「湘南」の誕生
音楽とポップ・カルチャーが果たした役割

未 読
「湘南」の誕生
ジャンル
著者
増淵敏之
出版社
リットーミュージック 出版社ページへ
定価
1,600円 (税抜)
出版日
2019年02月28日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
「湘南」の誕生
「湘南」の誕生
音楽とポップ・カルチャーが果たした役割
著者
増淵敏之
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
リットーミュージック 出版社ページへ
定価
1,600円 (税抜)
出版日
2019年02月28日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

「湘南」はどこからどこまでか。改めて考えてみると、その範囲は極めて曖昧であることがわかる。行政区域上の「湘南」と自動車ナンバーが示す「湘南」とでは範囲が異なるし、気象庁のいう「湘南」もまた異なる。

このように不思議なエリアであるにもかかわらず、「湘南」が日本でも屈指のブランド力を持っていることは興味深い。「湘南」といって思い浮かべるのは、お洒落な海沿いや高級な住宅、そしてヤンキーだろう。複数のイメージがあり、範囲もはっきりしないエリアなのに、なぜ人びとを強く惹きつけるのだろうか?

本書の目的は、この不思議なエリアを徹底分析することにある。地理的な考察に加えて、「湘南」をあつかった音楽、文学、映像、マンガ、アニメなどから、「湘南」というイメージがどのような経緯で形成されたのかを考えていく。本書で取り上げられる作品の数は多岐にわたり、その数の多さに、「湘南」の凄さを再認識することになる。懐かしさを覚えるものもあり、もう一度作品を確認したくなってしまう危険性もはらんでいる。

本書は、「湘南」に興味がある読者にとって、湘南のブランドが形成されてきたストーリーとプロセスを楽しめるものだ。また、特定のエリアのブランディングを考えるうえでも大いに参考になるだろう。「湘南」論を楽しみつつ、いかに「湘南」ブランドが形成されてきたかの記録としてもお読みいただける一冊だ。

加藤智康

著者

増淵 敏之(ますぶち としゆき)
現在、法政大学大学院政策創造研究科教授。専門は文化地理学、経済地理学、外部委員、社会活動としてはコンテンツツーリズム学会会長、文化経済学会〈日本〉副会長、タマサート大学(タイ国)客員研究員(2017年度)、法政大学地域創造システム研究所所長、希望郷いわて文化大使、小田原市政策戦略アドバイザーなど。主な著作に2010年『物語を旅するひとびと』(単著/彩流社)、『欲望の音楽』(単著/法政大学出版局)、2012年『路地裏が文化を生む!』(単著/青弓社)、2016年『きょうのごはんは「マンガ飯」』(watoとの共著/旭屋出版)、2017年『おにぎりと日本人』(単著/洋泉社)、2018年『ローカルコンテンツと地域再生』(単著/水曜社)など多数。研究の傍ら、地域発コンテンツ創出の実践例も多数。
1957年、札幌市生まれ、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了、学術博士。NTV映像センター、FM北海道、東芝EMI、ソニー・ミュージックエンタテインメントにおいて放送番組、音楽コンテンツの制作及び新人発掘等に従事。

本書の要点

  • 要点
    1
    「湘南」という言葉は、地理的な範囲を厳密に定義したものではない。
  • 要点
    2
    「湘南」のイメージが複数あるのは、小説、音楽、映画、マンガ、アニメなどのコンテンツ作品による影響が大きい。別荘文化からは「高級、富裕層」イメージが、海やサザンオールスターズからは「若者」イメージが、そして『スラムダンク』などからはヤンキーイメージが形成されているはずだ。この3つの層が重ねあわさって、「湘南」のイメージが形成されている。

要約

「湘南」の範囲とイメージ

「湘南」が指す範囲

お洒落な海沿いのエリアというイメージが定着している「湘南」。このエリアは、不思議なエリアでもある。それは、単に「湘南」といっても範囲が曖昧で、人によってイメージするエリアが異なっているからだ。

実際に、自動車ナンバーの「湘南」と行政区域の「湘南」、そして気象庁のいう「湘南」は、それぞれ指す範囲が異なる。しかも、一般的な「湘南」のイメージに近い鎌倉市、逗子市、葉山町はいずれにも含まれていない。

各人によってとらえ方が異なる「湘南」だが、魅力的なイメージは共通している。本書のテーマは、そんな魅力的な「湘南」のイメージ形成のプロセスや伝達のプロセスを明らかにしていくことだ。本書では葉山から大磯にかけての相模湾沿岸を「湘南」と定義し、検証していく。

国道134号線沿線
gyro/gettyimages

歴史性を加味しつつ、「湘南」を少し広義に捉えるとするならば、国道134号線沿線といえるだろう。具体的には、横須賀市の長者ヶ崎から大磯駅前の沿線である。このルートを車で走ってみると、きっと納得できるはずだ。

