14のフレームワークで考えるデータ分析の教科書

未 読
14のフレームワークで考えるデータ分析の教科書
ジャンル
著者
髙橋威知郎
出版社
かんき出版
定価
1,800円 (税抜)
出版日
2014年09月16日
評点
総合
4.5
明瞭性
4.5
革新性
4.5
応用性
4.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
14のフレームワークで考えるデータ分析の教科書
14のフレームワークで考えるデータ分析の教科書
著者
髙橋威知郎
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
かんき出版
定価
1,800円 (税抜)
出版日
2014年09月16日
評点
総合
4.5
明瞭性
4.5
革新性
4.5
応用性
4.5
本の購入はこちら
レビュー

本書は、長年データ分析に携わってきた著者がデータ分析の手法や手順について明快に分かりやすく解説した、注目の一冊である。一見難しく感じられる「データ分析」という分野だが、本書を手に取るとその概念は覆される。本書第1部「理論編」では効率的なデータ分析の手順として、①準備する、②集める、③分析する、④表現する、⑤伝える、の5つのステップを提示し、手順を追って丁寧に解説している。また、QC(Quality Control)7つ道具及び新QC7つ道具の14のフレームワークを活用することで様々なデータ分析への対応が可能となる、というのが、著者が導いた基本的分析スキルだ。この14のフレームワークはステップ③「分析する」の章で詳しく紹介されている。第2部「事例編」では理論編で学んだ内容を基に具体例を交えて解説しており、より実務的なイメージが膨らむ構成になっている。

データ分析の目的とは、データ分析の結果を次の行動につなげ目に見える成果に変えていくことにある、という著者の想いは、本書のいたるところで感じとれる。また、本書の特徴はデータ分析初心者向けに構成された点にあるが、第1部に記された分析手法や第2部「事例編」は専門家が一読しても参考になると思われる内容だ。データ分析を学びたい人やデータ分析の成果が上がらず悩んでいる人にとってはバイブル的存在になりそうな一冊だ。

著者

髙橋 威知郎(たかはし・いちろう)
1974年生まれ。筑波大学大学院博士課程社会工学研究科中途退学、修士(数理工学)、中小企業診断士(経済産業大臣登録)。内閣府(旧総理府)、およびコンサルティングファームなどを経て、現在、ソフトバンク・テクノロジー株式会社データサイエンス部シニアコンサルタント。
官公庁時代から一貫してデータ分析業務に携わってきた。退官後は、官公庁時代に身につけたデータ分析スキルをもとに、おもに大手消費財メーカー・小売り企業に対し、プロダクト戦略をはじめ、近年注目されている経済指標のひとつで、マーケティングの投資効率を見るマーケティングROI、ライフタイムバリューなどに関するコンサルティングを提供。現在は、さらに一歩進めたフィジタル(リアルとWebの融合)マーケティングの体系化、およびそのコンサルティング業務に従事する。
本書は20年近い実務経験をもとに、マーケティングや販売促進、営業、商品・技術開発、物流・販売管理、経営企画などに携わる一般のビジネスパーソン向けに、仕事で成果を上げるために身につけておきたいデータ分析のスキルを平易にわかりやすくまとめたものである。

本書の要点

  • 要点
    1
    データ分析は、その結果からどういったアクションを導きビジネスにつなげていくかということが重要だ。効率的なデータ分析とは、①準備する、②集める、③分析する、④表現する、⑤伝える、の5つのステップで構成される。
  • 要点
    2
    データ分析は上記で挙げた5ステップそれぞれの精度を高めていくことが重要になる。各項目でレビューを行い様々な視点で内容を検証することも大事だ。
  • 要点
    3
    分析結果を相手に伝える、それこそが次の行動につながる大切な作業だ。相手の理解を得られるよう表現方法を工夫し明快なプレゼンテーションを心掛けたい。

要約

準備する

メッセージボードを作る
Bratovanov/iStock/Thinkstock

データ分析の準備の際に必要なツールとして、メッセージボード、データツリー、スケジュールがある。

データ分析には「目的」があり、分析結果をどういったアクションにつなげていくかを明確化する必要がある。そのために用いるのが「メッセージボード」だ。

メッセージボードには、(1)誰に対し、(2)何の目的で、(3)何を行うのか、(4)(3)の具体的内容、(5)最初の一歩、の5項目があり、各項目を埋めていく作業となる。

(1)と(2)に関しては、対象者や目的が少しでも変わると分析方法は変わるため、前提を正しく認識した上で分析作業に取り掛かることが大切だ。対象が判然としない場合は大前提の方向性だけでも示し、多少のズレは作業途中で方向修正していくとよい。

(3)から(5)に関しては、仮説立案でも構わない。まずは一つの方向性を示した上で、分析結果から検証し正誤判断していけばよい。

(1)の「誰」をより具体化するために、プロファイリングシートを活用する方法もある。これは対象者について様々な視点から特徴を明確化するものであるため、的を絞ったデータ分析が可能になる。

