野村證券第2事業法人部

未 読
野村證券第2事業法人部
ジャンル
著者
横尾宣政
出版社
定価
1,944円
出版日
2017年02月21日
評点(5点満点)
総合
3.3
明瞭性
3.5
革新性
3.5
応用性
3.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

「天国地獄債」。著者の横尾宣政氏が野村證券時代につくった仕組債の名称だ。償還時の為替レートによって償還金額が変動してリスクが大きい分、表面利率が大きいためそう名づけられたという。この仕組はフランスの有名な賞を受賞し、日経新聞の1面をかざった。

天国と地獄――それは著者の歩みを暗喩しているようである。経常利益日本一だった当時の野村證券でも花形の「第2事業法人部」で活躍し、「コミッション(手数料)亡者」と揶揄(やゆ)されながらも圧倒的な成果を出した著者は、バブル期の野村證券で「いちばん稼いだ男」と呼ばれた。

一方で野村の「損失補填問題」の発端をつくり、社内で戦犯扱いを受けたこともある。コンサルティング会社を立ち上げ独立するも、オリンパスの巨額粉飾決算事件では「指南役」とされ、逮捕・勾留。一貫して無罪を主張し、現在も係争中だ。終章「逮捕――私は闘う」でも記載されているように、本書は司法、検察に対しての抗弁書ともいえる。

金融・証券業界では、出版前から「ヤバい本が出る」と話題になっていた。パワハラという言葉などなかった時代である。本書では「見てはいけない」ような光景が日常のように繰りひろげられていく。この大時代な様子を、読者はどのように受け止めるだろうか。大昔のモーレツ社員と笑うか、「今も同じ」だと青くなるか。

しかしその結末は悲劇だ。「現代の司法制度へ一石を投じる」ため書いたという著者。経済活動の陥穽(かんせい)を追体験することは、すべてのサラリーマンにとっての必要なリスクヘッジといえるかもしれない。

著者

横尾 宣政 (よこお のぶまさ)
1954(昭和29)年、兵庫県出身。78年に京都大学経済学部を卒業後、野村證券に入社。金沢支店を皮切りに、第2事業法人部、浜松支店次席、営業業務部運用企画課長、高崎支店長、新宿野村ビル支店長などを歴任。98年(平成10)年6月、20年にわたって勤務した野村證券を退社・独立した。
その後、コンサルティング会社グローバル・カンパニー・インコーポレートを設立し、社長に就任。ベンチャー企業の発掘、指導、投資などに携わる。2011(平成23)年に発覚したオリンパスの巨額粉飾決算事件では粉飾の「指南役」とされ、翌12年に証券取引法・金融商品取引法違反容疑で逮捕される。詐欺、組織犯罪処罰法違反の容疑も加えられるが、当初から一貫して容疑を否認。1審・2審で有罪判決を受け、現在、最高裁に上告中。

本書の要点

  • 要点
    1
    野村證券のメインエンジンである第2事業法人部に、著者は27歳の若さで抜擢された。そしてバブル期に日本一の経常利益をあげた野村で、エースとして大活躍した。
  • 要点
    2
    ニューヨーク株式市場の大暴落(ブラックマンデー)で、大損失を受けた会社の救済に著者は走り回った。しかし国税局に目をつけられ、第1次証券不祥事の発端をつくった「戦犯」と呼ばれるようになる。
  • 要点
    3
    野村退社後、著者はコンサルティングファームを立ち上げ、オリンパス子会社の資産運用に携わることになった。しかしいつの間にか粉飾決算に巻き込まれ、逮捕。現在まで係争中だ。

要約

ノルマとの闘い

都銀より清らかに思えた
maroke/iStock/Thinkstock

「エラいところに来てしまった」。1977年、京都大学4年生のころだ。就職活動中の著者は、三井銀行から内定をもらっていたものの、いわゆる「囲い込み」に疑問を感じていた。

そこで当時、神姫バスの専務だった父に相談すると、野村證券のある支店長を紹介され、その優秀さにほれこんだ。面接に行くと、出されたのはコーヒー1杯。「なんて清らかな会社だ」と感動し、証券自体にはまったく興味がなかったが入社を決めた。なお後に、このときコーヒー1杯しか出なかったのはたまたまだったということがわかる。

