凡人起業

35歳で会社創業、3年後にイグジットしたぼくの方法。
未読
日本語
凡人起業
凡人起業
35歳で会社創業、3年後にイグジットしたぼくの方法。
未読
日本語
凡人起業
出版社
CCCメディアハウス

出版社ページへ

定価
1,650円(税込)
出版日
2019年03月28日
評点
総合
3.8
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

起業家と聞くと、「やりたいことを追求するキラキラした人」「成功できるのは、エリートか天才的な才能をもつ人」というイメージを抱く読者も少なくないだろう。これに対し、本書で語られるのは、そうしたイメージとは真逆の、「凡人」による起業ストーリーである。

凡人とは、三日坊主、誘惑に弱い、心配性などの特徴をもった、普通の人のことを指す。ただし、凡人とは「無知の知」を自覚した謙虚な人でもある。著者自身は自分が凡人であるという強い自覚から、それを強みに変えて、コツコツと事業を軌道に乗せてきた。本書では、凡人の特徴を強みに変えた「凡人なりの戦い方」、地に足のついた起業をするメソッドを紹介している。

今後、新しい事業を生み出す人材は、既存の大企業にとっても重宝される。さらには、凡人が起業しやすい環境が整いつつあるというのも、凡人起業の追い風になっているという。「だれでも起業に挑戦できる」。こんな強いメッセージを発信している点でも、本書は他の起業本とは一線を画している。

会社員としてキャリアを積んできた読者も、著者や「凡人起業家」の先輩たちの経験談を読むことで、自分なりの強みを整理し、それを活かして起業する方法を、スピーディーに学べる。「自分に自信がないが起業に憧れを抱いている」という読者にとっては、夢への一歩を踏み出すための強力な武器を得られるにちがいない。

ライター画像
菅谷真帆子

著者

小原 聖誉(おばら まさしげ)
起業家・エンジェル投資家、株式会社StartPoint代表取締役。1977年生まれ。98年、大学在学中に起業家のインターンに参加したことでベンチャー企業の経営を間近で見る機会にめぐまれ、「やがては自分も起業しよう」と考えるきっかけとなった。2013年、株式会社AppBroadCast創業。起業を意識してから15年が経っていた。ABC社ではスマホゲームのマーケティング支援事業を独自のフレームワークに基づいて展開。徹底して凡人であることを前提に経営したことで、立ち上げたメディアは2年で400万ダウンロードを超えた。創業して3年目の2016年、大手通信会社グループに同社をバイアウト。現在は自らの創業経験をもとにIT起業の支援・投資活動を行っている。

本書の要点

  • 要点
    1
    凡人起業で大事なのは、いかに失敗しないかである。そのためにはやりたいことを追求するよりも、負けないことに注力するのがよい。
  • 要点
    2
    凡人起業の3原則は、「成長市場に参入する」「その道のプロになる」「仕事に集中する仕組みをつくる」の3つである。
  • 要点
    3
    30代からの起業では失敗が許されない。過去の経験を活かすためにも、まずは自分を認め、強みを棚卸しして、事業のアイデアを生み出すことが重要となる。

要約

【必読ポイント!】 凡人なりの戦い方

先行者になる

著者によると、「凡人には凡人なりの起業の仕方がある」という。自分には強みが特にない、凡人だという自覚があるならば、逆にこの特徴を凡人なりの戦い方に転嫁できる。自分を優秀だと思うがゆえに、自分のやり方に固執して失敗する起業家は多い。そこで、凡人なりの戦い方を徹底すれば、起業家になれる可能性が充分ある。

著者は学生時代、ITベンチャーでインターンとして働いていた。そこで、当時最先端であったiモードの携帯アプリ検索サービスを開発した。拡大しているインフラ向けのサービスを手掛けることで、営業をしなくても問い合わせが次々に舞い込んでくる。いわゆる先行者利益を得た。

この経験から著者は、「つくりたいものをつくるよりも、時代に乗ることのほうが大切」という教訓を得た。時代の流れに乗れば、たとえ人脈がなくても、「お客様窓口」からでも売り込める。このように、凡人起業の成功の秘訣は、「成長市場で誰よりも先にやること」なのだ。

失敗しない方法論
Deagreez/gettyimages

著者がIT業界で起業したのは、大きな資金が不要だからだ。例えば飲食業ならば、良い立地の物件を借りるためにお金がいる。しかし、信用がなければ融資も受けにくい。さらには、設備投資なども必要となり、ひとたびお店を開くと、常連がつくのに時間がかかる。このように、飲食業は条件や制約が多い業種なのである。

一方、ネットサービスのビジネスは24時間365日営業できるうえに、設備投資も不要だ。そのため素人でも始められる。サービス開始後にコツコツ修正ができれば、確実に伸びる起業方法である。自分にアピールする強みがない場合は、ネットサービスのように、勝てなくても工夫次第で「負けづらい手段」をとるとよい。

凡人起業で大切なことは、「いかに失敗しないか」である。まずは、拡大市場において、たたき台を早くつくることだという。完成度は8割でよいので、「これでいける」というものを世に出すのだ。その後、すばやくPDCAを回すことで、戦略的にその市場での先行者になれる。

コツコツやる仕組みをつくる

自分が凡人だと自覚していた著者が重視したのは、失敗確率を下げる仕組みをつくり、その中に自分を置くことだ。これにより、三日坊主な自分を律するというわけだ。

著者が起業する半年前は、iPhoneに比べてAndroidの市場が小さい時期だった。そこで、AndroidというニッチなOS・プラットフォームでビジネスをしようと決めたのだ。

それを念頭に、毎日Androidに関する情報を発信した。特定の業界について毎日発信していると、自然とその分野で専門家になれ、周囲から次第に喜ばれるようになる。こうすると、発信が楽しくなり、コツコツ続けられる。

また、毎日続けることは信用にもつながる。信用がなければビジネスは続かない。こうしたコツコツやる取り組みは、会社員のうちから実践できる。せっかくなら、自分の強みや経験が活かせて、かつ今後拡大・成長しそうな市場で情報発信を積み重ねるとよい。何かの領域のプロになれば、会社がなくなっても、社外から声がかかる可能性が高まるからだ。

起業しやすい現代

ビジネスをつくれる人材の重要性
Peshkova/gettyimages

日本の経済力は低下する一方だ。30年前の世界での時価総額ランキングでは、日本の企業が名を連ねていた。だが、現在では、上位20位に日本企業は一社も入っていない。

また、人口減少が進み、平均年齢が若い国との間に生産年齢人口の差ができている。人口が減れば国力が減り、日本語圏内でのビジネスは縮小する。この流れの中では、既存のパイを取り合うより、新たなパイをつくるビジネスが重要となる。

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
成功する起業家は「居場所」を選ぶ
成功する起業家は「居場所」を選ぶ
馬田隆明
未読
思い邪なし
思い邪なし
北康利
未読
資本家マインドセット
資本家マインドセット
三戸政和
未読
社長の条件
社長の条件
冨山和彦中西宏明
未読
ランキングのカラクリ
ランキングのカラクリ
谷岡一郎
未読
全員経営者マインドセット
全員経営者マインドセット
吉田行宏
未読
仕事に効くオープンダイアローグ
仕事に効くオープンダイアローグ
鈴木隆
未読
データ・ドリブン・エコノミー
データ・ドリブン・エコノミー
森川博之
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様