HARD THINGS
答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか

未 読
HARD THINGS
ジャンル
著者
ベン・ホロウィッツ 高橋信夫(訳) 小澤隆生(序文) 滑川海彦(訳)
出版社
日経BP社
定価
1,944円
出版日
2015年04月21日
評点(5点満点)
総合
4.7
明瞭性
4.5
革新性
5.0
応用性
4.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

この本は圧倒的だ。著者のベン・ホロウィッツの語る経験談は衝撃的な困難のオンパレードで、ベンチャー企業や新規事業に関わる全ての人にとって、読んでいると胃が締め付けられるような心持ちがすることだろう。人ごととして気楽に読むことができないのは、著者が直面した問題の数々は規模の大小の違いはあれ、多くのベンチャー企業が遭遇することになる、現実そのものだからだ。

著者が直面した問題は例えば次のようなものだ。上手くいかないベンチャー企業で従業員として働くことの苦労、家族との関係のきしみ、巨大企業からの攻勢、ベンチャーキャピタルからの助言に従った末の失敗、資金枯渇へのカウントダウン、業績の大幅下方修正、従業員のレイオフ、大型顧客の倒産など。ベンチャー企業を経営するとはなんと過酷な試練なのだろうか。ただ、これらは決して失敗談ではなく、最終的に上手くいった起業家の話である。ベンチャー企業経営は、9割はつらいことで占めるという説もある。それだけ、問題が溢れているものなのだ。

本書にはベン・ホロウィッツの起業家としての回顧録、ベンチャー企業に携わるものに向けた助言、シリコンバレーで最も勢いのあるベンチャーキャピタルとも言えるアンドリーセン・ホロウィッツの創業ストーリーが掲載されている。そのどれも素晴らしく、内容の深いものばかりだが、要約では圧倒的な存在感を誇る、ベン・ホロウィッツの起業家としての経験部分にフォーカスしてまとめている。『HARD THINGS』は、読者の行動に影響を与えることが間違いない、衝撃の本だと言えるだろう。

大賀 康史

著者

ベン・ホロウィッツ(Ben Horowitz)
シリコンバレー拠点のベンチャーキャピタル、アンドリーセン・ホロウィッツの共同創業者兼ゼネラルパートナー。次世代の最先端テクノロジー企業を生み出す起業家に投資している。投資先には、エア・ビー・アンド・ビー、ギットハブ、フェイスブック、ピンタレスト、ツイッターなどがある。それ以前はネットスケープなどを経て、オプスウェア(元ラウドクラウド)の共同創業者兼CEOとして、2007年に同社を16億ドル超でヒューレット・パッカードに売却した。ホロウィッツは、コンピュータサイエンス専攻の学生、ソフトウェアエンジニア、共同創業者、CEO、投資家という経歴から得た体験と洞察をブログに書き、1000万人近い人々に読まれている。サンフランシスコのベイエリアに、妻のフェリシアと共に暮らしている。

本書の要点

  • 要点
    1
    本当に難しいことは、マネジメントの自己啓発書に書かれていることではない。それは、目標を達成できないときに社員をレイオフすることや、優秀な社員が不当な要求をしたときに対処することのような現実的な問題への対応だ。そのような問題には決まった対処法が存在しないから厄介だ。
  • 要点
    2
    ベン・ホロウィッツが直面した問題の数々は、ベンチャー起業家やベンチャーキャピタリスト、新規事業担当者であれば、経験したことがあるだろうものばかりである。本書はそのような難しい舵取りが求められる際にこそ改めて目を通すべき、金言集でもある。

要約

はじめに

本当に難しいのは何か

マネジメントに関する自己啓発書を読んでも、本当に難しいことは書かれていないことが多い。

本当に難しいのは、大胆な目標を設定することではなく、目標を達成できないときに社員をレイオフすることだ。優秀な社員を採用することではなく、優秀な社員が不当な要求をしたときに対処することだ。そのような問題には決まった対処法が存在しない。ただ、困難な経験から得られる教訓はある。本書は著者が直面した困難を中心に展開する。ゼロから何かを作り上げようとして、苦闘する人々こそ、本書からインスピレーションを得られるに違いない。

