丹羽宇一郎 習近平の大問題
不毛な議論は終わった。

未 読
丹羽宇一郎 習近平の大問題
ジャンル
著者
丹羽宇一郎
出版社
東洋経済新報社 出版社ページへ
定価
1,620円
出版日
2018年12月27日
評点
総合
3.5
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
丹羽宇一郎 習近平の大問題
丹羽宇一郎 習近平の大問題
不毛な議論は終わった。
著者
丹羽宇一郎
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
東洋経済新報社 出版社ページへ
定価
1,620円
出版日
2018年12月27日
評点
総合
3.5
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.0
本の購入はこちら
レビュー

自分が暮らしたり、仕事をしたり、旅行にすら行ったことのない国について考えるとき、そのほとんどは「どこかで聞いたことがある」程度の情報でしかイメージできないだろう。その程度の情報をもとに自分の主張を述べても、根拠は薄弱で、説得力は持ちえない。

それは中国であっても同じことだろう。しかし難しいのは、日本にとって中国はまさに隣近所の国で、欧米諸国などと比べると似ているところも多いから、イメージだけはしやすいことである(正しいか、間違っているかは別にして)。だからたとえ行ったことはなくても、巷に流れる情報だけで、なんとなく「知っている」と錯覚する国ではないだろうか。

本書をお読みいただくと、自分がまさにそんな錯覚をしていることに気づかされるだろう。共産党独裁、海洋進出、一帯一路構想など、中国はよく、日本にとって対峙すべき脅威の文脈で語られる。もちろんそれを完全には否定できないが、脅威だけが増幅すると、実態からかけ離れたイメージだけが膨らんでいく。そしていつの間にか、相手を敵としてしか見られなくなる。これは、かつての日本が戦時中に経験したことではないか。

それを避けるには、イメージではなく、実際に見て、聞いて、感じて、中国を深く理解することだろう。もちろんそれでも人によって見方は異なるかもしれないし、誰にでもできることではない。だが著者は実際に、習近平氏と何度も会ったことがある数少ない人物である。実物大の中国を少しでも知ろうとするならば、きっと参考になる一冊だ。

三浦 健一郎

著者

丹羽 宇一郎(にわ ういちろう)
1939年、愛知県生まれ。名古屋大学法学部を卒業後、伊藤忠商事に入社。1998年、社長に就任。1999年、約4000億円の不良資産を一括処理し、翌年度の決算で同社史上最高益(当時)を記録。2004年、会長に就任。内閣府経済財政諮問会議議員、日本郵政取締役、国際連合世界食糧計画(WFP)協会会長などを歴任し、2010年、民間出身では初の中国大使に就任。現在、公益社団法人日本中国友好協会会長、早稲田大学特命教授、伊藤忠商事名誉理事。著書に、『丹羽宇一郎 戦争の大問題』(東洋経済新報社)、『人は仕事で磨かれる』(文藝春秋)、『死ぬほど読書』(幻冬舎)、『中国の大問題』『日本の未来の大問題』(共にPHP研究所)など多数。

本書の要点

  • 要点
    1
    習近平が掲げるテーマは「中華民族の夢」だ。また国内的には、反腐敗運動を進めるとともに、八大元老による長老支配を一掃しようとしている。
  • 要点
    2
    習近平の対外政策は、より広い地域を手中に収めることが狙いだと受け止められていることが多い。しかしその見方は正しくない。目指しているのはアジア諸国との共存共栄である。
  • 要点
    3
    中国の大問題として挙げられるのは、信用のおけない国内の統計数字および金融市場の自由化だ。いずれ民主化していくのは必然の流れだが、これは人類史上初の挑戦となる。

要約

習近平の目ざす「中華民族の夢」

中華民族の夢
roibu/gettyimages

本書の主役、習近平氏は1953年生まれ(本書執筆時65歳)で、中国共産党中央委員会総書記、国家主席、国家中央軍事委員会主席の三権を掌握する、名実ともに中国の最高指導者である。本人と十数回は会ったことのある著者によると、彼は人間的には口数少なく温和、弱者の気持ちを理解できる人物だ。

