「3か月」の使い方で人生は変わる
Googleで学び、シェアNo.1クラウド会計ソフトfreeeを生み出した「3か月ルール」

未 読
「3か月」の使い方で人生は変わる
ジャンル
著者
佐々木大輔
出版社
日本実業出版社
定価
1,620円
出版日
2018年07月01日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.5
革新性
3.5
応用性
4.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
「3か月」の使い方で人生は変わる
「3か月」の使い方で人生は変わる
Googleで学び、シェアNo.1クラウド会計ソフトfreeeを生み出した「3か月ルール」
著者
佐々木大輔
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
日本実業出版社
定価
1,620円
出版日
2018年07月01日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.5
革新性
3.5
応用性
4.5
本の購入はこちら
レビュー

働き方改革の影響もあり、仕事の生産性を高めるための仕事術、タイムマネジメントに関する本はビジネス書コーナーに所狭しと並んでいる。しかし、「本当にやりたいこと」を現実化させるという視点に立った本は、どれくらいあるだろうか。仕事の効率化をして何を実現したいのか。それはどんな情熱に下支えされているのか。こうしたことを明確にしたうえで、時間の使い方と向き合うきっかけをくれるのが本書だ。

著者、佐々木大輔氏は、「クラウド会計ソフト freee」を生み出した、注目の起業家の一人である。佐々木氏によると、勉強や仕事、起業準備など、人生の転機となるテーマに取り組む際は、「3か月」をどう使うかが成否を分ける大きなポイントになったという。「時間術やタイムマネジメントとは、効率化して生み出した時間で、非効率なことに時間や情熱を注ぐことがゴール」。この発想に深くうなずいた。効率化できる部分をAIなどのテクノロジーがどんどん担うようになると、企業文化や信頼関係の構築など効率化できない部分こそ、人間が時間を注ぐ重要な領域になっていくはずだからだ。

本当にやりたいことに集中するために、どう時間をつくり、優先順位をどうつけるのか。佐々木氏のインターン時代やグーグルでの経験、そしてfreeeの起業・経営という実践に裏付けされた仕事術は、実に合理的で説得力が高い。

何か成し遂げたい目標があるなら、3か月思い切り力を注ごう――。そんな勇気が湧いてくる。時間の使い方を一新したい若手ビジネスパーソンのみならず、高度な生産性が求められる管理職の働き方のアップデートに最適な一冊だ。

松尾 美里

著者

佐々木 大輔(ささき だいすけ)
freee(フリー) 創業者・代表取締役CEO。1980年東京生まれ。一橋大学商学部卒。大学在学中に派遣留学生として、ストックホルム経済大学(スウェーデン)に在籍。また、インターンをしていたインターネットリサーチ会社のインタースコープ(現・株式会社マクロミル)では、データ集計システムやマーケティングリサーチ手法を開発。卒業後は、株式会社博報堂でマーケティングプランナーとしてクライアントへのマーケティング戦略の立案に従事する。その後、未公開株式投資ファーム・CLSAキャピタルパートナーズでの投資アナリストを経て、株式会社ALBERTの執行役員CFOに就任。2008年に Google に参画。日本におけるマーケティング戦略立案、Google マップのパートナーシップ開発や、日本およびアジア・パシフィック地域における中小企業向けのマーケティングの統括などを担当。中小企業セグメントにおけるアジアでのGoogleのビジネスおよび組織の拡大を推進した。2012年7月、freee 株式会社を創業し、シェアNo.1クラウド会計ソフト「freee」等を提供している。日経ビジネス「2013年日本のイノベーター30人」「2014年日本の主役100人」、Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング」BEST10に2015年、2016年選出。

本書の要点

  • 要点
    1
    1つのテーマに3か月間、しっかり向き合えば確実に変化を起こせる。
  • 要点
    2
    3か月間で取り組むテーマは、みんなが注目していない分野で、ワクワクするものを選ぶとよい。
  • 要点
    3
    目標設定では、自分でコントロールできるゴールをもち、高いモチベーションを持続するために、世の中の「問題解決」につながるかどうかを意識することが重要だ。
  • 要点
    4
    3か月の行動に優先順位をつける際には、「やらないこと」を決めるとよい。

