世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方

人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド
未読
日本語
世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方
世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方
人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド
未読
日本語
世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方
出版社
定価
1,694円(税込)
出版日
2020年05月28日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

「あなたの本当にやりたいことは何ですか?」と聞かれた時、あなたはすぐに自信を持って答えることができるだろうか。「やりたいことを仕事にしているか」と問われれば、答えられる人はさらに減るのではないだろうか。モヤモヤを抱えながらも、「本当にやりたいことをして食べていける人なんて一握り」と自分を納得させようとしてしまう。そんな覚えが自分にもある。

本書は、年間200人もの人の「やりたいこと探し」をサポートしている著者が、やりたいことを見つけるためのメソッドをまとめたものだ。著者の提案する「自己理解メソッド」は、「好きなこと」と「得意なこと」をかけ合わせて「やりたいこと」を探していく。私たちは、「やりたいこと」ではなく、「好きなこと」ならばすぐに挙げることができるかもしれない。それゆえに、「好きなこと」=「やりたいこと」のようにとらえて、「好きなこと」を仕事にしようと安易に考えてしまいがちになる。ここに落とし穴があるのだという。

本書のメソッドを使えば、誰もが終わらせたいと思いながらも、先延ばしにしてしまいがちな「やりたいこと探し」を今度こそ終わらせることができるかもしれない。自己理解メソッドでは見せかけのやりたいことで自分を誤魔化すのではなく、本当に自分のやりたいことに向き合うことを目指している。そして、そのステップは非常に論理的だ。本書とともに、自分を理解し、本当にやりたいことに夢中な生き方を始めよう。

著者

八木仁平(やぎ じんぺい)
株式会社Meee代表取締役。高知県生まれ。
早稲田大学卒業後すぐに独立したものの、お金以外の働く目的を見失って鬱状態に。
本当にやりたいことを見つけるため、独自の「自己理解」に取り組む。
その手法を発信し始めたところ、ブログは累計2600万PV。Twitterフォロワー数が24,000人超に。
全国から問い合わせが殺到し、年間200人がやりたいこと探しを終わらせ、夢中な自分で生きる仲間が広がっている。

本書の要点

  • 要点
    1
    やりたいこと探しにまつわる「5つの迷信」が、やりたいこと探しを妨げている。
  • 要点
    2
    著者の提案する論理的にやりたいことを見つけるための「自己理解メソッド」では、「やりたいこと」は「好きなこと」と「得意なこと」のかけ合わせであると定義している。ここに「大事なこと」を組み合わせることで、「本当にやりたいこと」になる。
  • 要点
    3
    「やりたいこと」を仮に決めたら、行動をする中で試行錯誤し、どんどん「本当にやりたいこと」に近づけていこう。

要約

やりたいこと探しを始める前に

やりたいこと探しを妨げる5つの迷信
dickcraft/gettyimages

著者の「自己理解メソッド」の説明をする前に、やりたいこと探しをする際に陥りがちな5つの間違いを取り除いておきたい。

最初の間違いは、やりたいことは「『一生続けられること」でなければいけない』と考えることだ。多くの人が100歳まで生きると言われ、社会の変化のスピードが上がっている中、一つのことに一生固執するのはむしろ危険だ。やりたいことは「今一番やりたいこと」でよいのだ。

次の間違いは、「やりたいことを見つけた時には『運命的な感覚』がある」というものだ。やりたいことは試行錯誤して育てていくものであって、天から与えられるようなものではない。やりたいことを見つけても最初は興味レベルなのだと知っておこう。

3つ目の間違いは、「『人のためになること』でないといけない」ということだ。自分を殺して人のために頑張ろうとするのは、単なる自己犠牲である。自分のやりたいことを続けていけば、それが結果として人のためにもなるのだ。

4つ目の間違いは、「見つけるには『たくさん行動する』しかない」ということである。やりたいことがわからないのは、多すぎる選択肢から選ぶ力がないということだ。そこに選択肢をさらに増やすような行動をしても、余計に混乱してしまう。やりたいことを見つけるには、自己理解するしかないのだ。

最後の間違いは「やりたいことが『仕事』にならない」という考えだ。やりたいことの実現手段は、やりたいことを探している段階で考える必要はない。やりたいことは自分の中にあるものだが、実現手段は自分の外側、社会の中にあふれている。実現手段を考えるのは、もっと先の話だ。

この5つの誤解が解けたならば、次はいよいよやりたいこと探しだ。

【必読ポイント!】 「自己理解メソッド」でやりたいことを見つけよう

好きなこと×得意なこと=やりたいこと
miya227/gettyimages

著者が提唱する「自己理解メソッド」は、「好きなこと」「得意なこと」「大事なこと」の3つを重要な柱としてすえている。

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
脳の強化書
脳の強化書
加藤俊徳
未読
科学がつきとめた「運のいい人」
科学がつきとめた「運のいい人」
中野信子
未読
はずれ者が進化をつくる
はずれ者が進化をつくる
稲垣栄洋
未読
5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本
5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本
ひきたよしあき
未読
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
越川慎司
未読
雑談の一流、二流、三流
雑談の一流、二流、三流
桐生稔
未読
世界最高の話し方
世界最高の話し方
岡本純子
未読
やめる時間術
やめる時間術
尾石晴(ワーママはる)
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様