なぜ、TikTokは世界一になれたのか?

未 読
なぜ、TikTokは世界一になれたのか?
ジャンル
著者
マシュー・ブレナン 露久保由美子(訳)
出版社
かんき出版 出版社ページへ
定価
1,980円(税込)
出版日
2022年07月19日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
なぜ、TikTokは世界一になれたのか?
なぜ、TikTokは世界一になれたのか?
著者
マシュー・ブレナン 露久保由美子(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
かんき出版 出版社ページへ
定価
1,980円(税込)
出版日
2022年07月19日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
おすすめポイント

ジャン・イーミン(張一鳴)は、世界的な動画アプリに成長した「TikTok」の運営会社バイトダンスの創業者だ。他のインターネット系コングロマリットと同様、バイトダンスはゲーム・教育・生産性向上・決済など、幅広いオンラインサービスを手掛けている。

本書はイーミンの半生と共にバイトダンスが成長した軌跡を辿っていく。「TikTok」が生まれた背景や欧米市場における絶大な人気の理由、中国市場で勝ち残る秘策、そしてイーミンの下した経営判断や競合他社の出方の当否など、多くを学べるだろう。

バイトダンスの核となる強みはレコメンド機能にある。ニュース、音楽、動画など今やさまざまなアプリで採用されるレコメンド機能の重要性と成長性をいち早く察知したイーミンは、トウティアオ、ドウイン、そしてTikTokという3事業にその技術を注ぎ込み、大きな成功を収めた。それらのサービスは互いに連関し合い、過去に築いた技術が母船のように新しいアプリをバックアップしている。経験から学んだことを自身のプロダクトに反映する学習性の高さとスピードに、要約者は舌を巻いた。

アプリ開発やITサービスの運営に携わる人はもちろん、起業家精神に富んだ方の学びにもつながる、刺激的な一冊だ。今やIT大国としての一面も見過ごせない、中国の躍動を感じられるだろう。

著者

マシュー・ブレナン(Matthew Brennan)
──中国のモバイルインターネット技術とイノベーションを専門とする作家で、世界各地で講演活動を行う。氏の意見は、ブルームバーグや『ウォール・ストリート・ジャーナル』、『エコノミスト』誌、BBC、『フィナンシャル・タイムズ』、『フォーブス』誌など、世界的なメディアで取り上げられている。数年前からは、氏の会社「チャイナ・チャンネル」が、世界的なブランド向けに、中国最大のウィーチャット・デジタルマーケティング会議を年に一度開催している。
──ブレナンはこれまでに、グーグルやテンセント、ウォルマート、ビザ、リンクトイン、ボストン・コンサルティング・グループなど、数々の一流企業で何度となくプレゼンテーションを行ってきた。イギリスのロンドン出身ながら、16年にわたって中国本土に活動の拠点を置いてきたため、流暢な中国語を話す。

本書の要点

  • 要点
    1
    イーミンは、さまざまな情報源から記事を集約する技術に可能性を見出した。その後、パーソナライズレコメンドの需要が確実に伸びると分析し、バイトダンスを創業する。
  • 要点
    2
    レコメンド機能はビックデータと機械学習を用いた機械主導のプッシュ型で、バイトダンスの中核をなす技術だ。この領域を軽視した他の大手プラットフォーマーを横目に、イーミンは大きな成功を収める。
  • 要点
    3
    新たな成長市場としてショート動画にターゲットを絞ったバイトダンスは「TikTok」を生み出し、欧米で広くシェアを持つミュージカリーを買収、さらに成長していく。

要約

バイトダンス草創期

ジャン・イーミンという若者
metamorworks/gettyimages

1983年、ジャン・イーミンは福建省西部の孔夫という地味な村で生まれた。幼少期から勉強熱心で自己改革を強く好む性格だった。

イーミンの思考を知る上で象徴的な出来事がある。社会人になって初めて北京でアパートを購入した際のエピソードだ。彼は北京の住宅市場に関するネット上の全データをアグリゲート(集約)するソフトウェアを作り、情報をデータベース化した。その後、エクセルを用いて全ての選択肢をランク付けし、最終的に自分にとってただ一つの最適解を見つけ出した。従来のやり方に満足せず、現状に懐疑的な一面が見て取れる。実際、購入した部屋の価格は1年後、2倍以上に高騰していた。

天津にある南開大学でソフトウェア工学を専攻したイーミンは、旅行業界のスタートアップ、マイクロソフト、ITベンチャー企業など数社にわたって経験を重ねた。その後、「ジウジウファン(九九房)」という不動産検索サイトを運営するベンチャーへCEOとして招き入れられる。

