サブスクリプション
「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル

未 読
サブスクリプション
ジャンル
著者
ティエン・ツォ ゲイブ・ワイザート 御立英史(訳)
出版社
ダイヤモンド社 出版社ページへ
定価
1,800円 (税抜)
出版日
2018年10月24日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
サブスクリプション
サブスクリプション
「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル
著者
ティエン・ツォ ゲイブ・ワイザート 御立英史(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
ダイヤモンド社 出版社ページへ
定価
1,800円 (税抜)
出版日
2018年10月24日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.5
本の購入はこちら
レビュー

2019年は、日本のサブスクリプション元年になるだろう。日経は次のように解説している。「サブスクリプションとは、日本語で『定額利用』。企業が製品やサービスを売り切るのではなく、消費者に定額料金で貸し出す。『所有から利用へ』という消費形態の変化に対応し、急速に広がっている」(2018/11/1)。

サブスクリプションといえば、もともと雑誌などの定期購読を指す言葉だった。それが新しいビジネスモデルとして急速に注目を浴びるようになったのは、顧客(サブスクライバー)との取引がデジタルでおこなわれるようになってからである。デジタル化により、顧客一人ひとりに対してきめ細かく、かつ長期的なサービスを提供することが可能になった。これに伴いサブスクリプション・モデルも、ソフトウェアやメディア産業において急速に広がっている。

顧客と親密な関係を築くことは、「顧客に常に驚きと満足を与え続けなければならない」という宿命を受け入れるのと引きかえに、企業の収益に安定性と高い成長をもたらす。実際にサブスクリプション企業は、S&P500企業の8倍もの速さで成長を遂げているという。

このモデルはすべての産業で導入可能というのが著者らの主張だ。ではどのように機能しているのか、このモデルを適用するにはどうすればよいのか――本書はこうした疑問に対して丁寧に答えてくれる。サブスクリプションについて理解を深めたければ、本書の熟読を強くおすすめしたい。

しいたに

著者

ティエン・ツォ (Tien Tzuo)
Zuora 創業者兼 CEO
セールスフォース・ドットコムの創業期に入社し、CMO(最高マーケティング責任者)やCSO(最高戦略責任者)を歴任。同社での経験から「サブスクリプション・エコノミー」の到来をいち早く予見し、2007年にZuoraを創業しCEOに就任。Zuoraは、従来のプロダクト販売モデルからサブスクリプション・モデルへのビジネスモデル変革と収益向上を支援するSaaSプロバイダで、世界に1,000社以上の顧客を持つ。2018年4月にニューヨーク証券取引所に上場。

ゲイブ・ワイザート (Gabe Weisert)
Zuoraの『Subscribed』誌編集長。これまでにヤフー!、フォーブス・ドットコムで執筆・編集業務に携わったほか、アンドリュー・ハーパー・トラベルのシニアウェブエディターを務めた。

本書の要点

  • 要点
    1
    いま新たなサブスクリプション企業が次々と立ち上がっている。その一方で、従来のプロダクト販売モデルの企業が、続々とサブスクリプション・モデルへの移行・導入に動いている。
  • 要点
    2
    顧客の関心は「所有」から「利用」へと移っている。先行している企業事例は、この変化の本質を正しくとらえれば、すべての産業に成長の機会があることを示している。
  • 要点
    3
    活動の中心を顧客に据えることで、組織のあらゆる機能の役割が変わる。組織自体も、製品とサービスも継続的に進化していくことが常態となる。

要約

これがサブスクリプションだ

顧客と継続的な関係を築く
YurolaitsAlbert/gettyimages

サブスクリプションは、単なる課金形態の変更ではなく、ビジネスモデルの変革である。本書の前半では、小売り、メディア、運輸交通、新聞・出版、テクノロジー、製造など各業界のサブスクリプション企業の事例が紹介されている。ここではその中から3つの事例――ギター、クルマ、新聞――を取り上げる。

サブスクリプションがもたらしているのは、企業と顧客との新しい関係だ。これまでの売り切りのモデルでは、製品を誰が買ったのか、どんな使われ方をしているのかについて、企業はほとんど知る術を持たなかった。それに対してサブスクリプション企業は、顧客(サブスクライバー)一人ひとりと向き合い、直接的かつ継続的な関係を築いている。

その好例として挙げられるのが、エレキギターのつくり手であるフェンダーが始めた「フェンダー・プレイ(Fender Play)」という、定額利用のオンライン教育動画サービスである。ギターは難しい楽器で、購入してもほとんどの人が初心者の段階で離れていってしまう。そこでこのサービスでは、ギター初心者が最初のリフや曲を30分程度でマスターできるよう個別に指導する。

