「移動」の未来

未 読
「移動」の未来
ジャンル
著者
エドワード・ヒュームズ 染田屋茂(訳)
出版社
定価
2,376円
出版日
2016年10月31日
評点(5点満点)
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
3.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

「奇跡と狂気の同居」――著者は現在の交通システムについてこう表現している。今の世界の輸送量は、1日分だけとってみても、ノルマンディー上陸作戦やアポロ計画がちっぽけに思えるほどの規模だ。1杯の朝のコーヒーを私たちが楽しむまでに、数千時間と数十億ドルの費用、そして膨大な労力が費やされている。著者によれば、1杯のコーヒーや靴下、オレンジジュース、ドッグフード、食器洗い用の洗剤などすべてを合わせると、1日の生活を支えるために生じる輸送距離は300万マイルを超えるという。

その一方で、現状の輸送システムには問題も多い。人間ひとりを毎日仕事場に運ぶためだけに2トンの鉄の塊が走るのを許しているせいで、アメリカでは1日に87人が死亡し、8分に1人が負傷している。また、渋滞も大きな問題であり、莫大な損失を生みだしている。

このように、良くも悪くも人々の生活に大きく関わっている輸送システムだが、正確な知識をもっている人はほとんどいないと著者は語る。さらに、新しいテクノロジーの隆盛により、国際的な「ヒトとモノの移動」のかたちが着実に変わってきている。そのなかで、私たちはどのように変化に対応していけばいいのか。

本書で描かれているのは、さまざまな輸送に関する「これまでの物語」であり、「これからの物語」である。これからやってくる未来に対して、十分な心の準備をしておきたい? それならば本書の出番だ。

石渡 翔

著者

エドワード・ヒュームズ (Edward Humes)
米国のジャーナリスト、作家。社会問題からビジネス、テクノロジーまで、幅広い分野で取材・執筆活動を続け、ニューヨーク・タイムズ、ロサンゼルス・タイムズをはじめ主要メディアに寄稿している。フィラデルフィア出身で、現在は南カルフォルニア在住。1989年に米国の兵士登録制度に関する調査報道でピューリッツァー賞を受賞。そのほか、エドガー賞、犯罪実話賞にもノミネートされた。著書に、『Baby ER 新生児集中治療室』(秀潤社)など。

本書の要点

  • 要点
    1
    車が原因となって生じるコストは莫大であり、それは補助金という目には見えないかたちで人々の負担になっている。
  • 要点
    2
    車は命を浪費する。だが、ほとんどの人々は、現代社会の移動性を確保するための代償として自動車事故をとらえており、大きく問題視していない。
  • 要点
    3
    自動車メーカーは、自動運転が実現してもドライバーを残す方向で考えているが、グーグルは完全な無人運転の実現をめざしている。
  • 要点
    4
    将来的に、車を運転することは、乗馬のように娯楽として発展していくはずだ。

要約

車社会がもたらしたもの

スターとしての車

車は1世紀前からスターとして君臨してきた。産業化時代には他の追随を許さない持久力を誇っていたし、シリコンとソフトウェアが優勢になった時代でも、車は個人の自由と結びつけられ、重宝されてきた。いまでも、出産前の母親にベビー用品を贈るパーティ(ベビーシャワー)では、子どもが初めて車に乗るときのためにチャイルドシートが贈られるのが常だし、免許証を得ることは成人の通過儀礼として重要視されている。アメリカでは車に乗って買い物に行き、車に乗って仕事に行くのが普通なのだ。

だがその便利さの代償として、経済や環境、エネルギー、効率性、健康、安全といったさまざまな面で、莫大な社会的・金銭的コストが生まれている。そしてその事実に、多くの人々は目をつぶってしまっているのである。

車のコストは計り知れない
JackF/iStock/Thinkstock

車は燃料を途方もなく浪費する。インフラや日常生活のなかで、現代の自動車以上にエネルギーと金を浪費するものはどこにもない。燃料を燃やし尽くすことで、自動車は毒素と微粒子状の廃棄物を大気中に吐き出し、癌や肺病、喘息の原因となっている。くわえて、燃料用の石油の採掘、輸送、精製にかかる間接的な環境・健康・経済コスト、膨大な国家安全保障上のコストや燃料のかなりの部分を海外からの石油輸入に依存するというリスクがここに加わる。

また、車は最も機会を浪費する投資対象でもある。投資銀行のモルガン・スタンレーは、車を「世界で最も活用されていない資産」と呼んだ。平均的な車は、1日の92%の時間、使われずに放置されている。にもかかわらず、すべてのコストを合計すると、アメリカの平均的な車の所有者は、週に14時間しか使わない車のために年間1万2544ドルを支払っている。

