横浜イノベーション!
開港160年。開拓者の「伝統」と、みなとの「みらい」

未 読
横浜イノベーション!
ジャンル
著者
内田裕子
出版社
定価
1,600円 (税抜)
出版日
2019年09月10日
評点
総合
3.3
明瞭性
4.0
革新性
3.0
応用性
3.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
横浜イノベーション!
横浜イノベーション!
開港160年。開拓者の「伝統」と、みなとの「みらい」
著者
内田裕子
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,600円 (税抜)
出版日
2019年09月10日
評点
総合
3.3
明瞭性
4.0
革新性
3.0
応用性
3.0
本の購入はこちら
レビュー

「今、横浜と日本に必要なのはイノベーションだ」「横浜の経済、ひいては日本経済に刺激を与えたい」――本書は「みなとみらい21」という都市開発プロジェクトを主軸に据え、横浜という都市の歴史を紐解くものである。前半部では横浜村の干拓・開発から、横浜港の開港、造船業による経済成長といった歴史をエッセイ風に紹介。後半部は一転、舞台を現代に移し、横浜に拠点を構える企業や、横浜市長へのインタビューを掲載している。

横浜人は一般に「進取の気質を持つ」「横浜港の開港以来、新しいものを受け入れる文化を持つ」と言われることが多い。だが果たしてそれは本当であろうか。今の横浜にイノベーションは起きているのだろうか。横浜人は本当にオープンマインドなのだろうか。

横浜で活動を行なってきた著者は、現代の横浜に対して以下のように警鐘を鳴らしている。「豊かで成功体験が大きい都市であるだけに、横浜の人々にとって、危機感を持つことは容易ではない。百歩譲って危機感を持っていたとしても、どのようにイノベーションを起こせば良いのかわからないという人も多くいることだろう」。これは横浜にとどまらず、かつて急激な経済成長と安定の時代を経験した後、ゆるやかな人口減少、経済的衰退を始めている日本の各都市においても言えることである。

地域創生や地方経済の振興、都市開発やまちづくりの歴史に興味がある方は、本書に記された横浜の歴史のなかから、大切なヒントを見つけることができるかもしれない。

狩野 詔子

著者

内田 裕子 (うちだ ゆうこ)
玉川大学文学部芸術学科卒業後、大和証券に入社。トレーダーを経験後、広報部へ異動。同社の社内TV放送 『大和サテライト』のキャスターに抜擢され、マーケット情報や経営者・アナリストとの対談番組へ多く出演する。2000年より経済ジャーナリストとして活動を始める。テレビ朝日『サンデープロジェクト』の経済特集チームで取材活動をした後、BS日テレ『財部ビジネス研究所』に出演。老舗企業の経営者にインタビューする「百年企業に学べ」を担当。2015年4月~2019年3月までテレビ神奈川『神奈川ビジネス Up To Date』にメインキャスターとして出演した。現在、BSイレブン『財部誠一の異見拝察』に出演中。経営者のインタビューを得意とし、上場企業から中小企業、ベンチャー企業まで規模、業種を問わない。講演講師、モデレーター、上場企業の社外取締役も務める。現在、横浜市港湾審議委員。師匠は経済ジャーナリストの先駆者である財部誠一。叔父は出版界の革命児と呼ばれたKKベストセラーズ創業者である岩瀬順三。
主な著書に、『三越伊勢丹モノづくりの哲学』(共著・PHP新書)、『負けない投資』(PHPビジネス新書)などがある。

本書の要点

  • 要点
    1
    半農半漁の寒村であった横浜は、11年に及ぶ埋め立て工事を経て開拓された。
  • 要点
    2
    黒船とともに来訪したペリーら米国の使節を迎えるために横浜港が開かれた。これに伴い、東海道へ繋がる道が整備され、外国人や日本各地の大商人が横浜に集うようになり、横浜は貿易拠点として発達していった。
  • 要点
    3
    明治時代には横浜港に船渠が築かれ、造船事業が多くの雇用を生み、横浜の経済を成長させた。
  • 要点
    4
    横浜の成功の背景には、外からやってきた人々の貢献があった。新たに拓かれた土地であることが、これらの人々を受け入れ、多様な文化が混じる要因となった。

要約

「みなとみらい」ができるまで

横浜市の新都心「みなとみらい」
SeanPavonePhoto/gettyimages

「みなとみらい21(通称・みなとみらい)」とは、横浜市の沿岸部にある新都心の名称である。総面積は186ヘクタールあり、そのうち76ヘクタールは新たに埋め立てられた土地だ。かつての海岸線よりも沖合にあたる地区には、イベント会場として知られる「パシフィコ横浜」を擁している。

みなとみらいの特徴は、官民連携で新都心開発が行われたという点だ。三菱地所が保有する「三菱重工横浜造船所」があった土地に加えて、横浜市の「国鉄清算事業団」の土地、横浜市とUR住都公団が所有する「新しく埋め立てられた土地」の3つの土地が、みなとみらいには含まれている。

みなとみらいは今でこそ、デザイン性の高いオフィスビルや、高級マンションが立ち並ぶラグジュアリーな景観を備え、憧れの念をもって見られている。しかしかつては造船所と、港に荷揚げされた物資を運ぶ貨車の引き込み線があるのみで、昼も夜も金属音が鳴り響き、溶接の火花が激しく飛び散る地域であった。

