フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか

未 読
フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか
ジャンル
著者
堀内都喜子
出版社
定価
860円 (税抜)
出版日
2020年01月08日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか
フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか
著者
堀内都喜子
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
860円 (税抜)
出版日
2020年01月08日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

フィンランドと聞いて思い浮かべるのは、森と湖の国、女性に人気の「マリメッコ」などの北欧デザイン、ムーミン、サウナ、教育や福祉制度が整っていることなどだろうか。興味が尽きせぬフィンランドは、いったいどんな国なのか?

著者は、2000年代にフィンランドの大学に留学し、その後現地で働いた経験を持つ。現地で見聞きし、体験したフィンランドの魅力と、それを可能にする背景がコンパクトにまとめられたのが本書だ。フィンランドは3年連続幸福度1位で、日本よりも圧倒的に人口の少ない国だが、一人あたりのGDPは日本よりも高い。にもかかわらず、タイトルにあるとおり、ほぼみんな午後4時に退勤しているという。

国の制度、環境が日本とは違うため、フィンランドの実践をそのまま日本に適用するのは難しい面もあるだろうし、著者もその部分は認めている。とはいえ見習える部分はいくつもあるはずだという希望が、ひしひしと伝わってくる。要約者は、自分が知らず知らず、「残業をするのが普通」「趣味より仕事のほうが優先」という考えにとらわれていることにハッとした。変えるべき部分はこうしたメンタリティーなのだろう。

働き方改革の本当の目的を果たすためには、フィンランド流の働き方や思想をしっかり理解することが第一歩となるのではないだろうか。これを機会に、生き方・働き方を問い直してみていただきたい。

泉未来

著者

堀内都喜子(ほりうち ときこ)
長野県生まれ。フィンランド・ユヴァスキュラ大学大学院で修士号を取得。フィンランド系企業を経て、現在はフィンランド大使館で広報の仕事に携わる。著書に『フィンランド 豊かさのメソッド』(集英社新書)がある。

本書の要点

  • 要点
    1
    「仕事もプライベートな時間も両方大切だ」と考えるフィンランド人は、就業時間中に効率よく働き、退勤時間になったらすぐに帰宅するという。
  • 要点
    2
    フィンランドの仕事文化で魅力的なのは、「ワークライフバランスがとれること」と「職場での平等でオープンな関係性」である。
  • 要点
    3
    終業後は、趣味やスポーツ、家族のための時間であり、趣味を楽しむための制度や、スポーツに打ち込む環境も整っている。
  • 要点
    4
    困難に耐えうる力を意味し、フィンランドの国民性を表す「シス」への注目が高まっている。

要約

3年連続幸福度1位の国、フィンランド

自分らしく生きていける国

著者がフィンランドに関わるなかで感じたことは、選択の自由度が高い国だということだ。フィンランドは選択肢が多いというよりも、選択を限定する要素が少ない。

人生の転機で大切な選択をしなければならないとき、年齢、性別、家庭の経済状況などは、フィンランドでは大きな制約にはならない。また、好きでやる気があれば、複数の道を選択してよいとされる。たとえば、文系と理系の学位を両方取ってもよいし、仕事とプライベートを同じだけ大切にしてもよい。これを可能にするのは、フィンランドの教育の質の高さと、それを支える諸制度である。自分にとって最良の人生に近づくための選択の機会を平等に持てるのがフィンランドなのだ。

バランスのとれた生活
naumoid/gettyimages

小国でありながら、経済、教育、産業といったランキングで上位にランクインするフィンランド。実際に訪れると、あくせくした感じがなく、人々がゆとりのある生活をしていることがわかる。たとえば夏には、ブルーベリー摘みをし、コテージでサウナに入り、白夜を満喫する。そこには、夜遅くまで働いて、常に疲れ気味という雰囲気はなく、生活のレベルも高い。

もちろん、フィンランド人も仕事、勉強、家事などやるべきことは多くある。だが、それらのバランスがとれており、人間らしい生活ができる。仕事のために休みや睡眠時間を犠牲にせず、与えられた有給休暇はしっかりと消化する。子どもたちも2か月半の夏休みを与えられ、その間宿題はほとんどないという。

