サッカーマティクス
数学が解明する強豪チーム「勝利の方程式」

未 読
サッカーマティクス
ジャンル
著者
デイヴィッド・サンプター 千葉敏生(訳)
出版社
定価
1,980円(税込)
出版日
2017年06月20日
評点
総合
3.8
明瞭性
3.5
革新性
4.5
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
サッカーマティクス
サッカーマティクス
数学が解明する強豪チーム「勝利の方程式」
著者
デイヴィッド・サンプター 千葉敏生(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,980円(税込)
出版日
2017年06月20日
評点
総合
3.8
明瞭性
3.5
革新性
4.5
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

サッカーの醍醐味はなにかと問われたら、とにかくチームの組織力が求められる点だと答えるだろう。1人のスター選手だけで勝つことが圧倒的に難しいスポーツ、それがサッカーだ。

すべての選手が自分の役割を果たし、パスや動きを通じて味方と連携することで、「チーム全体は部分の総和を上回る」。逆にいえば、どれだけのスター選手であっても、自分の手柄だけを考えていると害になってしまう。あらゆるスター選手がチームワークの重要性を強調するのはそのためだ。結局のところ、チームで求められているプレイをすることは、スター選手にとっても有益なのである。

本書のすばらしい点は、こうした知見を、数値として分析・呈示している点だ。読みすすめていけば、普段サッカーを観ない人であっても、「チーム全体が部分の総和を上回る」という現象が数学的に理解できるはずである。

もちろんこうした現象は、サッカーだけに見られることではない。たとえばある社員の能力がいくら突出していたとして、その人単体が出せる成果は、社員全員が連携して出す成果には遠く及ばないだろう。

サッカー観戦に新たな視点をもたらしてくれる読み物としても純粋におもしろいし、チームワークについて考える際にも有益なヒントが見つかる、知的好奇心を刺激する一冊である。サッカーに興味がある方はもちろんのこと、数学に関心がある方(ちなみに数学に関する専門知識は不要だ)、同僚や取引先と協働することが欠かせないビジネスパーソンに、ぜひ本書をおすすめしたい。

若旦那

著者

デイヴィッド・サンプター (David Sumpter)
ロンドン生まれ、スコットランド育ちの数学者。マンチェスター大学で数学の博士号を取得。オックスフォード大学とケンブリッジ大学で研究職に就いた後、スウェーデンに移り、現在ウプサラ大学の応用数学の教授。世界各地で、伝書鳩の飛び方、拍手の伝染、アリや魚の群れの動きなどの生物学的・社会学的現象を数学的に分析する研究に携わり、日本でも北海道の中垣俊之らと粘菌のネットワークについて共同研究した。大のサッカーファンで、ヨーロッパ各国のリーグから女子リーグまでに詳しく、空き時間には子供たちのサッカーチームで指導している。サッカーと数学を融合させた本書は、英国のスポーツ関連の新聞・雑誌・ウェブなどで好評を博している。

本書の要点

  • 要点
    1
    パスのネットワーク、攻撃の幾何学的構造、選手の動きの流れなど、さまざまなパターンが発生するサッカーは、もっとも数学的なスポーツといえる。
  • 要点
    2
    ゴールとはチームが築く「構造」の結果だ。
  • 要点
    3
    選手が互いを信頼しあい、自分の役割に専念し、互いの動きを同期させることで、チーム全体のパフォーマンスは部分の総和を上回る。
  • 要点
    4
    他の選手がチームのために力を出して自分の役割を果たしている場合、スター選手もチームのためにプレイしたほうが、より大きな利益を得られる。

要約

サッカーは数学的なスポーツである

数学はパターンを記述する言語

日本で「数字に馴染みのあるスポーツといえば?」と聞けば、きっと野球を思い浮かべる人が多いだろう。単打数、二塁打数、三塁打数、防御率、奪三振数、チーム順位、連勝数――野球ファンならこれらの数字を記憶し、選手やチームの優劣を論じるものだ。

しかし著者はサッカーがもっとも数学的なスポーツであると主張する。なぜならサッカーは「チームワーク」のスポーツだからである。パスのネットワーク、攻撃の幾何学的構造、選手の動きの流れなど、サッカーではじつにさまざまなパターンが発生する。数学はまさにそのパターン記述に適した言語なのだ。

パスの要衝――香川真司
ilyailya/iStock/Thinkstock

一流の日本人サッカー選手の多くが、チームワーク重視のドイツ「ブンデスリーガ」に所属しているのは興味深いことだ。

そのなかでもスター的存在なのが、ボルシア・ドルトムントのゲームメーカー香川真司である。著者は2015/16シーズンのドルトムント対ハノーファー96(1-0でドルトムントの勝利)で、パス・ネットワークがどうなっていたかを分析した。すると、香川が前にいる3人のアタッカーを結びつける役であること、そして左サイドからの攻撃の起点となるゲームメーカーだということがわかった。