英国人パーマーが手掛けた横浜港

明治時代に「富国強兵」と「殖産興業」という標語を掲げ、国の近代化を進めていた日本政府は、欧米から技術を学ぶために多くのエンジニアを招聘した。日本が短期間のうちに近代化を成し遂げた背景には、優秀な外国人エンジニアの貢献があった。

この時代、戊辰戦争で新政府側を支援していた英国と日本は、特に友好的な関係にあった。英国人のヘンリー・スペンサー・パーマーは、イギリスの植民地であったインド、カナダ、ニュージーランド、香港などに赴任した後、1883年に日本にやってきた。

神奈川県はパーマーに横浜上水道建設を任せ、約40kmに及ぶ水道工事を成功させた。そのパーマーが横浜上水道の次に着手したのが、横浜港の整備である。

造船業で生み出された雇用

パーマーは「港湾の発達には、船の修繕所や倉庫など、港に付随する設備の充実が不可欠である」と主張した。これを受けて日本の資本主義の父とも言われる渋沢栄一や、横浜の財界人たちが横浜船渠(せんきょ)を1891年に設立した。後の三菱重工横浜造船所である。船渠とは、またの名をドックともいい、船舶の製造、修理などに際して用いられる設備のことだ。

1894年に日清戦争、1904年に日露戦争が始まると、横浜船渠は船の修繕に加えて、造船事業を開始した。横浜船渠は海軍からの依頼を受け、多くの艦船の建造を担うこととなり、数千人の労働者が横浜で働くこととなった。現在の横浜港のシンボルであり、奇跡の幸運船と呼ばれる日本の貨客船「氷川丸」も、この造船所で生まれたものだ。

造船業は、戦前から戦後にかけて日本の基幹産業として日本経済を牽引した。それは横浜においても同様であった。三菱重工横浜造船所は多くの雇用を生み、横浜経済に力を与えた。

みなとみらいの開発と時代背景

一億総中流の時代
superwaka/gettyimages

1983年にみなとみらいの開発が始まった。この年は、すべての日本人が同じように豊かさを感じることができ、最も人々の経済格差が少なかった「一億総中流」の時代、その終わりの年であった。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
横浜イノベーション!
横浜イノベーション!
開港160年。開拓者の「伝統」と、みなとの「みらい」
著者
内田裕子
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,600円 (税抜)
出版日
2019年09月10日
評点
総合
3.3
明瞭性
4.0
革新性
3.0
応用性
3.0
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
横浜イノベーション!
未 読
横浜イノベーション!
ジャンル
産業・業界 政治・経済
著者
内田裕子
出版社
PHP研究所 出版社ページへ
定価
1,600円 (税抜)
出版日
2019年09月10日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

在野研究ビギナーズ
在野研究ビギナーズ
荒木雄太(編著)
未 読
リンク
麺の科学
麺の科学
山田昌治
未 読
リンク
グレタ たったひとりのストライキ
グレタ たったひとりのストライキ
マレーナ&ベアタ・エルンマン グレタ&スヴァンテ・トゥーンベリ 羽根由(訳)
未 読
リンク
風姿花伝  創造とイノベーション
風姿花伝 創造とイノベーション
道添進(編訳)
未 読
リンク
売り渡される食の安全
売り渡される食の安全
山田正彦
未 読
リンク
ロウソクの科学
ロウソクの科学
ファラデー 三石巌(訳)
未 読
リンク
津田梅子
津田梅子
大庭みな子
未 読
リンク
大分断
大分断
池村千秋(訳) タイラー・コーエン 渡辺靖(解説)
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
日本社会のしくみ
日本社会のしくみ
小熊英二
未 読
リンク
2
Think CIVILITY
Think CIVILITY
夏目大(訳) クリスティーン・ポラス
未 読
リンク
3
印象はしゃべらなくても操作できる
印象はしゃべらなくても操作できる
木暮桂子
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年12月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年12月号)
2019.12.01 update
リンク
『82年生まれ、キム・ジヨン』
『82年生まれ、キム・ジヨン』
2019.11.29 update
リンク
出版社のイチオシ#023
出版社のイチオシ#023
2019.11.22 update
リンク
令和を生き抜くビジネス力とは?
令和を生き抜くビジネス力とは?
2019.11.18 update
リンク

Interview
インタビュー

会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
「集中できない」現代人が求めている、理想的な読書環境とは?
「集中できない」現代人が求めている、理想的な読書環境とは?
2019.12.05 update
リンク
『ぼくはイエロー』執筆の裏側
『ぼくはイエロー』執筆の裏側
2019.11.25 update
リンク
世界最大のタブー、「トイレ問題」になぜ切り込めたのか?
世界最大のタブー、「トイレ問題」になぜ切り込めたのか?
2019.11.20 update
リンク
1
日本社会のしくみ
日本社会のしくみ
小熊英二
未 読
リンク
2
Think CIVILITY
Think CIVILITY
夏目大(訳) クリスティーン・ポラス
未 読
リンク
3
印象はしゃべらなくても操作できる
印象はしゃべらなくても操作できる
木暮桂子
未 読
リンク
東京オリンピックの前に「おもてなし」精神を振り返ろう! 『自分も相手も幸せになる最高の気遣い』
東京オリンピックの前に「おもてなし」精神を振り返ろう! 『自分も相手も幸せになる最高の気遣い』
2018.11.23 update
リンク
親なら知っておきたい「子供が算数につまずく理由」
親なら知っておきたい「子供が算数につまずく理由」
2017.05.11 update
リンク