アフターデジタル2 UXと自由

未 読
アフターデジタル2 UXと自由
ジャンル
著者
藤井保文
出版社
定価
2,420円(税込)
出版日
2020年07月23日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
アフターデジタル2 UXと自由
アフターデジタル2 UXと自由
著者
藤井保文
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
2,420円(税込)
出版日
2020年07月23日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

2020年、世界は新型コロナウイルスの混乱のただなかにある。社会のあらゆるものが変化し、我々は「新しい生活様式」を求められている。これに背中を押される形で大きく進んだのが、デジタル化である。仕事や会議がオンラインで行われることが当たり前の社会が、急遽到来した。

もちろん、社会のデジタル化は新型コロナ以前から進んでいた。モバイル決済やデリバリーフードアプリなど、これまでオフラインで行われていた生活行動は、オンラインに置き換わりつつある。本書で提唱される「アフターデジタル社会」では、「純粋なオフライン」が存在しなくなるのだという。オンラインはオフラインに浸透し、リアルはデジタルに抱合される。

アフターデジタル社会における最も大きな変化は、データの性質に起きている。従来の年齢や性別、職業などの「属性データ」から、ユーザーがどのような状況にいるかを示す「行動データ」へと重要性が移行し、それを活用するUX(User Experience)の充実が鍵となる、というのが著者の主張だ。

本書は『アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る』(日経BP)を現在の状況に合わせてアップデートしたものである。前著が手元にあればよりアフターデジタルへの理解が深まるが、本書から読み始めても十分ついていけるようになっている。

新時代の社会変革はすでに到来している。この厳しい世界を生き抜くために、すべてのビジネスパーソンに読んでほしい一冊だ。

池田明季哉

著者

藤井保文(ふじい やすふみ)
株式会社ビービット 東アジア営業責任者
1984年生まれ。東京大学大学院情報学環・学際情報学府修士課程修了。2011年ビービットにコンサルタントとして入社。2014年に台北支社、2017年から上海支社に勤務し、現在は現地の日系クライアントに対し、UX志向のデジタルトランスフォーメーションを支援する「エクスペリエンス・デザイン・コンサルティング」を行っている。2018年8月には『平安保険グループの衝撃―顧客志向NPS経営のベストプラクティス』(きんざい)を監修・出版。2018年9月からはニューズピックスにおいて、中国ビジネスに関するプロピッカーを務める。2019年3月に上梓した『アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る』(日経BP)が大ヒット。

本書の要点

  • 要点
    1
    すべてのオフラインはオンラインに包括される。純粋なオフラインは存在しなくなり、オンラインとオフラインの境界はなくなりつつある。
  • 要点
    2
    アフターデジタル社会での最も大きな変化は、属性データから行動データへの移行である。行動データはユーザーに最適なUX(User Experience)をもたらす。
  • 要点
    3
    データとテクノロジーが融合する社会は、ディストピアと隣り合わせである。民間企業の一つひとつが「善き精神」をもって行動しなければ社会発展が停滞する。

要約

アフターデジタル社会とは?

オフラインがレアな世界
gremlin/gettyimages

中国や米国、一部の北欧や東南アジアの国々ではすでに、もともとオフラインだった生活行動のすべてがオンラインで完了できるようになっている。キャッシュレス決済や食事のデリバリーサービス、配車サービスなどがその一例だ。そのオンラインデータは個人のIDと紐づけされ、膨大かつ高頻度で生まれる行動データとして利用可能である。日本もだんだんそうなっている。

鍵となるのは「行動データ」だ。行動データは顧客理解の解像度を上げ、付加価値の向上を可能にする。アフターデジタル社会では、行動データを利活用できない者は負けていく。

オンラインがオフラインに浸透すると、「純粋なオフライン」という状況が減っていく。アプリやSNSなどの純粋なオンライン接点だけでなく、IoT(モノのインターネット)などを活用したリアル融合型のオンライン接点が増加しているからだ。オフラインのリアルの世界は、オンラインのデジタルの世界よりも存在感が小さくなっていく。

これまでの日本のDX(デジタルトランスフォーメーション)は、「リアルを中心に据えてデジタルを付加価値と捉える」という姿勢に根差していた。「アフターデジタル」では、リアルとデジタルのこの主従関係を反転させて考えなければならない。

しかし、それはリアルが重要ではなくなるという意味ではない。感動的な体験や信頼の獲得などはリアルのほうが得意である。リアル接点は「今までよりも重要な役割を持つが、頻度はレアになる」のだ。「オンラインリアル」を考えることも重要である。オンラインでの顧客行動をリアル接点に活かせば、接客品質も高まる。リアル接点はデジタルによって強化されるべきものなのだ。

