成功する起業家は「居場所」を選ぶ

最速で事業を育てる環境をデザインする方法
未読
日本語
成功する起業家は「居場所」を選ぶ
成功する起業家は「居場所」を選ぶ
最速で事業を育てる環境をデザインする方法
未読
日本語
成功する起業家は「居場所」を選ぶ
出版社
定価
1,980円(税込)
出版日
2019年04月15日
評点
総合
4.0
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
4.5
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

起業やイノベーションに関する情報は世の中にあふれている。にもかかわらず、起業でうまくいかない人が絶えないのはなぜか。それは知識やノウハウ以外に、成否を分ける要素があるからではないだろうか。

東京大学にて200以上のプロジェクトを支援してきたアクセラレーターの著者は、そうした仮説のもとに、起業を取り巻く「環境」に注目した。最速で事業を育てる環境をデザインするには? 行動科学・社会学・心理学・経営学などのエビデンスをベースに、そのポイントをまとめあげたのが本書である。そのため、実効性の高さはお墨付きだ。

本書が想定している読み手は次のような人たちだ。起業家、またはこれから起業したいと考えている人、そして、自社の企業文化を変えたいと思っている人たちである。とはいえ、優れたビジネス書の例にもれず、本書も、上記に該当しないビジネスパースンにも役立つ普遍的な着想と知恵に満ちている。また、携帯電話向けソフトウェア開発で著名な伝説の起業家・鎌田富久氏と著者との対談も、読み応え満点だ。

本要約では、特にこれから起業をしようという初心者を想定して、環境の「選び方」をメインに紹介する。著者の願いは、最終的には一人ひとりが環境の担い手として、環境を育てていく側にまわってほしいというものだ。新しい事業を生み出す立場になるのなら、起業の成功確率を高めるための秘訣を読まない手はない。

ライター画像
しいたに

著者

馬田 隆明(うまだ たかあき)
University of Torontoを卒業後、日本マイクロソフト株式会社に入社。『Microsoft Visual Studio』のプロダクトマネジャーやMicrosoftの最新技術を伝えるテクニカルエバンジェリストなどを務めた後、スタートアップの支援を行う。2016年6月より東京大学 産学協創推進本部にて学生や研究者のスタートアップ支援活動に従事し、学業以外のサイドプロジェクトを行う『東京大学 本郷テックガレージ』や、卒業生・現役生・研究者向けのスタートアップのインセプション(起点)プログラム『東京大学 FoundX』でディレクターを務めている。著書に『逆説のスタートアップ思考』(中央公論新社)がある他、スタートアップ関連の情報発信を積極的に行っている。

本書の要点

  • 要点
    1
    本書は「自ら環境を創り出し、環境によって自らを変えよ」という考え方を提示する。
  • 要点
    2
    まずは優れた環境に飛び込んでみるとよい。起業家にとって適した環境は、「4つのP」というフレームワークで考えられる。最適な場所(Place)と人(People)を選び、正しく訓練(Practice)をしながらその実践プロセス(Process)を整備することが大事だ。
  • 要点
    3
    「自分の周りの環境を良くすることで自分自身を向上させる」という姿勢をもつことは、起業の成功確率を高めてくれる。

要約

環境から始める

本書が提案するコンセプト
Rawpixel/gettyimages

本書が提案するのは、「起業して成功するために環境を変えてみよう」というコンセプトだ。これは、「自ら環境を創り出し、環境によって自らを変えよ」という言葉に集約できる。

もちろん、最初から自ら環境を創り出せる人は多くない。したがって、自らの足らないところや弱さを認めたうえで、まずは優れた環境に飛び込んでみるとよい。その後うまく行けば、後から続く人たちのために優れた環境を創る側にまわってほしい、というのが著者の願いだ。

そうしたことを念頭におけば、起業とは、自分たちの事業によって良い会社や社会という環境を創り、多くの人たちに居場所を提供することだと定義できるだろう。

4つのP

環境を変えるとは、タイトルにもあるように、まず「自分の居場所」を変えることである。くわえて、目的に合わせて環境を育てていくことで、各自の中に眠る創造性や実行力を刺激するという意味も含まれる。これらは「運を上げる」ことにもつながる。

では、起業家にとって最適な環境はどのようなものなのか。それを深堀りするために、環境を次の「4つのP」に分けて考えていく。

・Place:どこでやるか?

・People:誰とつながるか?

・Practice:どう訓練するか?

・Process:どう仕組みを作るか?

本書の主張は、最適な場所(Place)と人(People)を選び、正しく訓練(Practice)をしながらその実践プロセス(Process)を整備しよう、というものだ。

【必読ポイント!】 環境を選ぶ

Place:直面する課題を解消してくれる場所
Sladic/gettyimages

著者は、東京大学のある文京区本郷に引っ越した。この経験も踏まえて、「住む場所を変える」ことを提案している。引っ越しは、一時的に金銭的コストが発生するものの、一回実行すれば、変化への継続的な意思を持つ必要がない。

見逃せないのは、起業で直面する問題は、場所が解消してくれるというケースだ。選ぶポイントとして、「起業家のつながりができる」場所というのが挙げられる。それは特定の地域の場合もあれば、コミュニティの場合もある。著者が提供しているような、起業家支援のプログラムに参加してみるというのも、居場所を変える一手段となる。他の起業家が物理的に近くにいることの効果は見逃せない。

起業前であれば、スタートアップで働いてみるとよい。起業後のイメージを具体化できるうえに、共同創業者が見つかるかもしれない。何より、先輩起業家の近くで働くことが、起業の「代理体験」となり、起業家として成功できるという自信を高める効果がある。また、すでに起業していても、一定期間他のチームとオフィスをシェアして一緒に働くなど、さまざまな手が考えられる。

創造性を育むうえでは、役割が明確ではない「マージナルな場所」こそが重要となる。シリコンバレーの起業物語でよく耳にする「ガレージ」も、マージナルな場所に類似している。使用のルールがなく、人の出入りが自由で、ものが散乱していても問題ない。そのため、実験に適しており、多くの発明が生まれやすい場所だ。

People:起業家の力を引き出す人の存在

「あなたは、あなたの周りにいる最も近しい人5人の平均だ」という。この言葉のとおり、大きく環境を変えたいのなら、思い切って付き合う人を変えてみるとよい。

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
裏・読書
裏・読書
手塚マキ
未読
繁栄のパラドクス
繁栄のパラドクス
クレイトン・M・クリステンセンカレン・ディロン依田光江(訳)エフォサ・オジョモ
未読
資本家マインドセット
資本家マインドセット
三戸政和
未読
余命3年 社長の夢
余命3年 社長の夢
小澤輝真
未読
凡人起業
凡人起業
小原聖誉
未読
すべては「好き嫌い」から始まる
すべては「好き嫌い」から始まる
楠木建
未読
「カッコいい」とは何か
「カッコいい」とは何か
平野啓一郎
未読
全員経営者マインドセット
全員経営者マインドセット
吉田行宏
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様