怯まず前へ

未 読
怯まず前へ
ジャンル
著者
酒井俊幸
出版社
定価
1,650円(税込)
出版日
2019年11月27日
評点
総合
3.5
明瞭性
4.0
革新性
3.0
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
怯まず前へ
怯まず前へ
著者
酒井俊幸
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,650円(税込)
出版日
2019年11月27日
評点
総合
3.5
明瞭性
4.0
革新性
3.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

「見ている人を感動させるものランキング」があったとしたら、スポーツはその上位に入るであろう。私は、ルールをよく知らないのと、楽しみ方がわからないという理由で、限られたスポーツしか観ないのだが、新年の箱根駅伝はつい観てしまう。選手たちは年末年始の休みを返上して練習に打ち込み、レース当日は寒さの中、長い距離をひた走る。その日のために、一体どれだけの努力を重ねてきたのだろうか。努力の末に、ゴールテープを切って、優勝チームがワッと湧くあの瞬間が訪れる。

著者、酒井俊幸氏は、東洋大学が箱根駅伝で初優勝した3ヶ月後に陸上競技部の監督に就任する。その頃は、まだまだ駅伝の強豪としての道を歩み始めたばかりで、チーム内の体制もあまり整っていなかったそうだ。

本書では、著者が監督就任後10年の間に実践してきたことが、「チーム作り」「チームワーク」「采配」「体調管理」「世界への意識」「フィジカルトレーニング」の6つの章に分けて語られている。スポーツ指導者はもちろん、ビジネスなどでチームを統率する立場の人にもおすすめだ。

また本書は、舞台裏ドキュメンタリー的な要素もある。「もうひとつの箱根駅伝」や、種目は変わるが「熱闘甲子園」「最後のロッカールーム」などのように、選手たちの熱い想いに胸を打たれること請け合いの一冊だ。

泉未来

著者

酒井俊幸(さかい としゆき)
東洋大学陸上競技部 長距離部門監督。
1976年福島県生まれ。学校法人石川高等学校卒業後、東洋大学経済学部に入学。大学時代には、1年時から箱根駅伝に3回出場し、4年時にはキャプテンを務めたが、貧血や度重なる故障に悩み、4年時の箱根駅伝は欠場する。大学卒業後、コニカ(現・コニカミノルタ)に入社。2001年から2003年まで全日本実業団駅伝3連覇のメンバーとして貢献。V2、V3のアンカーとして胴上げも経験、強豪となったコニカミノルタを支えた。選手引退後は、母校である学校法人石川高等学校で教鞭をとりながら、同校の陸上部顧問を務めた。
2009年より、川嶋伸次監督の後任として、32歳で東洋大学陸上競技部長距離部門の監督(現職)に就任。就任1年目で、箱根駅伝に出場した大学の監督の中では最年少ながらチームを優勝に導くという快挙を達成する。その後もチームの育成に尽力し、箱根駅伝では、優勝3回、準優勝5回、3位2回、あわせて10年連続3位以内という成績を達成。 また、学生三大駅伝(出雲、全日本、箱根)すべてで優勝を経験。実業団、教員の経験を生かした「チームづくり」「選手の育成」で、東洋大学を常勝チームへ導く。
指導方針としては、「世界と戦える選手育成」を掲げ、ロンドン・リオ・東京五輪に選手を輩出。設楽悠太は16年ぶりにマラソンの日本記録を更新し、服部勇馬は2020年の東京五輪の代表を決めるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)において準優勝、代表の座を内定させた。また、競歩でも世界レベルで活躍する選手たちを多数育成。リオ五輪で男子20km競歩において7位入賞を果たした松永大介や、ロンドン五輪で男子20km競歩に出場した西塔拓己、東京五輪に内定している男子50km競歩の川野将虎などがいる。
著書に『その1秒をけずりだせ 駅伝・東洋大スピリッツ』(ベースボールマガジン社)がある。

本書の要点

  • 要点
    1
    清掃が行き届かず、部屋などが汚れているのは、心が乱れているからだ。清掃、挨拶、素行などはすべてつながっていて、それらは競技にも表われる。
  • 要点
    2
    エースの力に頼りすぎてはならない。次期エースを育てつつ、エースの力を活かすチーム作りが大切だ。
  • 要点
    3
    選手ならば、レースに出場したいのは当然のことだ。しかし、故障していたり、体調不良を抱えたまま無理して走ったりするのは、チーム・仲間のための使命感と責任感が足りず、かえって自分の名を落とすことになる。

要約

【必読ポイント!】 選手たちの心構え

すべて結果につながっている
Lina Moiseienko/gettyimages

2009年4月、著者は東洋大学陸上競技部の監督に就任した。同年1月の箱根駅伝で初優勝したすぐ後のことだ。

当時は、箱根駅伝の優勝に貢献した2年の柏原竜二がエースとしてチームをけん引していた。だが、主力メンバーが卒業したこともあり、チームは発展途上であった。

著者は監督就任後、埼玉・川越キャンパスにある陸上競技部の寮に家族と共に引っ越した。初めて寮に足を踏み入れた日、寮内の乱雑さに驚いた。監督不在で、統括する立場の人や汚くても注意する人がいなかったからだ。優勝トロフィーや盾は飾られておらず、ただ置かれたり積み上げられたりしている有様だった。誰も優勝を予想していなかったのだろう。