属性データから行動データへ

アフターデジタルの最も大きな社会変化は、属性データから行動データへの変化である。属性データでは顧客を「人」単位で大雑把に捉えていたのに対し、行動データでは人を「状況」単位で捉えられる。これにより、最適なタイミングで、最適なコンテンツを、最適なコミュニケーション方法で提供することが可能になる。これはビジネスにおける大きな転換点だ。年齢・性別などの属性ではなく、ある状況がどの程度の頻度・ボリュームで発生し、その状況でどれくらいのお金が使われるかで市場を規定する。これを本書では「状況ターゲティング」と呼ぶ。

状況ターゲティングで重要なのは、ユーザーの置かれた状況を把握してそれに対する解決策や便益を提供し、ユーザーとの接点を高頻度に保つことだ。これは商品販売型のビジネスでは難しいため、体験提供型ビジネスに優位性が移行していくことになる。ここで言う体験提供型ビジネスの代表例はサブスクリプションサービスだ。ただし、顧客の状況理解と定常的な価値提供につながっていることが大前提である。

オンラインとオフラインを一体として捉える
gremlin/gettyimages

アフターデジタル社会で成功する企業が共通して持つ思考法が、OMO(Online Merges with Offline)である。オンラインとオフラインを分けるのではなく、一体の「ジャーニー」として捉えるものだ。ジャーニーとは、人の行動・思考・感情などを見える化したものを指す。オフラインがなくなり始めている環境では、顧客はもはやオンラインかどうかの区別を意識していない。そのとき一番便利な方法を選んでいるだけだ。それにもかかわらず、多くの企業はいまだにオンラインとオフラインの事業を分けている。社会の現状と食い違ったビジネス構造になっているのだ。両者を区別せずに、一体の「ユーザージャーニー」として捉えることの重要性が高まっている。オンラインの競争原理でものを考えなくてはならない。

重要なのは、UX(User Experience)と行動データを掛け合わせることだ。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

ネットビジネス進化論
ネットビジネス進化論
尾原和啓
未 読
リンク
戦略コンサルタント 仕事の本質と全技法
戦略コンサルタント 仕事の本質と全技法
遠藤功
未 読
リンク
問いのデザイン
問いのデザイン
安斎勇樹 塩瀬隆之
未 読
リンク
わたしたちのウェルビーイングをつくりあうために
わたしたちのウェルビーイングをつくりあうために
渡邊淳司 ドミニク・チェン(監修・編著) 安藤英由樹(編著) 坂倉杏介(編著) 村田藍子(編著) 渡邊淳司(監修・編著)
未 読
リンク
アフター・ビットコイン2 仮想通貨vs.中央銀行
アフター・ビットコイン2 仮想通貨vs.中央銀行
中島真志
未 読
リンク
サーベイ・フィードバック入門
サーベイ・フィードバック入門
中原淳
未 読
リンク
経営戦略4.0図鑑
経営戦略4.0図鑑
田中道昭
未 読
リンク
ゼロからつくるビジネスモデル
ゼロからつくるビジネスモデル
井上達彦
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
タイムマネジメント大全
タイムマネジメント大全
池田貴将
未 読
リンク
2
本物の気づかい
本物の気づかい
井上裕之
未 読
リンク
3
「いそがない人」が、いい人生を送る
「いそがない人」が、いい人生を送る
斎藤茂太
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

今日は「世界難民の日」
今日は「世界難民の日」
2021.06.20 update
リンク
さあ、大人の学びの時間です!
さあ、大人の学びの時間です!
2021.06.18 update
リンク
生きやすくなるヒントは「古典」にあり
生きやすくなるヒントは「古典」にあり
2021.06.16 update
リンク
出版社のイチオシ#054
出版社のイチオシ#054
2021.06.11 update
リンク

インタビュー

〈対談〉その失敗、本当に異文化のせい?
〈対談〉その失敗、本当に異文化のせい?
2021.06.22 update
リンク
あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
2021.06.09 update
リンク
「攻めのDX」とコストゼロ時代の生き残り戦略
「攻めのDX」とコストゼロ時代の生き残り戦略
2021.06.04 update
リンク
自分軸はブレていい。理想のキャリアを手にする「転職2.0」とは?
自分軸はブレていい。理想のキャリアを手にする「転職2.0」とは?
2021.06.01 update
リンク
1
タイムマネジメント大全
タイムマネジメント大全
池田貴将
未 読
リンク
2
本物の気づかい
本物の気づかい
井上裕之
未 読
リンク
3
「いそがない人」が、いい人生を送る
「いそがない人」が、いい人生を送る
斎藤茂太
未 読
リンク
新しいことを学びたい!足りないのは時間?それともやる気?
新しいことを学びたい!足りないのは時間?それともやる気?
2021.06.21 update
リンク
出版社のイチオシ#050
出版社のイチオシ#050
2021.04.09 update
リンク
あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
2021.06.09 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『アフターデジタル2 UXと自由』をおすすめする

保存が完了しました

新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る