともと裕福な家庭に生まれたわけではない。血のにじむような努力を重ね、差別や困難をも乗り越えて、現在の地位へと辿り着いているのだ。

著者はそんなニューヨークにおいて、ビジネスパーソンや政治家を対象とした「イメージコンサルタント」として、クライアントの外見上の印象を向上させるためのアドバイスを行なっている。ビジネスで成功するには、仕事における実力だけでなく、外見上の印象を高めることもまた重要であるからだ。

日本人はしばしば、見た目と役職が一致しないと評される。役職にふさわしいイメージを作れていないばかりに過小評価されてしまうのは、非常にもったいないことだ。

そんな日本人が成功するためのカギは「セルフ・ブランディング」にある。要するに、「自分の装いや振る舞いを通して、自分がどういう人間かを一瞬で伝えられる」スキルだ。セルフ・ブランディングの意識を持つ人と持たない人の差は、今後ますます広がっていくだろう。

口臭対策

本書の第1章では、「身だしなみ」として、口臭対策やスキンケア、頭皮ケア、散髪のコツなどが紹介されている。要約ではそのうち、口臭対策とスキンケアの2つを取り上げる。

日本を訪れた外国人のうち、なんと72%が「日本人の口臭が気になった経験がある」と回答しているという。日本人は体臭がきつくないため、口臭対策を怠っている人が多いのだろう。今すぐ意識を変えるべきだ。

口内を清潔に保つためには、少なくとも次の3つを習慣づけよう。

1つ目は、食後の歯磨きである。できれば電動歯ブラシを使い、歯石や食べ残しをしっかり取り除く。ペン型のものを選べば、外出先でも気軽に使える。

2つ目は、歯磨き後のデンタルフロスだ。歯ブラシで落ちる汚れはたった6割といわれている。歯の隙間に挟まった食べ残しを除去するには、デンタルフロスを使うとよい。たった1分で見違えるようにきれいになるはずだ。

3つ目は、口内乾燥対策だ。1日あたり1.5リットルから2リットルの水分を摂ることで、口内の乾燥を防ぐ。特に緊張すると口が渇きがちなので、普段から水分を多めに摂り、口内の潤いを保つようにする。

以上の3つが最低条件だ。歯科医院で定期的にデンタルケアをすることも必要だが、まずはこの3つを習慣化させよう。

スキンケア
Wako Megumi/gettyimages

「顔立ちは整っているが、肌の状態が悪い人」と「顔立ちは良くないが、肌がキレイな人」を比べた場合、どちらの評価が高いか。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
CLASS ACT
CLASS ACT
世界のビジネスエリートが必ず身につける「見た目」の教養
著者
安積陽子
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,750円 (税抜)
出版日
2019年03月14日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
3.5
応用性
4.0
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
CLASS ACT
未 読
CLASS ACT
ジャンル
スキルアップ・キャリア
著者
安積陽子
出版社
PHP研究所 出版社ページへ
定価
1,750円 (税抜)
出版日
2019年03月14日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

すべては「好き嫌い」から始まる
すべては「好き嫌い」から始まる
楠木建
未 読
リンク
死ぬ瞬間の5つの後悔
死ぬ瞬間の5つの後悔
ブロニー・ウェア 仁木めぐみ(訳)
未 読
リンク
「アンコンシャス・バイアス」マネジメント
「アンコンシャス・バイアス」マネジメント
守屋智敬
未 読
リンク
プレゼンの語彙力
プレゼンの語彙力
下地寛也
未 読
リンク
裏・読書
裏・読書
手塚マキ
未 読
リンク
成功する起業家は「居場所」を選ぶ
成功する起業家は「居場所」を選ぶ
馬田隆明
未 読
リンク
「カッコいい」とは何か
「カッコいい」とは何か
平野啓一郎
未 読
リンク
繁栄のパラドクス
繁栄のパラドクス
クレイトン・M・クリステンセン エフォサ・オジョモ カレン・ディロン 依田光江(訳)
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

今年こそやってみたいこと、ありませんか?
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
2020.01.20 update
リンク
資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
【書店員のイチオシ】 資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
2020.01.17 update
リンク
「ピンチをチャンスに変える」方法『会社を潰すな!』
「ピンチをチャンスに変える」方法『会社を潰すな!』
2020.01.07 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年1月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年1月号)
2020.01.06 update
リンク

Interview
インタビュー

落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
2020.01.10 update
リンク
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
2019.12.23 update
リンク
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
2019.12.17 update
リンク
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
「東大の過去問を解いた!」という達成感、最高。
「東大の過去問を解いた!」という達成感、最高。
2017.12.08 update
リンク
親なら知っておきたい「子供が算数につまずく理由」
親なら知っておきたい「子供が算数につまずく理由」
2017.05.11 update
リンク