イノベーターズⅡ
天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史

未 読
イノベーターズⅡ
ジャンル
著者
井口耕二(訳) ウォルター・アイザックソン
出版社
定価
2,400円 (税抜)
出版日
2019年10月08日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
イノベーターズⅡ
イノベーターズⅡ
天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史
著者
井口耕二(訳) ウォルター・アイザックソン
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
2,400円 (税抜)
出版日
2019年10月08日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

「これがフラットパネル型のディスプレイです。下のほうにキーボードがあって、メールもファイルも、音楽もアートワークも、本も保存できます。ぜんぶがこのサイズに収められていて、重さは900グラムほど。これが、私の言うパーソナルコンピュータです」。これは最近のノートパソコンの宣伝ではない。1970年にアラン・ケイが、ゼロックスの研究所に就職する際の面接で話したビジョンだ。

しかしパソコンというものがどこにもなかった当時、誰も彼が語ったことを理解できなかった。「未来を予言する最善の方法は、みずからそれを創り上げることだ」というケイの名言は、この逆境から生まれている。ケイのビジョンはけっきょく、ふたりのスティーブが立ち上げたアップルが実現した。

組織の束縛から自由になり、個人の表現やコラボレーションを後押しするパソコンは、ケイのようなビジョナリー、スティーブ・ウォズニアックのような技術オタク、そしてスティーブ・ジョブズのようなアントレプレナーが三位一体となって生まれた。その背後には自由と創造性を尊ぶ、ハッカーやギークたちの文化があったと言える。そしてそこではパートナーシップや人と人とのつながりが、非常に重要な役割を果たした。未来を創造する最善の方法は、情熱を共有し、互いに補い合えるチームをつくること――本書を読んで、そのことを強く実感した次第である。

ヨコヤマノボル

著者

ウォルター・アイザックソン (Walter Isaacson)
1952年生まれ。ハーバード大学で歴史と文学の学位を取得後、オックスフォード大学に進んで哲学、政治学、経済学の修士号を取得。英国『サンデー・タイムズ』紙、米国『TIME』誌編集長を経て、2001年にCNNのCEOに就任。ジャーナリストであるとともに伝記作家でもある。2003年よりアスペン研究所特別研究員。著書に世界的ベストセラー『スティーブ・ジョブズ』Ⅰ・Ⅱ、『レオナルド・ダ・ヴィンチ』上下、『ベンジャミン・フランクリン伝』『アインシュタイン伝』『キッシンジャー伝』などがある。テュレーン大学歴史学教授。

本書の要点

  • 要点
    1
    パソコンの実現を支えたのは、自分で手を動かすホビイスト文化やスタートアップ文化、そして中央の権威に反抗するカウンターカルチャー文化だった。
  • 要点
    2
    アラン・ケイが構想したパソコンを商品化したのはスティーブ・ジョブズだ。ジョブズはケイのつくったプロトタイプ「ゼロックス・アルト」を丹念に研究し、安価な量産品で実現した。
  • 要点
    3
    パソコンの歴史は、開発したものを独占するか開放するかで揺れ動く歴史でもある。マイクロソフトはソフトウェアの知的財産権を主張したが、ウェブに関する基本技術は無償で公開された。

要約

未来を予言する最善の方法

「我々が思考するように」
stevanovicigor/gettyimages

「我々が思考するように」という1945年に発表された論文は、驚くべき慧眼で現在のパーソナルコンピュータ(パソコン)、そしてインターネットを予見していた。論文で描かれたメメックスという装置は、キーボード入力ができ、ファイル共有やハイパーリンク、コラボレーションも実現できるとうたわれていた。それどころか「まったく新しい形の百科事典が現れるだろう。網の目のように関連づけが用意され」と、半世紀以上も前にウィキペディアのようなサービスの出現も予見していた。

1970年代になると、当時先進的なコンピュータメーカーであったDECは、ちょっとした冷蔵庫ほどのミニコンピュータを売り出した。しかし社長は「個人が自分のコンピュータを欲しがる理由など思い当たらない」と断言し、結局パーソナルコンピュータの開発に着手することはなかった。

代わりにパソコンをつくり、革命を起こしたのは、ガレージからはじまったアルテア、アップルといったスタートアップだ。

アラン・ケイ

マウスのような直感的な入力機器と、グラフィカルなユーザーインターフェイスという現代のパソコン、そのもととなる機器をつくったのはアラン・ケイだ。彼はユタ大学に在学中、多くの先輩たちのコンピュータグラフィックスやユーザーインターフェイスのアイデアを吸収し、「数えきれないほどの人がパーソナルコンピュータを使うようになる」という未来をはっきりと構想するようになる。

博士課程を終えたケイは「パーソナルコンピュータをつくりたい」という野望を持ち、ゼロックスのパロアルト研究所(PARC)に就職した。しかしコピー機の会社で、その希望はほとんど受け入れられなかった。「会社の未来につながる流れを見ろ」と上司からたしなめられたケイは、「未来を予言する最善の方法は、みずからそれを創り出すことだ」と、今も語り継がれる名言で反論する。

