葉隠 処世の道

未 読
葉隠 処世の道
ジャンル
著者
前田信弘(編訳)
出版社
日本能率協会マネジメントセンター 出版社ページへ
定価
1,600円 (税抜)
出版日
2019年11月10日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
葉隠 処世の道
葉隠 処世の道
著者
前田信弘(編訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
日本能率協会マネジメントセンター 出版社ページへ
定価
1,600円 (税抜)
出版日
2019年11月10日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

「死ぬ事と見つけたり」という言葉で武士道を表現したことで有名な『葉隠』。本書は、『葉隠』のエッセンスを抽出し、ビジネスシーンで応用できるように編訳したものだ。

『葉隠』が書かれた江戸時代中期は、乱世とはかけ離れた泰平の世だった。主君に忠節を尽くす武士道の倫理は、江戸時代に徳川幕府が儒教的価値観を取り入れた影響で形成された。また頻繁に主君を変えたり裏切ったりしながら、弱肉強食の世界を実力でのし上がっていく下剋上も、戦国時代までの武士の生き方の一つだった。

『葉隠』の時代の武士は、責任をとるために切腹することはあれども、戦場で命のやり取りをする機会はなく、一生を穏やかに過ごし、役所勤めの公務員のような生活をしていた。だからこそ、刀を差す戦闘階級たる侍としての心構えや、善き生き方とはいかなるものなのかという理念を、深く探究したのだろう。つまり『葉隠』に描かれている武士道は、戦場での生き死にの経験をくぐり抜けた実践的な言葉ではなく、理念化された言葉なのである。

一方で、家来=部下として成功するためにいかに振る舞うのがよいのか、人とうまく付き合うためにはどうすればよいのかといった、当時の武士の実践的で現実的な処世術が数多く描かれている点も興味深い。日本文化の根幹を為す考え方がまとめられた本書からは、組織の一員や中間管理職の立場から、いかに上司や部下と付き合い、仕事と向き合えばよいのかについて、舶来のビジネス書以上に現代日本にマッチした観点を得られるのではないだろうか。

大賀祐樹

著者

前田 信弘(まえだ のぶひろ)
経営コンサルタント。高校講師、専門学校教員を経て独立。長年、経営、会計、金融、マーケティングなど幅広くビジネス教育に取り組むとともに、さまざまなジャンルで執筆・コンサルティング活動を行う。あわせて歴史や古典などをビジネスに活かす研究にも取り組んでいる。著書に『コンテンポラリー・クラシックス 武士道 ぶれない生きざま』『コンテンポラリー・クラシックス 韓非子 人を動かす原理』『コンテンポラリー・クラシックス 五輪書 わが道をひらく』『君の志は何か 超訳 言志四録』(日本能率協会マネジメントセンター)、『知識ゼロからのビジネス韓非子』『知識ゼロからのビジネス論語』『知識ゼロからの孫子の兵法入門』(幻冬舎)などがある。

本書の要点

  • 要点
    1
    「武士道といふは、死ぬ事と見つけたり」という一文は、死を美化・奨励したものではなく、生に真摯に向き合い、一生奉公を勤め上げる覚悟を表現したものである。
  • 要点
    2
    人に意見をすることは大切だが、難しい。さまざまに気配りをし、直接言わなくても相手が思い当たるようにするのが理想的だ。
  • 要点
    3
    好きなものは、おのずと自分のもとに集まってくるものだ。そのため、すぐれた人材を集めたいのであれば、ひたすらよい人材を好むことが大切だ。

要約

『葉隠』とは

成り立ち
artisteer/gettyimages

葉隠』は、江戸中期の将軍吉宗の時代、享保元年(1716年)ごろに、2人の佐賀藩士によって生み出され、完成したとされている口述の聞書である。

口述者である山本常朝(やまもとじょうちょう)は、佐賀藩の二代藩主鍋島光茂(なべしまみつしげ)の側近として仕えた人物だ。光茂は常朝が42歳のときに亡くなった。常朝は主君のあとを追って切腹するつもりでいたが、これは許されず、後を追うことがかなわなかった。彼はやむなく出家し、佐賀市にある金立山(きんりゅうざん)の山すそで余生を過ごした。

常朝の口述を筆録したのが、田代陣基(たしろつらもと)である。陣基は常朝よりも19歳年下で、3代藩主綱茂(つなしげ)の文書・記録をつかさどる役割を担っていた。だが、32歳のときに解任され、失意のなか、常朝の草庵を訪ねることとなる。その後、約7年の歳月を費やし、常朝の談話を筆記していった。失意の底にいる青年にとって、常朝の言葉は心にしみるものだっただろう。