長者ヶ崎からスタートすると、左手に葉山御用邸、葉山マリーナを通り過ぎる。逗子市の中心街を右手に見て、丘の上の披露山庭園住宅地の横を抜けていくと、逗子マリーナのリゾートマンション群を左手に走ることになる。

トンネルを抜けて少し行くと、鎌倉市に入る。川を挟んで左側は由比ヶ浜。過去には夏目漱石の『こころ』にも登場したスポットだが、今やサーファーのメッカになっている。このあたりから江ノ島電鉄と並走し、江ノ島へ。鵠沼、辻堂、茅ヶ崎のサザンビーチと進み、相模川を越えると平塚だ。終点は、大磯ロングビーチが有名なJR大磯駅である。

このコースを走ってみると、「湘南」に関してほとんど共通のイメージが描けるだろう。何よりも「海」である。「海」を中心としたイメージ形成が行われている地域は他にもあるが、「湘南」のブランドイメージは最高位だといえよう。

「湘南」のイメージを創る3つの要素
paylessimages/gettyimages

「湘南」はどのようなイメージで捉えられているのだろうか。実は意外と、「湘南」全体に関するイメージ調査は数少ない。

2003年に実施された「湘南ブランドの価値に関する研究」によると、地元住民の54%が江ノ島および海という環境に「湘南」ブランドを感じているという。一方、「湘南」以外の神奈川県民の53%、他県の住民の40%が「サザンオールスターズ」「サーフィン」といった非環境にブランドを感じている。

アンケートの形式によっては、もう少し別のイメージが見いだせたかもしれない。だがいずれにせよ、「湘南」のイメージとして何より目立つのは「海」や「夏」であろう。加えて、鎌倉、葉山などには別荘文化の「高級、富裕層」イメージ。海やサザンオールスターズからは「若者」イメージ。『スラムダンク』などからはヤンキーイメージが形成されているはずだ。そしてこの3つの層が重ねあわさって、「湘南」のイメージが形成されているのではないだろうか。本書では、この仮説を検証する形で論を進めていく。

【必読ポイント!】 コンテンツ作品によるイメージ形成

「湘南」を生活圏にした「音楽」

「湘南」と音楽が結びついたのは、「湘南」サウンド以降であろう。湘南サウンドの定義は1960年代以降、「湘南」(主に茅ヶ崎)育ちの若者を中心に発表された、海やスローライフをテーマとする音楽だ。加山雄三やサザンオールスターズ、TUBEなど、数々のアーティストがその代表格である。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

ことばの「なまり」が強みになる!
ことばの「なまり」が強みになる!
吉村誠
未 読
リンク
民主主義の死に方
民主主義の死に方
スティーブン・レビツキー ダニエル・ジブラット 濱野大道(訳)
未 読
リンク
知らない人を採ってはいけない
知らない人を採ってはいけない
白潟敏朗
未 読
リンク
持たざる経営の虚実
持たざる経営の虚実
松岡真宏
未 読
リンク
新・小売革命
新・小売革命
劉潤
未 読
リンク
好奇心が未来をつくる
好奇心が未来をつくる
ソニーコンピュータサイエンス研究所
未 読
リンク
心を整えルー
心を整えルー
大柴宗徹
未 読
リンク
フューチャー・プレゼンス
フューチャー・プレゼンス
ピーター・ルービン 高崎拓哉(訳)
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
Think right
Think right
ロルフ・ドベリ 中村智子(訳)
未 読
リンク
2
稼ぐ人の「超速」文章術
稼ぐ人の「超速」文章術
中野巧
未 読
リンク
3
LIFESPAN(ライフスパン)
LIFESPAN(ライフスパン)
梶山あゆみ(訳) デビッド・A・シンクレア マシュー・D・ラプラント
未 読
リンク

イチオシの本

「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
【〈連載〉レッツ・ビジネスワークアウト第1回】 「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
2020.09.22 update
リンク
今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
【〈連載〉大人の教養シリーズ 第1回】 今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
2020.09.15 update
リンク
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
2020.09.14 update
リンク
出版社のイチオシ#037
出版社のイチオシ#037
2020.09.11 update
リンク

インタビュー

戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
2020.09.04 update
リンク
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
2020.07.22 update
リンク
ポストコロナライフの未来予測
ポストコロナライフの未来予測
2020.07.15 update
リンク
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
1
Think right
Think right
ロルフ・ドベリ 中村智子(訳)
未 読
リンク
2
稼ぐ人の「超速」文章術
稼ぐ人の「超速」文章術
中野巧
未 読
リンク
3
LIFESPAN(ライフスパン)
LIFESPAN(ライフスパン)
梶山あゆみ(訳) デビッド・A・シンクレア マシュー・D・ラプラント
未 読
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年5~6月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年5~6月)
2020.06.26 update
リンク
丸亀製麺はなぜうどん業界でトップになれたのか?
丸亀製麺はなぜうどん業界でトップになれたのか?
2018.11.07 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『「湘南」の誕生』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る