【必読ポイント!】 効率よく、心地よく働く

残業しないのは、できる人の証拠

外国人から見た、フィンランドの仕事文化で一番いいところは、「ワークライフバランス」がとれていることだ。フィンランド人は残業をほとんどせず、就業時間内にしっかりと働き、それと同じぐらい休みも大切にする。

フィンランドでは、多くの人が8時から16時まで働く。定時になれば帰り始め、16時半になると、オフィスにはほとんど人がいない。休むことも社会人の権利という認識が、国レベルできっちり共有されている。そのため、1日8時間、週40時間以内の勤務時間が守られているのだ。これは業界や企業規模を問わずあてはまる。

一部の人がまだ仕事をしていても15時や16時に退勤するのを後ろめたく感じる様子は見られない。フィンランド人は、「人は人、自分は自分。規定の時間数を働いたら帰るのは当然」と考えているからだ。著者の友人によると、「大変な仕事を簡単そうに、効率よくこなしてサーッと帰る人ができる人」だという。

フィンランド式、休憩のとり方
nensuria/gettyimages

現代の仕事では、長時間同じ姿勢でパソコンに向かっていることが多い。そのためフィンランドでも、効果的な休憩時間のとり方が重要視されている。

その1つが「タウコユンパ(エクササイズ休憩)」である。企業や大学などの広いスペースに、毎日決まった時間に人が集まり、簡単なエクササイズをする。たった5分でも体を動かすと、いい気分転換になる。座りっぱなしでいるよりも生産性が向上するなど、良い効果が証明されている。

そのほか、「カハヴィタウコ(コーヒー休憩)」という文化が根付いている。この休憩は法律で定められており、勤務時間に毎日10~15分のコーヒー休憩が含まれている。コーヒー休憩のタイミングを決めて、同僚とのコミュニケーションを促している職場もある。休憩中はみんなリラックスしているので、気軽に仕事の相談やプライベートの話をしやすい。お互いの理解が深まるうえに、そこから新たなアイデアが生まれることも多いという。

肩書、学歴、年齢にこだわらない

フィンランドの仕事文化で魅力的なものとして、「職場での平等でオープンな関係性」を挙げるフィンランド人は多い。組織には様々な肩書や役割分担がある。だが、その違いよりも、本人が何をしたか、どれくらいスキルや知識を発揮したのかが、その人の価値評価につながる。部下から見て改善点があれば、上司にフィードバックや批判を伝えることも普通の光景となっている。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

人は話し方が9割
人は話し方が9割
永松茂久
未 読
リンク
ハック思考
ハック思考
須藤憲司
未 読
リンク
食べる投資
食べる投資
満尾正
未 読
リンク
スタンフォードのストレスを力に変える教科書
スタンフォードのストレスを力に変える教科書
ケリー・マクゴニガル 神崎朗子(訳)
未 読
リンク
人は、なぜ他人を許せないのか?
人は、なぜ他人を許せないのか?
中野信子
未 読
リンク
10分読書
10分読書
吉田裕子
未 読
リンク
「仕事ができる」とはどういうことか?
「仕事ができる」とはどういうことか?
楠木建 山口周
未 読
リンク
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
井上皓史
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
2
コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと
大石哲之
未 読
リンク
3
夢をかなえるゾウ4
夢をかなえるゾウ4
水野敬也
未 読
リンク

イチオシの本

「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
【〈連載〉レッツ・ビジネスワークアウト第1回】 「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
2020.09.22 update
リンク
今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
【〈連載〉大人の教養シリーズ 第1回】 今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
2020.09.15 update
リンク
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
2020.09.14 update
リンク
出版社のイチオシ#037
出版社のイチオシ#037
2020.09.11 update
リンク

インタビュー

戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
2020.09.04 update
リンク
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
2020.07.22 update
リンク
ポストコロナライフの未来予測
ポストコロナライフの未来予測
2020.07.15 update
リンク
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
1
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
2
コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと
大石哲之
未 読
リンク
3
夢をかなえるゾウ4
夢をかなえるゾウ4
水野敬也
未 読
リンク
SNSのようなマーケティングを50年も前から実践していた 『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』
SNSのようなマーケティングを50年も前から実践していた 『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』
2017.07.28 update
リンク
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
2019.12.23 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る