データの統計図(データツリー)を作る
Ullver/iStock/Thinkstock

次に、データツリーの作成について説明したい。これは「取り扱うべきデータの全体地図」であり、どんなデータを使ってどのように分析すべきかを図に表したものである。

同じデータ項目でも、データ分析の目的に応じ分解方法を変えることでツリー構造は変化するため、メッセージボードで明確化した内容が大変重要になる。例えば、利益のデータツリーを作成する場合、「利益=売上+コスト」と「利益=売上+利益率」どちらを選択するか、さらに、「売上」をエリアごとの合計値とするか製品ごとの合計値とするかなどでツリー構造は大きく変化する。

また、詳細なツリー作成を行うことで、データ漏れを防ぐことができる。データツリーが完成すれば、どういった性質のデータが必要か、足りないデータはどれか、といった具体的イメージが視覚化されるためだ。準備段階でデータツリーをしっかりと作り込むことが重要だ。

しかしツリー作成はあくまで分析のための土台作りであり、メッセージボードと同様、まずは仮説を立て、データ収集や分析作業の途中で積極的に作り変えていく姿勢で臨んでよい。

データツリーが完成したら、データ整理を行う。既に存在するデータを洗い出してツリーのリーフ(一番右端にある項目セル)に当てはめ、不足データが顕在化すれば最低限必要なデータ、あるいは代替可能なデータを考える。最後に、集めるべき各データの粒度(細かさの度合い)を考える。

集める

データの特性を理解する

データをその性質で分類すると定量データと定性データの2種類に分けられる。前者は数量で表されるデータ、後者は新聞記事のような数量で表されていないデータを指す。

また、「既に存在する」セカンダリーデータと「新たに集めなければならない」プライマリーデータと分類する方法もある。前者は官公庁発表の白書や公的な統計データ、後者は独自企画のアンケート結果や自社の売上が代表例である。各データのメリット・デメリットを理解し、収集時間などを考慮して最適なデータ収集を心掛けたい。

データの集め方

データを集める際に大切な3つのポイントがある。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

世界No.1コンサルティング・ファームが教える成長のルール
世界No.1コンサルティング・ファームが教える成長のルール
作佐部孝哉
未 読
リンク
世界で最もクリエイティブな国デンマークに学ぶ 発想力の鍛え方
世界で最もクリエイティブな国デンマークに学ぶ 発想力の鍛え方
クリスチャン・ステーディル リーネ・タンゴー 関根光宏(訳) 山田美明(訳)
未 読
リンク
大前研一 日本の論点 2015~16
大前研一 日本の論点 2015~16
大前研一
未 読
リンク
この1冊ですべてわかる CRMの基本
この1冊ですべてわかる CRMの基本
坂本雅志
未 読
リンク
直感を信じる力
直感を信じる力
岩瀬大輔
未 読
リンク
どうしてあの人はクリエイティブなのか?
どうしてあの人はクリエイティブなのか?
デビット・バーカス プレシ南日子 高崎拓哉(訳)
未 読
リンク
ハーバード流交渉術
ハーバード流交渉術
ロジャー・フィッシャー ウィリアム・ユーリー 岩瀬大輔(訳)
未 読
リンク
デジタル&グローバル時代の凄い働き方
デジタル&グローバル時代の凄い働き方
ダイヤモンド社出版編集部
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
Think right
Think right
ロルフ・ドベリ 中村智子(訳)
未 読
リンク
2
稼ぐ人の「超速」文章術
稼ぐ人の「超速」文章術
中野巧
未 読
リンク
3
LIFESPAN(ライフスパン)
LIFESPAN(ライフスパン)
梶山あゆみ(訳) デビッド・A・シンクレア マシュー・D・ラプラント
未 読
リンク

イチオシの本

「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
【〈連載〉レッツ・ビジネスワークアウト第1回】 「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
2020.09.22 update
リンク
今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
【〈連載〉大人の教養シリーズ 第1回】 今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
2020.09.15 update
リンク
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
2020.09.14 update
リンク
出版社のイチオシ#037
出版社のイチオシ#037
2020.09.11 update
リンク

インタビュー

戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
2020.09.04 update
リンク
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
2020.07.22 update
リンク
ポストコロナライフの未来予測
ポストコロナライフの未来予測
2020.07.15 update
リンク
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
1
Think right
Think right
ロルフ・ドベリ 中村智子(訳)
未 読
リンク
2
稼ぐ人の「超速」文章術
稼ぐ人の「超速」文章術
中野巧
未 読
リンク
3
LIFESPAN(ライフスパン)
LIFESPAN(ライフスパン)
梶山あゆみ(訳) デビッド・A・シンクレア マシュー・D・ラプラント
未 読
リンク
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【マーケティング関連企業編】
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【マーケティング関連企業編】
2019.08.13 update
リンク
本好きにはたまらない「東京国際ブックフェア」とは?
本好きにはたまらない「東京国際ブックフェア」とは?
2016.09.14 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『14のフレームワークで考えるデータ分析の教科書』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る