構成

葉隠』は、武士の生きざまを生々しく伝える書だ。常朝は『葉隠』の中で、佐賀藩の藩祖鍋島直茂(なべしまなおしげ)や初代藩主鍋島勝茂(なべしまかつしげ)、さらには9歳のころから仕えた鍋島光茂(なべしまみつしげ)はじめ家臣団のことを語っている。

葉隠』は、総論ともいえる位置づけの序文「夜陰の閑談」と、「聞書1」から「聞書11」までの全11巻から成る武士道の教訓・説話集である。

「夜陰の閑談」には4つの請願が掲げられている。「武士道において後(おく)れをとってはならないこと」「主君のご用に立つべきこと」「親に孝行するべきこと」「大慈悲(悲しみ哀れむ心)を起こして人のためになること」だ。これらの請願を毎朝仏神の前で自分の心に刻めば、後ずさりせず、一歩ずつ前に進めるようになるのだという。

【必読ポイント!】人生

日々、生に真摯に向き合う

葉隠』においてもっとも有名な一文は、「武士道といふは、死ぬ事と見つけたり」だ。この言葉は、死を美化・奨励しているのではないかと誤解する人もいるかもしれないが、決してそのようなことはない。死ぬか生きるか、二つに一つという場合に、いち早く死を取るだけのことだ。

人はだれでも、死ぬよりも生きるほうが好きなものだ。往々にして人は好きなほうに理屈をつけるものである。

目的を果たせず死ねば犬死だが、決して恥ではない。毎朝毎夕、繰り返し命を捨てる修行を積み、常に死に身になってはじめて、武士道において自由を得て、一生失敗なく家職を果たすことができる。つまり、決定的な場面では自分の利害に関係なく、身を処す覚悟を持つこと。そして、死に身になる心構えを持って生きることで、生に真摯に向き合い、無事に奉公し続けることができるのだと説いている。

仕事

どのような仕事であっても
AzmanL/gettyimages

常朝は『葉隠』の中で、奉公にどう取り組むべきかを説いている。現代人にとっては、仕事への取り組み方に読みかえられるだろう。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

OVER
OVER
上原浩治
未 読
リンク
Mindful eating
Mindful eating
高橋由紀子(訳) ジャン・チョーズン・ベイズ 石川善樹(監修)
未 読
リンク
アリババ
アリババ
土方奈美(訳) ミン・ゾン
未 読
リンク
17スタートアップ
17スタートアップ
中村信男(監修) 畠山和也(編著)
未 読
リンク
事業を創るとはどういうことか
事業を創るとはどういうことか
三木言葉
未 読
リンク
コラプション
コラプション
山形浩生(訳) 守岡桜(訳) レイ・フィスマン ミリアム・A・ゴールデン
未 読
リンク
ニューヨーク大学人気講義 HAPPINESS(ハピネス)
ニューヨーク大学人気講義 HAPPINESS(ハピネス)
スコット・ギャロウェイ 渡会圭子 (訳)
未 読
リンク
最高の集い方
最高の集い方
関美和(訳) プリヤ・パーカー
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
2
コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと
大石哲之
未 読
リンク
3
あなたの知らない あなたの強み
あなたの知らない あなたの強み
古野俊幸
未 読
リンク

イチオシの本

今だからこそ読みたい、未来を考えるための3冊
【〈連載〉わたしたちの未来の話をしよう 第1回】 今だからこそ読みたい、未来を考えるための3冊
2020.09.29 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年8~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年8~9月)
2020.09.28 update
リンク
「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
【〈連載〉レッツ・ビジネスワークアウト第1回】 「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
2020.09.22 update
リンク
今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
【〈連載〉大人の教養シリーズ 第1回】 今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
2020.09.15 update
リンク

インタビュー

戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
2020.09.04 update
リンク
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
2020.07.22 update
リンク
ポストコロナライフの未来予測
ポストコロナライフの未来予測
2020.07.15 update
リンク
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
1
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
2
コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと
大石哲之
未 読
リンク
3
あなたの知らない あなたの強み
あなたの知らない あなたの強み
古野俊幸
未 読
リンク
秋に読みたい本
秋に読みたい本
2019.09.02 update
リンク
激震、ブロックチェーン技術の思わぬ落とし穴
激震、ブロックチェーン技術の思わぬ落とし穴
2018.02.13 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『葉隠 処世の道』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る