エフォートレス思考

努力を最小化して成果を最大化する
未読
日本語
エフォートレス思考
エフォートレス思考
努力を最小化して成果を最大化する
未読
日本語
エフォートレス思考
出版社
かんき出版

出版社ページへ

定価
1,760円(税込)
出版日
2021年12月06日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

誰よりも長く働いている人がえらい。睡眠時間も、自分や大切な人のための時間も、すべてなげうって仕事に打ち込むべきだ。楽をすることは悪であり、誰しも常に、できるかぎりの努力をするべきだ――。このような価値観は、いまだに日本社会に深く根づいている。

だが、すべてのタスクに全力を注いでいたら、時間がいくらあっても足りない。私たちはすでに毎日へとへとになるまで頑張っているのに、これ以上どう頑張れと言うのだろう?

この問いに答えをくれるのが、本書の掲げる「エフォートレス思考」だ。著者は、40万部を突破した前作『エッセンシャル思考』で、本当に大事なことだけに集中しようと説いた。だが、削れるものをすべてそぎ落としてもなお、タスクは日々山積みで、疲労困憊の日々だったという。その経験から「やり方を変えるしかない」という気づきを得たそうだ。

著者によると、エッセンシャル思考は「何を」やるかを教えてくれるもので、エフォートレス思考は「どのように」やるかを極める技術だ。エフォートレス思考は、「エフォートレスな精神」「エフォートレスな行動」「エフォートレスのしくみ化」の3ステップでかなえられる。要約では、それぞれのステップのエッセンスを紹介した。

本書は、少ない努力で最大の成果を出す方法を教えてくれる。あらゆる分野で効率化が進んでいるのに、私たちはなぜ、人の「頑張り」を効率化してはいけないような気持ちになるのだろうか。楽をすることにうしろめたさを感じる人にとって、本書は生き方を180度変えてくれる一冊となるだろう。

ライター画像
千葉佳奈美

著者

グレッグ・マキューン(Greg Mckeown)
McKeown Inc. のCEO。アドビ、アップル、グーグル、フェイスブック、ピクサー、セールスフォース・ドットコム、シマンテック、ツイッター、VMWare、ヤフーなど名だたる企業のコンサルティングをおこなう。著書『エッセンシャル思考』は全米ベストセラーとなり、ニューヨーク・タイムズ紙やファスト・カンパニー誌、フォーチュン誌などで取り上げられたほか、NPRやNBCなどの有名メディアでインタビューを受けた。ハーバード・ビジネス・レビューやリンクトインに人気ブログを寄稿し、ポッドキャスターとしても人気が高い。世界経済フォーラムの「ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出された。

本書の要点

  • 要点
    1
    「楽をするのは悪いことだ」という思い込みを捨て、常に「どうやったらもっと楽になるか?」と考えよう。
  • 要点
    2
    あるポイントを超えると、努力の量は結果に結びつかなくなり、むしろパフォーマンスの低下を招く。
  • 要点
    3
    「直線的な成果」とは、ひとつのインプットがひとつのアウトプットを生むことだ。一方、一度努力するだけで何度も得られる成果を「累積的な成果」という。累積的な成果を生むしくみを作り、エフォートレスに成果が得られるようにしよう。

要約

【必読ポイント!】 エフォートレスな精神

頭のガラクタを片づけて、余裕のマインドを手に入れる

あなたの脳は、最適な環境のもとでは超高速に動く。その一方で、頭の中に不要な考えやダメな思考パターンが詰まっていると、最高のパフォーマンスが出せなくなってしまう。

コンピューターが重くなったら、不要なファイルや履歴を削除するだろう。同様に、脳のパフォーマンスが落ちているなら、頭の中に溜まった不要な情報を取り除き、エフォートレスな精神を取り戻す必要がある。

エフォートレスな精神は、心身の負荷がなく、頭がすっきりした状態だ。余計な考えにとらわれることなく今この瞬間に集中でき、やるべきことを余裕でこなせるようになる。

頑張れば成果が出るとはかぎらない
Petar Chernaev/gettyimages

重要な仕事は困難で、簡単な仕事は取るに足らないものだ――これは思い込みである。ほとんどの人が、苦労の価値を疑おうとしたことさえないかもしれない。しかし、何かが困難だと感じるのは、単にもっと簡単なやり方を見つけられていないからではないか?

人間の脳は本来、楽なほうを選ぶようにできている。わざわざ遠くのスーパーへ行くのではなく、目の前のコンビニで割高な商品を買う。食器をすぐに洗うのが面倒で、シンクに山積みにしてしまう――。こうした行動は、ヒトという種の保存を可能にしてきた。「どうすればもっと困難に食べ物を手に入れられるか?」と考えていたら、飢えで死んでしまうだろう。

だからもう、本能にあらがうのはやめよう。 「困難な仕事をなんとしてでもやり遂げてみせるぞ」と意気込むのではなく、「どうやったらこの仕事がもっと楽になるか?」と考えてみるのだ。そうすれば、面倒な問題が驚くほどシンプルに片づくはずだ。

逆境に打ち勝って偉大な成果を上げた人々の物語は、私たちを感動させる。その一方で、簡単に成功した人々もいることを忘れてはならない。まずは「楽をするのは悪いことだ」という思い込みを捨てることから始めよう。

「我慢」を「楽しい」に変える

誰しも、やらなくてはならないのに、やる気が出なくて先延ばしにしてしまうことがあるだろう。その一方で、やる必要はないのに、楽しくてついやってしまうことがあるはずだ。ならば、嫌なことを楽しいことに結びつけて、エフォートレスに実行できるようにしよう。

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
なぜかうまくいく人の「秘密の習慣」(ハンディ版)
なぜかうまくいく人の「秘密の習慣」(ハンディ版)
佐藤伝
未読
史上最高にわかりやすい説明術
史上最高にわかりやすい説明術
深沢真太郎
未読
超ファシリテーション力
超ファシリテーション力
平石直之
未読
Amazon Mechanism (アマゾン・メカニズム)
Amazon Mechanism (アマゾン・メカニズム)
谷敏行
未読
もしあと1年で人生が終わるとしたら?
もしあと1年で人生が終わるとしたら?
小澤竹俊
未読
やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ
やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ
大平信孝
未読
うまくいっている人の考え方 完全版
うまくいっている人の考え方 完全版
ジェリー・ミンチントン弓場隆(訳)
未読
できる30代は、「これ」しかやらない
できる30代は、「これ」しかやらない
松本利明
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様