ハードウェアハッカー
新しいモノを作る破壊と創造の冒険

未 読
ハードウェアハッカー
ジャンル
著者
アンドリュー・バニー・ファン 高須正和(訳) 山形治生(監訳)
出版社
技術評論社
定価
2,380円 (税抜)
出版日
2018年11月02日
評点
総合
4.5
明瞭性
3.5
革新性
5.0
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
ハードウェアハッカー
ハードウェアハッカー
新しいモノを作る破壊と創造の冒険
著者
アンドリュー・バニー・ファン 高須正和(訳) 山形治生(監訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
技術評論社
定価
2,380円 (税抜)
出版日
2018年11月02日
評点
総合
4.5
明瞭性
3.5
革新性
5.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

本書を手に取った方は、いたるところに写真付きで解説される具体的で明確なハッキング技術に目を奪われるだろう。それもそのはず、本書の著者は、Xboxをハックしたことで有名な世界的なハードウェアハッカー、アンドリュー”バニー”ファン。しかし、本書は単なるハッキングの解説本ではない。イノベーションを推進するための情報社会のあり方を示唆する良書である。

ハッカーという言葉から読者は悪い印象を受けるかもしれない。しかし本来ハッカーとは、さまざまなものを分析しときには破壊することで、その仕組みや性質を理解しようとする人たちのことだ。本書を読めば気づくはずだ。ハードウェアハッカーとは機械と会話ができる人たちなのだと。今後はIoTが普及して、身の回りのあらゆるものがインターネットにつながるという。ソフトウェアの世界にとどまっていてはテクノロジーの世界では生きてはいけなくなるだろう。

アメリカと中国の断絶が注目されている。その理由の一つは中国の緩くて「オープン」な知的財産システムにあるのだと言われている。しかし、中国式の知的財産管理は完全に間違っているのだろうか。欧米諸国が採用しているクローズドな知的財産の仕組みが新たなイノベーションを生みやすいといえるのだろうか。本書のタイトルにある「破壊」という言葉には、きっと今までの常識や考え方を根底からくつがえすという意味が込められている。

香川 大輔

著者

アンドリュー”バニー”ファン
ハッカー、メイカー、オープンハードウェアアクティビスト。MITにて電気工学のPh.Dを取得。『Hacking the Xbox』著者。ハードウェアスタートアップや雑誌『MAKE』のテクニカルアドバイザーを務める。
【Blog】https://www.bunniestudios.com/
【Twitter】https://twitter.com/bunniestudios

本書の要点

  • 要点
    1
    中国には、安価に大量生産するための技術もノウハウもある。しかし、実際に発注を進めるにあたっては、BOMや見積りなどで注意すべき点が多い。
  • 要点
    2
    中国のオープンな知的財産の仕組みでは、深刻なニセモノを生み出...
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
ハードウェアハッカー
ハードウェアハッカー
新しいモノを作る破壊と創造の冒険
著者
アンドリュー・バニー・ファン 高須正和(訳) 山形治生(監訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
技術評論社
定価
2,380円 (税抜)
出版日
2018年11月02日
評点
総合
4.5
明瞭性
3.5
革新性
5.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
ハードウェアハッカー
未 読
ハードウェアハッカー
ジャンル
起業・イノベーション グローバル テクノロジー・IT サイエンス
著者
アンドリュー・バニー・ファン 高須正和(訳) 山形治生(監訳)
出版社
技術評論社
定価
2,380円 (税抜)
出版日
2018年11月02日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

<効果的な利他主義>宣言!
<効果的な利他主義>宣言!
ウィリアム・マッカスキル 千葉敏生(訳)
未 読
リンク
デジタル・エイプ
デジタル・エイプ
ナイジェル・シャドボルト ロジャー・ハンプソン 神月謙一(訳)
未 読
リンク
日経テクノロジー展望2019 世界をつなぐ 100の技術
日経テクノロジー展望2019 世界をつなぐ 100の技術
日経BP社(編集)
未 読
リンク
黄金のアウトプット術
黄金のアウトプット術
成毛眞
未 読
リンク
MBA 問題解決100の基本
MBA 問題解決100の基本
グロービス(著) 嶋田毅(執筆)
未 読
リンク
知的生産術
知的生産術
出口治明
未 読
リンク
破天荒フェニックス
破天荒フェニックス
田中修治
未 読
リンク
ベルリン・都市・未来
ベルリン・都市・未来
武邑光裕
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

今年こそやってみたいこと、ありませんか?
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
2020.01.20 update
リンク
資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
【書店員のイチオシ】 資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
2020.01.17 update
リンク
「ピンチをチャンスに変える」方法『会社を潰すな!』
「ピンチをチャンスに変える」方法『会社を潰すな!』
2020.01.07 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年1月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年1月号)
2020.01.06 update
リンク

Interview
インタビュー

落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
2020.01.10 update
リンク
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
2019.12.23 update
リンク
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
2019.12.17 update
リンク
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
『佐藤優直伝! 最強の働き方』
『佐藤優直伝! 最強の働き方』
2019.09.25 update
リンク
AIによって働き方はどう変わる?
AIによって働き方はどう変わる?
2017.07.13 update
リンク