ここで重要なのは、学習を通じて顧客と継続的に対話をすることだ。これは顧客を単なる「ギターの所有者」として見るのではなく、「生涯にわたる音楽愛好家」として見るということを示している。

未来を見すえる自動車業界

クルマの場合、サブスクリプションは従来のリースとどう違うのか。

リースは特定のクルマに限定されるが、サブスクリプションではさまざまな車種に乗り換えられる。たとえばポルシェであれば、6つの車種から選ぶことが可能だ。またリースだと保険は自分で入る必要があるが、サブスクリプションでは登録、保険、保守といった厄介な手続きは無用である。燃料を入れること以外はすべて含まれており、契約が終わったときに買取らなくてもいいし、下取り価格を気にすることもない。クルマのメンテナンスについては、自動車メーカーのほうで気を遣ってくれる。

やがて来る自動運転の時代には、朝起きてから夜眠りにつくまで、あらゆる移動が1個のID(個人認証)だけで済むようになるだろう。そのときに顧客をロックインする(固定化する・囲い込む)のはどの会社か。サブスクリプションでのしのぎ合いは、その前哨戦ともいえる。

新聞は死んだのか
mizoula/gettyimages

2008年、とある雑誌は「新聞は死につつある」と宣言した。当時はオンラインの広告収入をベースにした無料コンテンツがジャーナリズムの世界を席巻し、やがて紙の新聞の息の根を止めるのではないかと危惧されていた。

ところがここにきて、デジタル版の新聞の購読者が飛躍的に伸びている。もともとサブスクリプション(定期購読)は、新聞や雑誌のビジネスモデルであったが、それがデジタルになって戻ってきたのだ。

たとえば『ニューヨーク・タイムズ』紙をつくっているのは、物理的な紙とインクではなく、ジャーナリストたちに他ならない。それはブランドであり、文化であり、価値観そのものである。その真の価値は内容にあるのであって、紙かオンラインか、あるいはモバイルかといったフォーマットにあるのではないのだ。

『ニューヨーク・タイムズ』ではすでにサブスクリプションによる収入が、広告収入を上回った。すなわち広告主ではなく、より読者の目線で記事を届けられるようになったというわけだ。

【必読ポイント!】サブスクリプション・モデルへの移行

顧客の成功が収益を生む

もしあなたが新しいアプリの開発に成功したスタートアップ企業であれば、サブスクリプションはビジネスの前提となるだろう。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

なぜ倒産
なぜ倒産
日経トップリーダー
未 読
リンク
日本企業が世界で戦うために必要なこと
日本企業が世界で戦うために必要なこと
小川浩平
未 読
リンク
ディープラーニング活用の教科書
ディープラーニング活用の教科書
日本ディープラーニング協会(監修) 日経クロストレンド(編集)
未 読
リンク
<効果的な利他主義>宣言!
<効果的な利他主義>宣言!
ウィリアム・マッカスキル 千葉敏生(訳)
未 読
リンク
知ってはいけない2
知ってはいけない2
矢部宏治
未 読
リンク
デジタル・エイプ
デジタル・エイプ
ナイジェル・シャドボルト ロジャー・ハンプソン 神月謙一(訳)
未 読
リンク
日経テクノロジー展望2019 世界をつなぐ 100の技術
日経テクノロジー展望2019 世界をつなぐ 100の技術
日経BP社(編集)
未 読
リンク
知的生産術
知的生産術
出口治明
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
2
コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと
大石哲之
未 読
リンク
3
あなたの知らない あなたの強み
あなたの知らない あなたの強み
古野俊幸
未 読
リンク

イチオシの本

未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年8~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年8~9月)
2020.09.28 update
リンク
「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
【〈連載〉レッツ・ビジネスワークアウト第1回】 「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
2020.09.22 update
リンク
今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
【〈連載〉大人の教養シリーズ 第1回】 今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
2020.09.15 update
リンク
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
2020.09.14 update
リンク

インタビュー

戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
2020.09.04 update
リンク
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
2020.07.22 update
リンク
ポストコロナライフの未来予測
ポストコロナライフの未来予測
2020.07.15 update
リンク
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
1
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
2
コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと
大石哲之
未 読
リンク
3
あなたの知らない あなたの強み
あなたの知らない あなたの強み
古野俊幸
未 読
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年5月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年5月号)
2020.05.01 update
リンク
「ウェブ」ではなく「本」を読まなければならない理由
「ウェブ」ではなく「本」を読まなければならない理由
2018.03.14 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『サブスクリプション』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る