朝イチの「ひとり時間」が人生を変える

未読
朝イチの「ひとり時間」が人生を変える
朝イチの「ひとり時間」が人生を変える
未読
朝イチの「ひとり時間」が人生を変える
出版社
定価
1,848円(税込)
出版日
2023年04月11日
評点
総合
3.5
明瞭性
3.5
革新性
3.5
応用性
3.5
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

イーロン・マスク、ジェフ・べゾス、ティム・クック。彼らの共通点は何か。1つ目は「成功者」であること、もう1つは「早起き」であることだ。彼らだけではない。成功者たちに早起きを習慣づけている人たちは驚くほど多い。

本書の著者もその一人である。著者は学生時代から現在まで朝4時30分起床を実践し、米国の司法試験に合格した。韓国に帰国して弁護士として働き始めてからも、本業と並行して動画制作や本の執筆などをして、自身の可能性を広げている。著者のYouTubeチャンネルは登録者数20万人、動画再生累計1000万回と、韓国で「早起きブーム」を巻き起こすほど話題となっている。

著者は明け方の時間を「人生のボーナスタイム」と呼んでいる。まだ気温も上がりきっておらず、周囲も静かな早朝に起きて自分の好きなことをする。買ってそのままになっている本を読んでもいいし、ウォーキングに出かけてもいい。誰にも邪魔されず思い思いに過ごせる早朝は、自分を取り戻せるボーナスのような時間なのである。

要約者も学生時代の試験前に、一週間だけ早朝勉強に挑戦したことがある。22時に就寝して翌朝4時に起床し、6時まで2時間勉強する。その甲斐あってか、その試験の結果は上々だったと記憶している。

著者は、早起きは毎日実践できなくても良いと言っている。そう思えば、少しはハードルも低くなるだろう。毎日を前向きに過ごしたい人、成功のきっかけをつかみたい人におすすめの一冊である。

著者

キム・ユジン
米国ニューヨーク州、ジョージア州2州の弁護士資格を持つ弁護士。韓国生まれ、ニュージーランド育ち。米国ミシガン州立大学で学士号を取得。エモリー大学ロースクールに進み、卒業後、難関である米国司法試験(BAR)への合格を果たす。学生時代から現在に至るまで、早朝に起き、時間を有効利用することで挫折を乗り越え、多くの目標を達成してきた。その早起きルーティンをYouTubeで公開したところ、累積アクセス数1000万、フォロワー20万人を獲得。韓国国内に「早起きブーム」を起こし、パワーインフルエンサーとなる。現在は韓国国内の大手企業で社内弁護士として活動中。

本書の要点

  • 要点
    1
    明け方は「人生のボーナスタイム」である。一日のほとんどが「運命に任せる時間」であるのに対して、早朝は「自分がコントロールする時間」だ。朝に自分だけの時間をつくることで、人生をがらりと変えることができる。
  • 要点
    2
    成功者たちは早朝に活動している。彼らにとって明け方は睡眠時間ではなく、活動時間なのである。
  • 要点
    3
    明け方起床のポイントは「何時に寝るか」にある。
  • 要点
    4
    前日の夜に、起きてから寝るまでのスケジュールを作成する。その際、自由に使える時間がどのくらいあるかを把握して、やることをリスト化しよう。

要約

【必読ポイント!】人生を変える「明け方起床」

朝4時30分の起床で人生が変わった

著者は米国でロースクールを卒業し、韓国に帰国した。そして就職して企業内弁護士として働き始めた。

夢にまで見た弁護士資格を取得し、希望の会社に合格して、意気揚々と社会人生活を始めたが、しばらくして自分の異変に気がついた。ここ数年は忙しかったから「頑張りすぎず、できるだけ休もう」と、できる限り睡眠や休息を取るようにしていた。それなのに、いくら休んでも疲れが取れない、むしろ休むほどに疲れが増してイライラが募っていくのだ。

そんなある日、明け方4時頃に目が覚めた。普段なら二度寝を試みるが、その日はポットのお茶を注いで椅子に座った。すると不思議な安心感に包まれて、ネガティブな思考や不安な気持ちが次々と浮かび上がってきた。それらを紙に書き留めて心の中を整理すると、その日は爽快な気分で過ごすことができた。

著者は翌日からもいつもより2時間早く起きるようになった。普段の生活に大きな変化はなかったが、一日を少し早く始めただけで、自分自身が劇的に変化した。心が軽くなり、ポジティブなエネルギーに満たされて、自信を持って働けるようになったのだ。

明け方は人生のボーナスタイム
banjongseal324/gettyimages

著者は明け方を「自分がコントロールする時間」、それ以外の時間を「運命に任せる時間」と呼んでいる。一日のうち自分の意思で使える時間はあまり多くない。しかし、世の中が寝静まっている明け方は、自分との約束を守りさえすれば、いつでも確保できる主体的な時間となる。

明け方の時間にはもう1つ良いことがある。それは何事にも集中できることだ。明け方は何かに邪魔されることがないだけでなく、よく眠った後のため、夜の時間よりもずっと元気でいられる。

明け方に起きるなんて無理だ、と思う人もいるだろう。しかし、一回でも明け方起床に成功すれば、そのメリットを実感できるはずだ。毎日でなくても、いつもより1時間早く起きるだけでもいい。たとえ短くても朝に自分だけの時間をつくることで、あなたの人生はがらりと変わる。あなた自身が主導権を握って、自分の人生を歩み始めることができるのだ。

もっと見る
この続きを見るには...
残り3395/4288文字
会員登録(7日間無料)

3,400冊以上の要約が楽しめる

要約公開日 2023.10.24
Copyright © 2024 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
人生をガラリと変える「帰宅後ルーティン」
人生をガラリと変える「帰宅後ルーティン」
リュ・ハンビン小笠原藤子 (訳)
未読
これからの生き方図鑑
これからの生き方図鑑
樺沢紫苑
未読
半分、減らす。
半分、減らす。
川野泰周
未読
仕事ができる人が見えないところで必ずしていること
仕事ができる人が見えないところで必ずしていること
安達裕哉
未読
メタ思考
メタ思考
澤円
未読
頭のいい人は「短く」伝える
頭のいい人は「短く」伝える
樋口裕一
未読
40歳で何者にもなれなかったぼくらはどう生きるか
40歳で何者にもなれなかったぼくらはどう生きるか
河合薫
未読
熟睡者
熟睡者
クリスティアン・ベネディクトミンナ・トゥーンベリエル鈴木ファストアーベント理恵(訳)
未読
法人導入をお考えのお客様