新版 ハマトンの知的生活

未 読
新版 ハマトンの知的生活
ジャンル
著者
P.G.ハマトン 渡部昇一(訳) 下谷和幸(訳)
出版社
定価
1,870円(税込)
出版日
2022年03月10日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
新版 ハマトンの知的生活
新版 ハマトンの知的生活
著者
P.G.ハマトン 渡部昇一(訳) 下谷和幸(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,870円(税込)
出版日
2022年03月10日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
おすすめポイント

読書を嗜む人であれば、静かな書斎に籠もり、一日中書物と向き合って思索を深め、文章をしたためるような生活に憧れを抱くだろう。「知的生活」という言葉からは、そのようなイメージが湧き上がる。しかし、日々の生活に追われ、目まぐるしい変化への対応に急き立てられる現代社会では、なかなかそのような静かな生活を送るのは難しいと感じられるかもしれない。

本書の著者は、19世紀イギリスでその名をよく知られた文筆家である。時代背景が異なるため、本書で提示されるような「知的生活」も、現代では難しい優雅なものと思われることだろう。しかし、実践的な考え方や習慣の身につけ方が指南されている本書の記述は、今でも古びていない。例えば、本書は「知的生活」を論じる本なのに、まず身体の健康維持のための睡眠や食事、運動の大切さが主張されている。経験的な知見に基づくそれらの記述は、現代の科学的な知見に基づく知識に通ずる内容だ。「知的生活」とは、態度や価値観の問題だけでなく、実践的な問題でもあるのだ。他にも、時間の作り方や本の読み方、勉強の習慣づけの方法など、現代でも応用できるものがたくさんある。

カントやゲーテなど、過去の偉人のエピソードなども豊富に紹介されている。本書を読むこと自体も、教養を身につけるための一つの里程標となるだろう。

ライター画像
大賀祐樹

著者

P.G.ハマトン(Philip Gilbert Hamerton)
1834年、英国ランカシャ生まれ。画家、随筆家。知的生活論や伝記、美術評論などの著作を多数出版、英国有数の文筆家として名を馳せた。本書は『知的人間関係』『ハマトンの幸福論』とともに、人生案内書の三部作として知られる。いかに知力、精神力を高め充実した毎日を送るかについて余すところなく語っており、現代でも非常に評価が高い。明治以降、日本の旧制高校や大学の英語教科書などでさかんに使われてきた。

本書の要点

  • 要点
    1
    知的生活の真髄は、科学的であるとか、表現方法が完璧かとかではなく、常に程度の低い思考より高度な思考のほうを採ることにある。このような態度は、必ずしも知識量の多さに比例しない。
  • 要点
    2
    知的生活のためには、睡眠や食事に気を配った規則正しい生活習慣や、適度な運動で身体を動かすこと、休暇や娯楽で精神を休めることが必要である。
  • 要点
    3
    忙しい日々の中でも、自分にとって本当に必要な研究対象や本を取捨選択し、毎日2時間、規則正しく読書に集中することが、知的生活のために必要な時間活用術である。

要約

【必読ポイント!】 知的生活の真髄

人を知的にするのは知識の量ではない
Grafissimo/gettyimages

最高の教養を身につけるには永年の努力が必要だ。毎日、仕事に追われる時間の中からなんとか時間をひねり出す以上に、はるかに多くの時間を費やして努力せねばならない。しかし、どんな階層の人でも、男でも女でも、生まれながらにして大きな能力を備えた人は、知的と呼ぶにふさわしい考え方をするようになる。

知的生活の真髄は、科学的であるとか、表現方法が完璧かとかではなく、常に程度の低い思考より高度な思考のほうを採ることにある。このような態度は、必ずしも知識量の多さに比例しない。科学がほとんど進歩していなかった古代でも、知的に生きた人々が多くいた。人を知的にするのは知識の量ではなく、生き生きと、美しくものを考えることに喜びを感じる一種の徳なのだ。

知的に生きることとは、何かを成し遂げることであるより、高邁で純粋な真理を求める精神状態のことである。それは、より大きな真理とより小さな真理との間や、完全に正しいものと正しいと言ってよいものとの間で、常に毅然と高貴な選択をすることだ。

知的生活に必要な生活習慣

ドイツの哲学者・カントは健康維持の名人であった。夜に気持ちよく寝具にくるまっていると「自分より健康な人間がいるのだろうか」と、我が身の健康を喜んでいたのだという。

カントが健康だったのは、単に身体が丈夫であっただけでなく、自分の生活習慣に極度に注意していたことによる。それは、哲学者である自分の順調な知的生活には、順調な肉体の働きが不可欠だと知っていたからだ。

この続きを見るには...
この要約を友達にオススメする
一緒に読まれている要約
ケンブリッジ大学・人気哲学者の「不死」の講義
ケンブリッジ大学・人気哲学者の「不死」の講義
スティーヴン・ケイヴ 柴田裕之(訳)
未 読
リンク
HEALTH RULES ヘルス・ルールズ
HEALTH RULES ヘルス・ルールズ
津川友介
未 読
リンク
セレンディピティ 点をつなぐ力
セレンディピティ 点をつなぐ力
クリスチャン・ブッシュ 土方奈美(訳)
未 読
リンク
Notionで実現する新クリエイティブ仕事術
Notionで実現する新クリエイティブ仕事術
村上臣
未 読
リンク
14歳で“おっちゃん”と出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた「働く意味」
14歳で“おっちゃん”と出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた「働く意味」
川口加奈
未 読
リンク
自省録
自省録
マルクス・アウレーリウス 神谷美恵子(訳)
未 読
リンク
人生はゲームなのだろうか?
人生はゲームなのだろうか?
平尾昌宏
未 読
リンク
THE HOPE  50歳はどこへ消えた?
THE HOPE 50歳はどこへ消えた?
河合薫
未 読
リンク
今週の要約ランキング
1
適職の地図
適職の地図
土谷愛
未 読
リンク
2
精神科医Tomyの気にしない力
精神科医Tomyの気にしない力
精神科医Tomy
未 読
リンク
3
最高のリーダーは、チームの仕事をシンプルにする
最高のリーダーは、チームの仕事をシンプルにする
阿比留眞二
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
「働き方本」のテッパン3冊
「働き方本」のテッパン3冊
2022.11.29 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年10月~11月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年10月~11月)
2022.11.26 update
リンク
出版社のイチオシ#085
出版社のイチオシ#085
2022.11.18 update
リンク
「習慣術本」のテッパン3冊
「習慣術本」のテッパン3冊
2022.11.15 update
リンク
インタビュー
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
2022.11.28 update
リンク
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
2022.10.18 update
リンク
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
1
適職の地図
適職の地図
土谷愛
未 読
リンク
2
精神科医Tomyの気にしない力
精神科医Tomyの気にしない力
精神科医Tomy
未 読
リンク
3
最高のリーダーは、チームの仕事をシンプルにする
最高のリーダーは、チームの仕事をシンプルにする
阿比留眞二
未 読
リンク
ご飯がおいしい季節に知りたい!健康にもダイエットにも効く食事
ご飯がおいしい季節に知りたい!健康にもダイエットにも効く食事
2022.10.31 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
この要約をおすすめする
さんに『新版 ハマトンの知的生活』をおすすめする
保存が完了しました