清掃がきちんとなされていなかったり、玄関が汚れていたりするのは、心が乱れているからだ。そこで、まずは著者を含めた全員で寮内を片付けることにした。同大学の硬式野球部は全日本大学野球選手権で4度の優勝経験のある強豪で、彼らの寮は整然とされていて、部員も挨拶がしっかりできていた。生活態度と競技実績、チーム力は比例するもので、それはどの競技でも同様だ。学業、清掃や挨拶、顔つきや素行は24時間つながっていて、すべて結果に出てしまうのである。

エースを活かす
oatawa/gettyimages

箱根駅伝の3連覇に挑んだ2010年度は、著者にとってもチームにとっても大きなターニングポイントだった。この年は、双子の設楽啓太・悠太兄弟などの有力な1年生が入学した一方で、エースの柏原が不調だった。柏原は心身の疲労によりスランプに陥っていたが、著者は焦らず、彼を信じて「大丈夫だ」と言い聞かせていた。

三大駅伝の初戦である出雲駅伝では、初めて柏原を起用せず、結果は4位。次の全日本駅伝では柏原を2区に起用したが、本来の躍動感ある走りが見られず区間4位、最終的なチームの順位は3位に終わった。だが、3年時まで駅伝の経験がなかった本田勝也が良い走りを見せ、彼の頑張りがチーム全体を救った。

柏原は年明けの第87回箱根駅伝(2011年)に向けて徐々に調子が上がっていった。そのタイミングで、出雲駅伝と全日本大学駅伝を制した早稲田大学の主力メンバー2人がケガをし、箱根駅伝に出られないことがわかった。それを受けた東洋大は「柏原の調子が上がっているから大丈夫だろう」と気の緩みが出てしまった一方で、早稲田大は欠場者の穴を埋めるために結束した。その差が、箱根駅伝の前半の攻防に表れることとなった。

1区では、早稲田大の大迫選手が早い段階で飛び出し、東洋大の川上遼平は8位と大きく差をつけられた。著者が区間配置に悩み、彼にそれを伝えるのが遅くなってしまったせいで、心の準備が十分にできなかったのだろう。監督が区間配置に迷うと、たいてい良い結果をもたらさないものだ。

東洋大は2区から5区で巻き返し、僅差で早稲田大を逆転して往路優勝を果たす。だが翌日の復路では早稲田大に逆転を許し、2位に終わった。

「エースを活かすチームと、エースに依存するチームではまったく違う」。この教訓から、

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

ピボット・ストラテジー
ピボット・ストラテジー
小林啓倫(訳) オマール・アボッシュ ポール・ヌーンズ ラリー・ダウンズ
未 読
リンク
テクノロジー思考
テクノロジー思考
蛯原健
未 読
リンク
芝園団地に住んでいます
芝園団地に住んでいます
大島隆
未 読
リンク
僕たちは、地味な起業で食っていく。
僕たちは、地味な起業で食っていく。
田中祐一
未 読
リンク
マーガレット・サッチャー
マーガレット・サッチャー
冨田浩司
未 読
リンク
リーダーとして論語のように生きるには
リーダーとして論語のように生きるには
車文宜 手計仁志
未 読
リンク
時間とテクノロジー
時間とテクノロジー
佐々木俊尚
未 読
リンク
共感資本社会を生きる
共感資本社会を生きる
新井和宏 高橋博之
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
生きがいについて
生きがいについて
神谷美恵子
未 読
リンク
2
問いの立て方
問いの立て方
宮野公樹
未 読
リンク
3
ファーウェイ 強さの秘密
ファーウェイ 強さの秘密
鄧斌 光吉さくら(訳) 楠木建(監修)
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

「コミュニケーション本」のテッパン3冊
「コミュニケーション本」のテッパン3冊
2021.05.11 update
リンク
人生が少しだけ生きやすくなる本
【要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ!】 人生が少しだけ生きやすくなる本
2021.05.06 update
リンク
出版社のイチオシ#052
出版社のイチオシ#052
2021.04.30 update
リンク
「睡眠本」のテッパン3冊
「睡眠本」のテッパン3冊
2021.04.27 update
リンク

インタビュー

〈対談〉私が小説を書く意味
〈対談〉私が小説を書く意味
2021.04.19 update
リンク
「ジョブ型」時代にチャンスをもらえる人、もらえない人
「ジョブ型」時代にチャンスをもらえる人、もらえない人
2021.04.15 update
リンク
環境の力で、「すぐやれる自分」になる
環境の力で、「すぐやれる自分」になる
2021.04.08 update
リンク
「自分」×「仕事」で分析すれば、仕事は楽しくなる
「自分」×「仕事」で分析すれば、仕事は楽しくなる
2021.03.31 update
リンク
1
生きがいについて
生きがいについて
神谷美恵子
未 読
リンク
2
問いの立て方
問いの立て方
宮野公樹
未 読
リンク
3
ファーウェイ 強さの秘密
ファーウェイ 強さの秘密
鄧斌 光吉さくら(訳) 楠木建(監修)
未 読
リンク
読書について知りたいときに読む本
読書について知りたいときに読む本
2021.04.21 update
リンク
出版社のイチオシ#046
出版社のイチオシ#046
2021.02.12 update
リンク
環境の力で、「すぐやれる自分」になる
環境の力で、「すぐやれる自分」になる
2021.04.08 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『怯まず前へ』をおすすめする

保存が完了しました

新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る