「嫌いな人」のトリセツ

人付き合いがラクになる37の習慣
未読
「嫌いな人」のトリセツ
「嫌いな人」のトリセツ
人付き合いがラクになる37の習慣
著者
未読
「嫌いな人」のトリセツ
著者
出版社
総合法令出版

出版社ページへ

定価
1,320円(税込)
出版日
2023年07月25日
評点
総合
3.2
明瞭性
3.0
革新性
3.0
応用性
3.5
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

アドラーは「人間の悩みはすべて、対人関係の悩みである」と言った。家族、友人、職場の同僚……多くの人との関係なしでは社会生活がままならないのだから、すべての悩みは人間関係が原因というのも納得だ。

もし、そんな大切な人間関係の中に、「苦手な人」が含まれているとしたらどうだろう。イライラが止まらないばかりか、不安や恐れを感じたり、自分のことが嫌になってしまったりするかもしれない。

本書の著者は、心理コンサルタントとして活躍する林恭弘氏だ。心理カウンセラーとしての経験を活かして「日常生活に実践的ですぐに使える心理学」を発信している。

本書では、身近にいる苦手な人との付き合い方を捉え直し、人付き合いをもっとラクなものにするための37の習慣が紹介されている。苦手な人とは、対峙するよりも、そそくさと逃げてしまいたくなるものだろう。しかし、逃げてばかりでは人間関係が広がらないし、いつまでも今の自分のままだ。ストレスが肥大化して、いつか爆発してしまうかもしれない。その一方で、苦手な人との関係が改善できるなら、ストレスは減り、人生がより豊かなものになるだろう。

あなた自身が変われば、人間関係は変わり、人生の景色も一変する。本書を読めば、苦手な人がいつしか、自分の人生に欠かせない存在になるかもしれない。

著者

林恭弘(はやし やすひろ)
ビジネス心理コンサルティング株式会社代表取締役。日本ビジネス心理学会参与。心理コンサルタント。日本メンタルヘルス協会特別講師。
幼児教育から企業を対象とする人事・教育コンサルタントの分野まで講演・研修会、セミナー、著作などにて幅広く活動。
「活力ある社会とやさしい家庭を創造する」をテーマに、日常生活に実践的ですぐに使える心理学を紹介する。
著書に『「落ち込みグセ」をなおす練習』『自分の気持ちを伝えるコツ50』『誰といても疲れない自分になる本』『世界一やさしい人間関係の教科書』(いずれも総合法令出版)などがある。

本書の要点

  • 要点
    1
    相手にイライラ・ムカムカするときは「私は正しい。間違っているあなたは異質だから、間違いを正す」ではなく「違いを埋めるよう、働きかける」という考え方にシフトすると、イライラをコントロールしやすくなる。
  • 要点
    2
    まわりの目を気にして“いい人”を演じようとすると、結局は自分自身を傷つけることになる。他人からの評価ばかり気にするのはやめて、自分のしたいことをしよう。
  • 要点
    3
    人間関係における「疑心暗鬼」は、相手とのコミュニケーション不足から生まれる。疑心暗鬼を募らせる前に、思い切って声をかけるべきだ。

要約

「苦手な人」に対する2種類の感情

「イライラする」と「怖い」

私たちの人生において、苦手な人は必ず現れる。それでも、苦手な人たちともうまく付き合っていかなければならないものだ。

苦手な人に対する感情は、大きく2つに分けられる。1つは「イライラする」「ムカつく」。もう1つは「怖い」「委縮してしまう」だ。

イライラの背景には「ペースが合わない」「価値観・常識が違う」「成熟度が違う」などがある。つまり、自分より弱い人に対しては、イライラすることが多い。

一方で「怖い」は、恐怖や不安、プレッシャーから生じる感情だ。自分よりも地位が高く、強い相手には「怖い」「委縮してしまう」という負の感情を抱きがちである。

ペースが合わない同僚

ここでは、ペースの違いにより「イライラ」を感じさせる事例を見てみよう。

職場改善会議に出席している吉村さんは、会議に関係のない話題ばかり持ち出し、会議参加者の集中力を削いでしまう「読めないクン」にイライラしている。この会議の趣旨が「違う部署の代表が集い、さまざまな視点からのアイデアを交換する」だからか、「読めないクン」がもはや若手とは言えない年齢だからか、誰も彼を叱れないのだ。

ペースが合わない「読めないクン」に、吉村さんは大いにストレスを感じている。

超・体育会系の上司
andreswd/gettyimages

次は、プレッシャーの対象として「怖い」相手と直面している事例だ。

武地さんはまったく別の業界から、ヘッドハンティングされて転職した。ところがそこには、驚くような世界が広がっていた。

朝礼では、大声で「おはようございます!」「いつもお世話になります!」「ありがとうございます!」と叫び続けなければならない。その間、課長は部下たちを「声が小さい!」「気持ちが入っていない!」などと叱咤激励している。歓迎会では「気合を入れて飲め!」と迫られるし、営業同行では、課長が場違いなセールストークを並び立てて空気を凍らせている。

課長の超・体育会系の指導が続き、武地さんは精神的に疲れてしまった。緊張状態が続き、毎朝の出社を憂うつに感じている。

イライラする相手への対処法

イライラの原因を知る

あなたが日常生活でイライラするとき、たいていは「ペースが合わない」「価値観・常識が違う」「成熟度が違う」の要素を含んでいるはずだ。たとえば、待ち合わせのたびに遅れてくる友達にイライラするのは、「友達といえども、約束は必ず守るべき」というあなたの常識とは違っているからだろう。

もっと見る
この続きを見るには...
残り1928/2943文字
会員登録(7日間無料)

3,400冊以上の要約が楽しめる

要約公開日 2024.01.07
Copyright © 2024 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
精神科医Tomyの人に振り回されない魔法の言葉
精神科医Tomyの人に振り回されない魔法の言葉
精神科医Tomy
未読
世界の今がわかる「地理」の本
世界の今がわかる「地理」の本
井田仁康(編著)
未読
小さなルーティン
小さなルーティン
福所しのぶ
未読
「推される部署」になろう
「推される部署」になろう
沢渡あまね
未読
イライラ・不安・ストレスがおどろくほど軽くなる本
イライラ・不安・ストレスがおどろくほど軽くなる本
内藤誼人
未読
自分らしく働くための39のヒント
自分らしく働くための39のヒント
田中美和
未読
ガチャガチャの経済学
ガチャガチャの経済学
小野尾勝彦
未読
人生の優先順位を明確にする 1分マインドフルネス
人生の優先順位を明確にする 1分マインドフルネス
望月俊孝
未読
法人導入をお考えのお客様