当時のドルトムントは、センターバックのマッツ・フンメルス、ネヴェン・スボティッチが攻撃を組み立てていた。彼ら2人が左右にパスを出し合いながら前進の機会を伺い、左サイドの香川、右サイドのイルカイ・ギュンドアンというつなぎ役を介して、アタッカーへとパスを回していく。すべての選手が自分の役割を果たし、パスや動きを通じて連携する。だから「チーム全体が部分の総和を上回る」のだ。

バルセロナがくりひろげる幾何学

鉄道網とバルセロナの共通点

サッカーを俯瞰的にとらえようとするとき、もっとも適切な対象はフォーメーションである。

2011/12シーズンのバルセロナを例にとろう。彼らのパス・ネットワークを見ると、360度あらゆる方向に対してパスを出せるように、それぞれの選手の間に三角形が構成されていた。この三角形こそが、バルセロナの強みであるボール・コントロールとパス回しを可能にしていた。

大きな角度をもつ三角形で空間を埋め尽くすという意味では、バルセロナのフォーメーションと東京近郊の鉄道網は似ている。効率的な鉄道網が国じゅうを鉄道路線で埋めつくしているのに対し、バルセロナはピッチ上をパスという導線で埋めつくしているのだ。

ゴールはチームが築く「構造」の産物
natasaadzic/iStock/Thinkstock

鉄道網と異なり、サッカーのフォーメーションは状況に合わせて形を変える必要がある。

ここでバルセロナのリオネル・メッシと周囲のチームメイトに注目してみよう。メッシはアンドレス・イニエスタやシャビ・エルナンデスにパスを出すと、前方に入ってすぐにまたボールを受け取るという動きをくりかえしていた。

このパス回しにおけるメッシ、イニエスタ、シャビそれぞれの位置取りがすばらしい。彼らは相手チームのペナルティ・エリア際で、ゾーンを三角形で分割し担当していた。だから効率的なパス回しができたのだ。

これを数学的に、「パス回しを成功させるべく、ピッチ上で幾何学がくりひろげられていた」と表現したい。ゴールはチームが築く「構造」の結果として生まれるのである。

集団行動の法則

バルセロナはたしかにピッチ上で幾何学をくりひろげる。しかし選手たちは、なにも頭のなかで数学を実践しているわけではない。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

ファンダム・レボリューション
ファンダム・レボリューション
アーロン・M・グレイザー ゾーイ・フラード=ブラナー 関美和(訳)
未 読
リンク
技術屋の王国
技術屋の王国
片山修
未 読
リンク
メガトレンド
メガトレンド
川口盛之助
未 読
リンク
人生100年時代のお金の不安がなくなる話
人生100年時代のお金の不安がなくなる話
竹中平蔵 出口治明
未 読
リンク
2030年ジャック・アタリの未来予測
2030年ジャック・アタリの未来予測
ジャック・アタリ 林昌宏(訳)
未 読
リンク
Connect
Connect
John Browne Robin Nuttall Tommy Stadlen
未 読
リンク
日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法
日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法
ロッシェル・カップ 到津守男 スティーブ・マギー
未 読
リンク
活きる力
活きる力
稲盛和夫
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
1行書くだけ日記
1行書くだけ日記
伊藤羊一
未 読
リンク
2
ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考
ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考
高橋祥子
未 読
リンク
3
図解ストレス解消大全
図解ストレス解消大全
堀田秀吾
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

出版社のイチオシ#051
出版社のイチオシ#051
2021.04.16 update
リンク
ポジティブになるために読んでおきたい5冊
ポジティブになるために読んでおきたい5冊
2021.04.14 update
リンク
出版社のイチオシ#050
出版社のイチオシ#050
2021.04.09 update
リンク
“正しく”恐れるために。『サクッとわかるビジネス教養 地政学』
【書店員のイチオシ】 “正しく”恐れるために。『サクッとわかるビジネス教養 地政学』
2021.04.05 update
リンク

インタビュー

「ジョブ型」時代にチャンスをもらえる人、もらえない人
「ジョブ型」時代にチャンスをもらえる人、もらえない人
2021.04.15 update
リンク
環境の力で、「すぐやれる自分」になる
環境の力で、「すぐやれる自分」になる
2021.04.08 update
リンク
「自分」×「仕事」で分析すれば、仕事は楽しくなる
「自分」×「仕事」で分析すれば、仕事は楽しくなる
2021.03.31 update
リンク
誰もが「水を得た魚」になれる場をデザインする
誰もが「水を得た魚」になれる場をデザインする
2021.03.23 update
リンク
1
1行書くだけ日記
1行書くだけ日記
伊藤羊一
未 読
リンク
2
ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考
ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考
高橋祥子
未 読
リンク
3
図解ストレス解消大全
図解ストレス解消大全
堀田秀吾
未 読
リンク
人工知能、どう生かす? おすすめAI関連書
人工知能、どう生かす? おすすめAI関連書
2021.04.07 update
リンク
お家時間に、じっくり向き合いたい3冊
お家時間に、じっくり向き合いたい3冊
2021.02.23 update
リンク
なぜいま、「対話型マネジャー」が求められるのか?
なぜいま、「対話型マネジャー」が求められるのか?
2020.12.16 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『サッカーマティクス』をおすすめする

保存が完了しました

新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る