激変する世界で君だけの未来をつくる4つのルール

未読
激変する世界で君だけの未来をつくる4つのルール
激変する世界で君だけの未来をつくる4つのルール
未読
激変する世界で君だけの未来をつくる4つのルール
出版社
定価
1,540円(税込)
出版日
2023年03月11日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

いま、世界はかつてないスピードで変化していると言っていいだろう。ここ数年に限っても、新型コロナウイルスの感染拡大やChatGPTの登場など、わたしたちの価値観や働き方、生き方を大きく変えた出来事がいくつも思い浮かぶ。

そんな時代を生きるわたしたちは、いったいどんな力を磨き、どちらの方向を向いて歩んでいけばいいのか――。本書はその問いに対するヒントをくれる。

著者の尾原和啓氏は、マッキンゼー・アンド・カンパニーでキャリアをスタートし、NTTドコモやGoogle、楽天などを経て、シンガポール、バリ島をベースにさまざまな発信活動を行っている。『モチベーション革命』や『アフターデジタル』、『どこでも誰とでも働ける』など、その著書のファンも多いだろう。

本書は、中高生をメインターゲットとし、激変する世界を生き抜くための4つのルールを紹介する本だ。この数十年の間、世界に起こった4つの変化を冒頭で示したあと、「激変する世界」を生き抜くための4つのルールが紹介されるという仕立てである。中高生にも想像しやすい、身近な例を挙げながら解説されているものの、中身は大人が読んでも滋味深いものとなっている。

お子さんといっしょに読んで意見交換するのはもちろん、同僚や友人と読書会をしたり、自分の人生を考えるベースにしたりするのも楽しいに違いない。学生からシニアまで、幅広い読者に届いてほしい一冊である。

著者

尾原和啓(おばら かずひろ)
1970年生まれのIT批評家。灘高等学校、京都大学を経て、京都大学大学院工学研究科応用システム専攻人工知能論講座修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーにてキャリアをスタートし、NTTドコモのiモード事業立ち上げ支援、リクルート(2回)、ケイ・ラボラトリー(現:KLab、取締役)、コーポレイトディレクション、サイバード、電子金券開発、オプト、Google、楽天(執行役員)の事業企画、投資、新規事業に従事。
経済産業省対外通商政策委員、産業総合研究所人工知能センターアドバイザー等を歴任。 現職は14職目。シンガポール、バリ島をベースに人・事業を紡ぐカタリストでもある。ボランティアで「TEDカンファレンス」の日本オーディション、「Burning Japan」に参加するなど、西海岸文化事情にも詳しい。
著書に『プロセスエコノミー』、『モチベーション革命』(幻冬舎) 、『どこでも誰とでも働ける』(ダイヤモンド社)など。小学生の頃は友だちがおらず、本や漫画ばかり読んでいた。趣味は各国の市場・屋台めぐり。高校生の子どもがいる。

本書の要点

  • 要点
    1
    人間関係において「他者になにかを与えること=ギブ」は非常に大切だ。中でもいちばん簡単にできるギブは「情報のギブ」である。
  • 要点
    2
    自分の意見は、常に人の意見と照らし合わせながら修正していくものだ。
  • 要点
    3
    「自立」とは、だれにも頼らず、1人で生きていくことではない。頼り頼られる仲間をつくり、所属するコミュニティを常に更新していくことだ。
  • 要点
    4
    ちがいを楽しめる人になれば、だれとでもチームを組めるだけでなく、激変する世界を楽しめる。

要約

【必読ポイント!】 ルール(1)与える人になろう

相手の視点でギブする

人間関係において「他者になにかを与えること」=「ギブ(GIVE)」は非常に大切だ。好意・信頼関係の入口には常にギブがある。だれでも、プレゼントを受け取ると、贈ってくれた相手に感謝の気持ちを抱き、相手のことを好きになるからだ。ギブするのはモノでもいいし、感謝や励ましの言葉でもいい。

ギブする際に大切なのは、相手の視点に立って考え、相手が欲しいものを贈ることである。相手が欲しいものをギブできると、相手は「この人は自分のことを考えてくれた」と感じ、好意と信頼の気持ちが生まれる。

ギブを通して成長する

あなたは、ショーウィンドウに並ぶ商品を見て「これ、あの人が好きそうだな」と足を止めることはあるだろうか。これこそ「相手の視点に立つ」ができている状態だ。

相手が喜ぶモノをギブしようとすると、自分の視野は自然と広がる。たとえばスイーツを好きではない人が、スイーツに目がない恋人の視点を手に入れるといったことだ。ギブはだれかを喜ばせるだけでなく、自分の世界を広げてくれる。

今すぐできる「情報のギブ」
ilona titova/gettyimages

いちばん簡単にできるギブは「情報のギブ」だ。友だちが数学の二次関数でつまずいているとき、「〇〇塾の授業動画、めちゃくちゃわかりやすかったよ」と紹介するといったことである。

もっと見る
この続きを見るには...
残り3204/3766文字
会員登録(7日間無料)

3,400冊以上の要約が楽しめる

要約公開日 2023.06.08
Copyright © 2024 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
忘却の整理学
忘却の整理学
外山滋比古
未読
「聴く」ことの力
「聴く」ことの力
鷲田清一
未読
自信をつける習慣
自信をつける習慣
内藤誼人
未読
私が語り伝えたかったこと
私が語り伝えたかったこと
河合隼雄
未読
こじらせない心の休ませ方
こじらせない心の休ませ方
保坂隆
未読
エレガントな毒の吐き方
エレガントな毒の吐き方
中野信子
未読
人材投資のジレンマ
人材投資のジレンマ
守島基博初見康行山尾佐智子木内康裕
未読
ゆるい職場
ゆるい職場
古屋星斗
未読
法人導入をお考えのお客様