そしてケイと仲間たちは、PARCで「ゼロックス・アルト」というパーソナルコンピュータの原型をつくり上げた。アルトにはネットワーク機能も備わっており、その多くは現在のインターネットで用いられる技術のもととなっている。

アントレプレナーとコミュニティ
raclro/gettyimages

パソコンの実現を支えたのは、いくつもの新技術だ。とりわけマイクロプロセッサーが果たした役割は大きい。コンピュータの中央処理装置の機能を1チップに集約したからだ。しかしそもそもこうしたイノベーションが生まれた背景に、1960年代のサンフランシスコのベイエリアに渦巻いていた文化があったことは指摘しなければならない。

当時のベイエリアの文化を担っていたのは、アントレプレナーとエンジニア系のギークだった。彼らはともにカウンターカルチャー文化に深く染まっており、パワーエリートに対する反抗精神と、情報へのアクセスを自らコントロールしたいという欲求を持っていた。

世界初のパソコン「アルテア」や、アップルを生み出すことになるコミュニティ「ホームブリュー・コンピュータ・クラブ」も、こうしたベイエリア特有の文化の中で生まれた。

【必読ポイント!】ビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズ

世界最高のホビイスト

インテルが1974年に発売したマイクロプロセッサー、8080を組み込んだ世界初のパソコン「アルテア」には、ディスプレイもキーボードもなく、入力はスイッチ、出力は豆電球というマニア向けの製品だった。

このマシンをつくったエド・ロバーツは、模型飛行機や電子工作が大好きな「世界最高のホビイスト」とも呼ばれる人物だ。アルテアはビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズに大きなインスパイアを与え、パソコンを物好きの趣味から産業へと飛躍させる大きなきっかけとなった。

マイクロソフトの誕生

ビル・ゲイツは伝説のおたく少年だ。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

資本主義に出口はあるか
資本主義に出口はあるか
荒谷大輔
未 読
リンク
未完の資本主義
未完の資本主義
ポール・クルーグマン トーマス・フリードマン トーマス・セドラチェク 大野和基(インタビュー・編)
未 読
リンク
世界史の針が巻き戻るとき
世界史の針が巻き戻るとき
大野和基(訳) マルクス・ガブリエル
未 読
リンク
孫正義 事業家の精神
孫正義 事業家の精神
井上篤夫
未 読
リンク
無形資産が経済を支配する
無形資産が経済を支配する
山形浩生(訳) ジョナサン・ハスケル スティアン・ウェストレイク
未 読
リンク
レファレンスと図書館
レファレンスと図書館
大串夏身
未 読
リンク
ドラえもんを本気でつくる
ドラえもんを本気でつくる
大澤正彦
未 読
リンク
サイバーセキュリティ
サイバーセキュリティ
松原実穂子
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
「仕事ができる」とはどういうことか?
「仕事ができる」とはどういうことか?
楠木建 山口周
未 読
リンク
2
交渉力
交渉力
橋下徹
未 読
リンク
3
文系AI人材になる
文系AI人材になる
野口竜司
未 読
リンク

イチオシの本

要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年6月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年6月号)
2020.06.01 update
リンク
出版社のイチオシ#032
出版社のイチオシ#032
2020.05.29 update
リンク
「人の鏡」を大切に。『座右の書『貞観政要』』
【書店員のイチオシ】 「人の鏡」を大切に。『座右の書『貞観政要』』
2020.05.28 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年4~5月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年4~5月)
2020.05.26 update
リンク

インタビュー

リモートワーク時代の「風呂敷畳み人」の流儀とは?
リモートワーク時代の「風呂敷畳み人」の流儀とは?
2020.05.15 update
リンク
荻窪の本屋Titleが選ぶのは「人間の幅を広げてくれる本」
【これからの本屋さん】 荻窪の本屋Titleが選ぶのは「人間の幅を広げてくれる本」
2020.05.05 update
リンク
「コロナ期」になぜ「独学」が重要なのか?
「コロナ期」になぜ「独学」が重要なのか?
2020.05.04 update
リンク
【対談】秋葉原の心療内科医に聞く、「生きづらさ」への処方箋
【対談】秋葉原の心療内科医に聞く、「生きづらさ」への処方箋
2020.04.16 update
リンク
1
「仕事ができる」とはどういうことか?
「仕事ができる」とはどういうことか?
楠木建 山口周
未 読
リンク
2
交渉力
交渉力
橋下徹
未 読
リンク
3
文系AI人材になる
文系AI人材になる
野口竜司
未 読
リンク
『夫婦幻想』
『夫婦幻想』
2019.07.30 update
リンク
キリンビール改革者が愛した小説と「発酵させる読書法」
キリンビール改革者が愛した小説と「発酵させる読書法」
2015.08.04 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『イノベーターズⅡ』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る