そのうえ、車は気候に対する最大の脅威でもある。ガソリン代や車本体の価格だけが、車のコストではない。車が原因となって地球上に生じたコストと損害を計算にいれた場合、その数字は計り知れないものとなってしまう。そして、それは補助金という目には見えないかたちで人々の負担となっている。

社会は自動車事故を気にかけない
rvimages/iStock/Thinkstock

数多くある車のコストのなかでも、最も重いのが命だ。車は命を浪費する。だが不思議なことに、自動車事故に対して注意を払ったり、怒りの声をあげたりする一般市民はごくわずかしかいない。大多数のドライバーにとって道端の事故車は、どこへ行ってもつきまとう苛立ちの種というだけだ。おびただしい数の人間が自動車事故で負傷し、死亡していることを知っているにもかかわらず、である。

これが飛行機の墜落事故であれば、世間の受けとめ方はまったく異なる。飛行機の事故はつねに注目され、費用を惜しまずに調査が行われる。だが、旅客機が死者数で車と肩を並べるためには、毎週4機ずつ墜落しなければならない計算になる。

車には、航空業界なら当然義務づけられている、それぞれの事故の徹底的な検証も、将来おなじ惨劇を起こさないための方策を見つけようとする試みもない。ただ地元の検視官と警察官による形式的な報告書があるだけだ。

むろん、アメリカでも何かが原因で負傷事故や死亡事故が起きたときは訴訟が行われる。だがそれも、保険会社によってひそやかに解決されることがほとんどである。唯一の例外が、運転者ではなく車そのものの安全上の欠陥に関する訴訟が行われた場合だが、それもほんの一部にしかすぎない。

自動車事故は1歳から39歳までのアメリカ人の死因の第1位であり。112人に1人が交通事故で亡くなっていることになる。自動車が原因の死亡および負債から生じる経済コストと社会的影響は年間8360億ドルにも達し、税金や保険料から支払われる医療費や救急隊など緊急時対応要員の費用といった直接的な経済コストだけでも、1人あたり784ドルの負担が強いられている。

それでも、アメリカの人々は、日々大量の死傷者が出るのは現代社会の移動性を確保するための代償としてあきらめ、問題を看過している。死傷者が出るのは、危険運転や車や道路の設計の誤りがもたらした当然の結果にもかかわらず、それを欠陥ではなく、天災などのような「事故」として扱ってきたのだ。

【必読ポイント!】 車社会のこれから

ミレニアル世代の登場

1980年代から2000年代に生まれたミレニアル世代は、それ以前の世代に比べて自動車を所有したり、運転したり、郊外で暮らしたりすることにあまり関心をもっていないと言われている。実際、16歳から34歳までの運転者の走行距離を調べた結果、2009年のほうが01年よりも23%、運転者の走行距離は少なかった。これはほかの年齢層にくらべて大きな落ちこみだ。

車中心の昔の世代にとっては考えられないことだろうが、彼らは輸送手段にこだわらない傾向にある。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
「移動」の未来
未 読
「移動」の未来
ジャンル
産業・業界 グローバル テクノロジー・IT
著者
エドワード・ヒュームズ 染田屋茂(訳)
出版社
日経BP社 出版社ページへ
定価
2,376円
出版日
2016年10月31日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり
電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり
ホイチョイ・プロダクションズ
未 読
リンク
People Get Ready
People Get Ready
RobertW.McChesney JohnNichols
未 読
リンク
ヤバい社会学
ヤバい社会学
スディール・ヴェンカテッシュ 望月衛(訳)
未 読
リンク
最強の働き方
最強の働き方
ムーギー・キム
未 読
リンク
知識創造企業
知識創造企業
野中郁次郎 竹内弘高 梅本勝博(訳)
未 読
リンク
野心
野心
安田峰俊
未 読
リンク
挑戦
挑戦
大下英治
未 読
リンク
Google流 資料作成術
Google流 資料作成術
コール・ヌッスバウマー・ナフリック 村井瑞枝(訳)
未 読
リンク
1
ファイナンス思考
ファイナンス思考
朝倉祐介
未 読
リンク
2
最高の結果を出すKPIマネジメント
最高の結果を出すKPIマネジメント
中尾隆一郎
未 読
リンク
3
小売再生
小売再生
ダグ・スティーブンス 斎藤栄一郎(訳)
未 読
リンク
移民について考える
移民について考える
2017.06.28 update
リンク
U理論の日本第一人者が語る、成功する組織のつくり方
U理論の日本第一人者が語る、成功する組織のつくり方
2017.01.04 update
リンク