78年に入社した著者は、軍隊のように厳しい「野村イズム」の刷り込み研修を終えて、金沢支店(石川県金沢市)に配属された。直前の不祥事でぼろぼろの支店だった。

配属初日、先輩からはいきなり「今日から毎日、管内の社長の名刺10枚集めてこい」と言われ、入社をひどく後悔した。パワハラという言葉などない時代だ。

とんでもない場面に出くわしたこともある。ある日の応接室での出来事だ。ノルマを果たせない課長代理が、上司に怒鳴りつけられていた。その横には奥さんの姿があった。「こいつのために、みんなが迷惑してるんです。奥さん、どうにかしてください」。見てはいけないものを見た気がした。

ついたあだ名は「社長さん」

著者が入社した78年に、悪夢の投資商品が生み出された。表面利率6.1%の10年物国債、通称「ロクイチ国債」だ。政策金利の引き上げで利回りが急上昇し、額面に対する債券価格が大暴落したため、買った瞬間から値が下がり続ける代物だった。

この国債の販売に全力で取り組んだのが野村證券だ。こんな商品にノルマが課せられていては大変である。実際、同期の離職率は4割にも及んだ。しかし稼げば何でも許されるという能力主義の社風に、著者はマッチしていた。「土下座の横尾」と呼ばれるほどがむしゃらに働くうちに、どん底だった金沢支店も立ち直っていった。

驚くべきことに当時、営業マンは自分で客に勧める銘柄を決められず、各営業本部が決めていた。ほぼ同一の株価の銘柄を売り買いすることで株価を引き上げる、いわゆる「仕切り商い」だ。野村が取引手数料(コミッション)を儲けるためにつきあわされた客は、ほとんどが大損した。

こんなことを続けるうちに、「野村は絶対に潰すべきだ。それにはオレが社長になるしかない」と口走るようになった。周囲からは「社長さん」と呼ばれた。

「コミッション亡者」と呼ばれて

試し打ち人事
Wavebreakmedia/iStock/Thinkstock

「大栄転だ」。81年12月、金沢から異動となり、第2事業法人部に配属されることになった。著者は当時、まだ27歳である。通常なら2支店を経験した30代の社員が行く部署だ。ひどい状態だった金沢支店を立て直したことが、田淵義久常務(後に社長)によって高く評価された。

事業法人部は、第1と第2に分かれていた。人員はそれぞれ25人ずつで、両部で首都圏の上場企業とその子会社を担当する。その数は約1000社だ。まさに証券会社のメインエンジンともいうべき部署である。支店が客に販売する増資分の株式や、新規発行の転換社債(CB)、ワラント債(新株引受権付き社債、WB)を数多く入手するのがおもな仕事だった。

この花形部局で「コミッション亡者」と揶揄されながらも、著者は結果を出していった。

トリプルメリットとウォーターフロント

85年、プラザ合意による急速な円高により、日本の輸出産業は大きな打撃を受けた。この窮地に対して、野村は2つの戦略をしかけることにした。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
野村證券第2事業法人部
未 読
野村證券第2事業法人部
ジャンル
産業・業界 政治・経済 ファイナンス
著者
横尾宣政
出版社
定価
1,944円
出版日
2017年02月21日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

ドキュメント 金融庁vs.地銀
ドキュメント 金融庁vs.地銀
読売新聞東京本社経済部
未 読
リンク
フォルクスワーゲンの闇
フォルクスワーゲンの闇
ジャック・ユーイング 長谷川圭(訳) 吉野弘人(訳)
未 読
リンク
最後の超大国インド
最後の超大国インド
平林博
未 読
リンク
明日クビになっても大丈夫!
明日クビになっても大丈夫!
ヨッピー
未 読
リンク
行動経済学の逆襲
行動経済学の逆襲
リチャード・セイラー 遠藤真美(訳)
未 読
リンク
「コト消費」の嘘
「コト消費」の嘘
川上徹也
未 読
リンク
すぐに結果を求めない生き方
すぐに結果を求めない生き方
鍵山秀三郎
未 読
リンク
カレーライス進化論
カレーライス進化論
水野仁輔
未 読
リンク
1
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
星渉
未 読
リンク
2
amazon 世界最先端の戦略がわかる
amazon 世界最先端の戦略がわかる
成毛眞
未 読
リンク
3
スモール・スタート あえて小さく始めよう
スモール・スタート あえて小さく始めよう
水代優
未 読
リンク
ビジネス現場での「フロー」の概念を分かりやすく解説『図解フロー・カンパニー』
ビジネス現場での「フロー」の概念を分かりやすく解説『図解フロー・カンパニー』
2018.05.18 update
リンク
「ウェブ」ではなく「本」を読まなければならない理由
「ウェブ」ではなく「本」を読まなければならない理由
2018.03.14 update
リンク