さまざまな業界の経験と検索エンジン、ソーシャルネットワークの運用に関する専門的知識を吸収したイーミンは、リーダーとしての能力を証明していく。不動産の売買では、新規の住宅開発や自治体の政策など、買い手も売り手も常に最新情報に触れる必要があると感じたイーミン率いるジウジウファンは、主要なニュースや不動産サイトから記事を集約するアプリを開発し人気を集めた。

この成功に可能性を見出したイーミンは、その技術を不動産業界以外でも活用すべきだと考え、ジウジウファンを去ると決意する。当時スマートフォンが急拡大する局面で、ユーザー一人ひとりに向けた「パーソナライズレコメンド」の需要は確実に伸びると分析していたためだ。

バイトダンス誕生

ベンチャーキャピタルに勤める友人を口説き、資金調達をクリアしたイーミンは早速自身の会社を設立した。バイトダンスだ。情報の単位である「byte(バイト)」が技術を、「dance(ダンス)」がリベラルアーツを示し、人文学と結びついた技術を表現している。

イーミンは、米中の主要なオンラインコンテンツを片っ端から調査し、上位にランクされる非ゲーム系のアプリの多くはエンターテインメントに集中していることに気付く。そこでバイトダンスも、まずはエンターテインメントで市場に割って入ることを決めた。

ジウジウファンでの経験を活かし、さまざまなアプリを立ち上げてはその機能を市場で迅速に検証していった。当時中国のアプリ開発は未発達で、その多くが大容量コンテンツをダウンロードする方式であり、スマホに向いていなかった。イーミンは「小さな画面」「断片的な時間」「情報過多」の3つを大きな課題に設定し、これを解決するプロダクトを考えた。

チームは、ネット上のさまざまなコンテンツを集約して整理するというビジョンを掲げ、ビックデータと機械学習を活用し、個々人に合ったフィードを提供する、人間の手を介さないアプリ構築に取り掛かった。

そこで生み出されたヒットアプリが「今日のヘッドライン」を意味する「今日頭条」だ。後に広く「頭条(トウティアオ)」として略されるようになる。トウティアオは、今では普及しているマイクロコンバージョンを最初期に導入したり、ネットの通信環境が悪くなる通勤時などを想定し解像度を落とした画像を用いたりして、優れたUX(ユーザー体験)で人々を魅了していった。

この続きを見るには...
この要約を友達にオススメする
一緒に読まれている要約
Believe It 輝く準備はできてるか
Believe It 輝く準備はできてるか
ジェイミー・カーン・リマ 森田理沙(訳)
未 読
リンク
仕事をつくる
仕事をつくる
安藤忠雄
未 読
リンク
わが息子よ、君はどう生きるか
わが息子よ、君はどう生きるか
フィリップ・チェスターフィールド 竹内均 (訳・解説)
未 読
リンク
SHOーTIME
SHOーTIME
ジェフ・フレッチャー タカ大丸(訳)
未 読
リンク
「ありがとう」の教科書
「ありがとう」の教科書
武田双雲
未 読
リンク
才能の科学
才能の科学
マシュー・サイド 山形浩生(訳) 守岡桜(訳)
未 読
リンク
最強知名度のつくり方
最強知名度のつくり方
西村誠司
未 読
リンク
3秒で勝負を決める ビジネスTikTok
3秒で勝負を決める ビジネスTikTok
堀越大樹
未 読
リンク
今週の要約ランキング
1
「僕たちのチーム」のつくりかた
「僕たちのチーム」のつくりかた
伊藤羊一
未 読
リンク
2
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
岡田尊司
未 読
リンク
3
オンライン脳
オンライン脳
川島隆太
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
「働き方本」のテッパン3冊
「働き方本」のテッパン3冊
2022.11.29 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年10月~11月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年10月~11月)
2022.11.26 update
リンク
出版社のイチオシ#085
出版社のイチオシ#085
2022.11.18 update
リンク
「習慣術本」のテッパン3冊
「習慣術本」のテッパン3冊
2022.11.15 update
リンク
インタビュー
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
2022.11.28 update
リンク
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
2022.10.18 update
リンク
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
1
「僕たちのチーム」のつくりかた
「僕たちのチーム」のつくりかた
伊藤羊一
未 読
リンク
2
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
岡田尊司
未 読
リンク
3
オンライン脳
オンライン脳
川島隆太
未 読
リンク
ご飯がおいしい季節に知りたい!健康にもダイエットにも効く食事
ご飯がおいしい季節に知りたい!健康にもダイエットにも効く食事
2022.10.31 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
2022.11.28 update
リンク
この要約をおすすめする
さんに『なぜ、TikTokは世界一になれたのか?』をおすすめする
保存が完了しました