要約

「3か月」で人生は変わる

3か月間、1つのテーマに取り組む
scyther5/iStock/Thinkstock

何かをつかめる、何かが変わる。こうした手ごたえを得るのに必要な期間が「3か月」である。佐々木氏自身、勉強や仕事、起業準備など、人生の転機となるテーマに取り組む際は、3か月という期間を積極的に活用していたという。極論すると、この期間は、1つのテーマに毎日全力投球して集中できる限界でもある。3か月なら、飽きることなく高い関心を保って楽しく取り組める。

この間、1つのテーマにしっかり向き合えば、何かしらの成果を出し、自分の成長を実感できる。3か月は確実に変化を起こせる最小単位なのである。

3か月がポイントとなったfreeeの開発

現在では日本一のシェアを誇る「クラウド会計ソフト freee」の開発も、3か月がポイントだった。佐々木氏は起業する前、グーグルで日本の中小企業向けマーケティングの統括責任者を務めていた。

中小企業の多くはテクノロジーの導入やインターネットの活用が遅れており、さらには開業率も他国と比べて低い。こうした状況への危機感を募らせ、「テクノロジーの力で、中小企業の経営者を応援する事業がしたい」という思いが湧きあがった。とりわけ、過去の経験から経理業務を効率化させる必要性をひしひしと感じていたため、クラウドサービスを利用した自動会計ソフトという構想が頭に浮かんだ。

まずは3か月間で、原型を自分でつくればいいのではないか。佐々木氏は仕事の合間に、寝る間も惜しんでプログラミングを独学した。その結果、3か月後には「freee」のアイデアを具体化でき、「最悪、自分一人でもそこそこつくれるかもしれない」という手ごたえを得られた。そして次の3か月のテーマは、「freee」をビジネスとして展開させるうえで、それに耐えうる仕組みをともに開発・運用できる仲間探しへとシフトしていった。

「たかが3か月」は「されど3か月」。この集中期間のおかげで、中小企業にとどまらず、あらゆる規模の企業に利用される「これまでになかったサービス」を生み出すことが可能となった。

【必読ポイント!】 3か月の「テーマ」を決める

ニッチな分野で、ワクワクするテーマを
jacoblund/iStock/Thinkstock

では3か月間取り組むテーマをどう選ぶのか。まずは、自分の心がワクワクするかどうかである。もちろん、一見興味がもてない課題が与えられることもあるだろう。そんなときは、その課題を解決した先にどんな意味や意義があるのか、思いを馳せてみるとよい。「面白い」は誰かが提供してくれるものではなく、自分で発見するものだ。

3か月間で取り組むテーマは、みんなが注目していない分野から選ぶとよい。こうした分野はあまり投資や開発がされていない「穴場」であることが多いからだ。その結果、世の中にインパクトを与える成功体験が生まれ、自分の人生を好転させることにもつながる。

「やりたい」と「できる」の重なりを見つける

みんなが注目していないニッチな分野でワクワクするテーマが見つかったら、次はそれが自分に「できそう」かどうかを考えてみる。佐々木氏が「freee」を開発するうえで「できる」と感じた面は、インターン時代にシステムを開発した経験や、データソリューションカンパニーのALBERTで、非効率な経理業務の状況を目の当たりにしてきた経験だった。これが、「中小企業のテクノロジー導入が遅れている現状に対して何とかしたい」という「やりたい」と重なり合った。そのとき、「スモールビジネスの根幹を変えるサービスがつくれる」という確信を得たのである。

この「やりたい」と「できる」の重なりを見つけるには、普段の延長線上にないことに意識的に挑戦し、もがいてみるのが近道だ。すると、選択肢が徐々に増えていくにちがいない。

それは「マジで価値ある」ことか?