スタートアップで働くということ

シリコンバレーで働き詰め
Bplanet/iStock/Thinkstock

著者は大学でコンピュータ科学を専攻していた頃、シリコン・グラフィックス(SGI)という会社でインターンをしていた。『ターミネーター2』の特殊効果に使われるソフトウェアや、フライトシミュレーター等、様々なクールな製品を作っている会社だった。

そして大学院を卒業後、著者はSGIで働くことになった。夢が実現した心持ちだった。1年後、SGIの元マーケティング部長でスタートアップ(ベンチャー企業)を経営するロゼリーから熱烈な誘いがあり、彼女の会社、ネットラボで働き始めた。

しかしネットラボは創業者ではなく、ベンチャーキャピタリストによって送り込まれた経営陣で運営され、彼らの製品やテクノロジーへの理解不足から、右往左往していた。ネットラボで働き詰めの中で、著者の2人目の子供、マリアが自閉症と診断され、家族への負担は増していた。

エアコンも買えないような生活をしている最中、著者の父が訪ねてきた。40度の暑さの中、3人の子供は泣き続けていた。父は離婚こそが最も高くつくものだと忠告する。著者はこのままでは家族を失いかねないと感じ、一番大切なことである家族を重視することにした。翌日に、ネットラボを辞め、ロータス・ディベロップメントでの職を見つけ、家庭生活を取り戻していった。

天才マーク・アンドリーセンの面接を経てネットスケープに入社

ロータスで働いている時、同僚から「モザイク」というインターネット閲覧ソフトを紹介された。それまでインターネットは大学や研究所だけで使われていたが、「モザイク」のグラフィカルなインターフェースは未来のインターネットを形にしたようなものだった。そして、シリコン・グラフィックスの創業者であるジム・クラークと、モザイクの開発者のマーク・アンドリーセンがネットスケープというスタートアップを創業するという記事を読み、著者は応募することを決めた。

ネットスケープでは、エンタープライズ・ウェブサーバーの開発事業を任された。ネットスケープは設立後1年4カ月で株式上場を果たす。マイクロソフトの上場でも設立後10年以上かかったことからも、ネットスケープの早期の上場は世界に大きな衝撃を与えることになる。

しかし、ネットスケープはマイクロソフトの反撃を受けた。マイクロソフトはパーソナル・コンピュータ市場の95パーセントを握る強みを活かして、ウィンドウズ95にブラウザを無料でバンドルしてきたのだ。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
HARD THINGS
未 読
HARD THINGS
ジャンル
リーダーシップ・マネジメント 起業・イノベーション グローバル テクノロジー・IT
著者
ベン・ホロウィッツ 高橋信夫(訳) 小澤隆生(序文) 滑川海彦(訳)
出版社
日経BP社
定価
1,944円
出版日
2015年04月21日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

イシューからはじめよ
イシューからはじめよ
安宅和人
未 読
無 料
リンク
スタンフォードの自分を変える教室
スタンフォードの自分を変える教室
ケリー・マクゴニガル 神崎朗子(訳)
未 読
無 料
リンク
ワーク・シフト
ワーク・シフト
リンダ・グラットン 池村千秋(訳)
未 読
リンク
ビジネスマンのための「読書力」養成講座
ビジネスマンのための「読書力」養成講座
小宮一慶
未 読
無 料
リンク
新装版 人を動かす
新装版 人を動かす
デール・カーネギー 山口博(訳)
未 読
無 料
リンク
21世紀の資本
21世紀の資本
トマ・ピケティ 山形浩生・守岡桜・森本正史(訳)
未 読
無 料
リンク
シンプルに考える
シンプルに考える
森川亮
未 読
リンク
「時間消費」で勝つ!
「時間消費」で勝つ!
松岡真宏 松本渉
未 読
リンク
1
ファイナンス思考
ファイナンス思考
朝倉祐介
未 読
リンク
2
最高の結果を出すKPIマネジメント
最高の結果を出すKPIマネジメント
中尾隆一郎
未 読
リンク
3
小売再生
小売再生
ダグ・スティーブンス 斎藤栄一郎(訳)
未 読
リンク
「ヒュッゲ」あふれるデンマーク
「ヒュッゲ」あふれるデンマーク
2017.11.15 update
リンク
世界で通用するグローバル人材は何が違うのか?
世界で通用するグローバル人材は何が違うのか?
2016.09.08 update
リンク