そんな習近平は、どのような狙いをもって中国を率いているのか。中国国内の政策における彼の狙いを明らかにすることから本書は始まる。

まずは「中華民族の夢」の実現だ。習近平はこれを、主席就任演説においても繰り返し宣言している。

中国は19世紀から20世紀の前半にかけて、諸外国からいろいろなものを奪われた。香港をイギリスに奪われたことに始まり、ロシア、日本、ドイツ、フランス、アメリカが中国に進出してきた。自分の国なのに主権がないという屈辱。そんな屈辱を味わった中華民族に、誇りと大国の地位を取り戻させる試みが「中華民族の夢」だ。この試みが成功すれば、中国人の深層心理にある敗北感、劣等感を払拭することができるだろう。

反腐敗運動

中国では、習近平の人気は高い。その理由のひとつは、国民の生活が向上しつつあるから。もうひとつは、反腐敗運動が国民の支持を得ているからだ。

汚職や腐敗が蔓延している中国では、国有公社の粉飾会計でさえ、役人への賄賂によって目こぼしされている事実がある。このようにして地方の公社は、不良資産となっていった。

その負債金額を合算すれば、成長の足を引っ張る大きな重荷にさえなりえるだろう。この状況を改善しない限り、中国の近代化はない。

一方で反腐敗運動は、習近平による権力強化を目的とする、粛清の観点から語られることも多い。完全には否定できないが、権力を掌握する目的だけで粛清を続けているという見立ては、賛同できるものではない。単なる権力欲だけの人物に、そこまでする覚悟があるはずもないだろう。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
丹羽宇一郎 習近平の大問題
丹羽宇一郎 習近平の大問題
不毛な議論は終わった。
著者
丹羽宇一郎
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
東洋経済新報社 出版社ページへ
定価
1,620円
出版日
2018年12月27日
評点
総合
3.5
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.0
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
丹羽宇一郎 習近平の大問題
未 読
丹羽宇一郎 習近平の大問題
ジャンル
グローバル 政治・経済
著者
丹羽宇一郎
出版社
東洋経済新報社 出版社ページへ
定価
1,620円
出版日
2018年12月27日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

RE:THINK
RE:THINK
スティーヴン・プール 佐藤桂(訳)
未 読
リンク
MiND
MiND
ジョン・R. サール 山本貴光(訳) 吉川浩満(訳)
未 読
リンク
14歳からの資本主義
14歳からの資本主義
丸山俊一
未 読
リンク
鎌倉資本主義
鎌倉資本主義
柳澤大輔
未 読
リンク
伝達の整理学
伝達の整理学
外山滋比古
未 読
リンク
東京格差
東京格差
中川寛子
未 読
リンク
「金融パーソン」はどう生きるか
「金融パーソン」はどう生きるか
窪田泰彦
未 読
リンク
経営戦略としての異文化適応力
経営戦略としての異文化適応力
宮森千嘉子 宮林隆吉
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
女の機嫌の直し方
女の機嫌の直し方
黒川伊保子
未 読
リンク
2
実験思考
実験思考
光本勇介
未 読
リンク
3
科学的に証明された究極の「なし遂げる力」
科学的に証明された究極の「なし遂げる力」
ショーン・ヤング 児島修(訳)
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

自分なりの「問題意識」、見つけてみませんか
自分なりの「問題意識」、見つけてみませんか
2019.06.12 update
リンク
『新・魔法のコンパス』をビジネスパーソンに勧める理由
『新・魔法のコンパス』をビジネスパーソンに勧める理由
2019.06.11 update
リンク
出版社のイチオシ#015
出版社のイチオシ#015
2019.06.07 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年6月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年6月号)
2019.06.01 update
リンク

Interview
インタビュー

映画化記念! AI研究者が語る「女の機嫌の直し方」
【インタビュー】 映画化記念! AI研究者が語る「女の機嫌の直し方」
2019.06.21 update
リンク
令和時代の最強スキル、「考える力」を身につけるには?
【インタビュー】 令和時代の最強スキル、「考える力」を身につけるには?
2019.06.13 update
リンク
「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
【インタビュー】 「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
2019.05.20 update
リンク
人生という「ゲーム」を攻略するには?
【インタビュー】 人生という「ゲーム」を攻略するには?
2019.04.25 update
リンク
1
女の機嫌の直し方
女の機嫌の直し方
黒川伊保子
未 読
リンク
2
実験思考
実験思考
光本勇介
未 読
リンク
3
科学的に証明された究極の「なし遂げる力」
科学的に証明された究極の「なし遂げる力」
ショーン・ヤング 児島修(訳)
未 読
リンク
『考える練習帳』
『考える練習帳』
2017.12.01 update
リンク
フロム『愛するということ』読書会イベントレポート
フロム『愛するということ』読書会イベントレポート
2016.11.28 update
リンク