3か月間取り組みたいテーマが見えてきたら、こう自問してほしい。「その解決策は本当にベストか、価値があるのか」。この問いがブレない軸をつくるきっかけとなる。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
「3か月」の使い方で人生は変わる
「3か月」の使い方で人生は変わる
Googleで学び、シェアNo.1クラウド会計ソフトfreeeを生み出した「3か月ルール」
著者
佐々木大輔
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
日本実業出版社
定価
1,620円
出版日
2018年07月01日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.5
革新性
3.5
応用性
4.5
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
「3か月」の使い方で人生は変わる
未 読
「3か月」の使い方で人生は変わる
ジャンル
スキルアップ・キャリア 自己啓発・マインド
著者
佐々木大輔
出版社
日本実業出版社
定価
1,620円
出版日
2018年07月01日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

スタートアップ・ウェイ
スタートアップ・ウェイ
エリック・リース 井口耕二(訳)
未 読
無 料
リンク
トップも知らない星野リゾート
トップも知らない星野リゾート
前田はるみ 月刊『THE21』編集部(編)
未 読
リンク
働く大人のための「学び」の教科書
働く大人のための「学び」の教科書
中原淳
未 読
リンク
Branding Inside Out
Branding Inside Out
Nicholas Ind
未 読
リンク
TRUST
TRUST
レイチェル・ボッツマン
未 読
無 料
リンク
ホモ・デウス(上)
ホモ・デウス(上)
ユヴァル・ノア・ハラリ 柴田裕之(訳)
未 読
無 料
リンク
人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている
人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている
ふろむだ
未 読
無 料
リンク
藤原和博の必ず食える1%の人になる方法
藤原和博の必ず食える1%の人になる方法
藤原和博
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
天才を殺す凡人
天才を殺す凡人
北野唯我
未 読
リンク
2
好かれる人の話し方、信頼される言葉づかい
好かれる人の話し方、信頼される言葉づかい
桑野麻衣
未 読
リンク
3
お金の流れで読む日本と世界の未来
お金の流れで読む日本と世界の未来
ジム・ロジャーズ 大野和基(訳)
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

『最高の組織』
【書店員のイチオシ】 『最高の組織』
2019.05.24 update
リンク
出版社のイチオシ#014
出版社のイチオシ#014
2019.05.17 update
リンク
【五月病予防】やる気を取り戻すための本5冊
【五月病予防】やる気を取り戻すための本5冊
2019.05.09 update
リンク
『儲けのしくみを誰でもつくれるすごいノート』酒井 威津善
【書店員のイチオシ】 『儲けのしくみを誰でもつくれるすごいノート』酒井 威津善
2019.05.03 update
リンク

Interview
インタビュー

「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
【インタビュー】 「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
2019.05.20 update
リンク
人生という「ゲーム」を攻略するには?
【インタビュー】 人生という「ゲーム」を攻略するには?
2019.04.25 update
リンク
「勝間式超コントロール思考」で人生が変わる!
【インタビュー】 「勝間式超コントロール思考」で人生が変わる!
2019.04.08 update
リンク
「名著は『現代を読む教科書』」
【インタビュー】 「名著は『現代を読む教科書』」
2019.04.03 update
リンク
1
天才を殺す凡人
天才を殺す凡人
北野唯我
未 読
リンク
2
好かれる人の話し方、信頼される言葉づかい
好かれる人の話し方、信頼される言葉づかい
桑野麻衣
未 読
リンク
3
お金の流れで読む日本と世界の未来
お金の流れで読む日本と世界の未来
ジム・ロジャーズ 大野和基(訳)
未 読
リンク
孤独死の約7割は男性 『男の孤独死』
孤独死の約7割は男性 『男の孤独死』
2018.01.19 update
リンク
ナショナル ジオグラフィックの編集哲学
ナショナル ジオグラフィックの編集哲学
2017.10.23 update
リンク