遅いインターネット

未 読
遅いインターネット
ジャンル
著者
宇野常寛
出版社
定価
1,600円 (税抜)
出版日
2020年02月20日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.5
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
遅いインターネット
遅いインターネット
著者
宇野常寛
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,600円 (税抜)
出版日
2020年02月20日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.5
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

なぜ、ドナルド・トランプは大統領になれたのだろうか。はたまた、どうしてイギリスはEUを抜けることになったのだろうか。右傾化かポピュリズムか、グローバル化の反動か格差か。いずれも要因のひとつには違いないだろう。だがそれだけではない。

いま民主主義自体が、かつてないほどまでに得体のしれない大きな岩礁に乗り上げてしまっている。フェイクニュースが政局を左右することだって珍しくない。ネットでは常に誰かが「生贄」となり、匿名の人々が浅い思慮のもと、それに対して中傷、断罪を行う。過激なことを言えばSNSで注目を集められるため、根拠のない極論を展開する人も少なくない。それがインフルエンサーとなれば、ますますやっかいだ。その支持者がバンドワゴンに乗り、インフルエンサーの発言を追いかけ、加勢する。そしてインフルエンサーとしての市場価値はまた上がっていく。なんとも地獄絵図ではないだろうか。

こういった現状について、多くの方が苦慮しながらも、それを打破する策を持っていない。そこで著者がその解決策として提示するのが、本書のタイトルにもある「遅いインターネット計画」である。インターネットはかつて「民主的」なツールと見なされていたが、実態はご覧のとおり。むしろ憎悪や偏見、分断を増長させるものにしかなっていない。こうした問題を乗り越えるためには、速さが売りのインターネットを、あえて遅く使うしかないというのが著者の提案だ。これからのインターネットのあり方を、いま一度ともに考えていくうえで、伴走者となってくれる一冊である。

小林悠樹

著者

宇野常寛 (うの つねひろ)
評論家。批評誌編集長。1978年生。『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本文化の論点』(筑摩書房)、『母性のディストピア』(集英社)、『若い読者のためのサブカルチャー論講義録』(朝日新聞出版)、『こんな日本をつくりたい』(石破茂との対談、太田出版)、『静かなる革命へのブループリント この国の未来をつくる7つの対話』(編著、河出書房新社)など著書多数。
立教大学社会学部兼任講師。

本書の要点

  • 要点
    1
    世界各地で、グローバルな経済とローカルな国家の対立が起きており、グローバル化に対応できる人とそうでない人の間で分断が生まれている。
  • 要点
    2
    現在のインターネットはポピュリズムを強化し、考えるためではなく考えないための装置として使われている。
  • 要点
    3
    「遅いインターネット計画」とは、自分のペースで情報に触れ、ゆっくりと考えられる場の構築をめざす。

要約

グローバルな経済とローカルな国家の対立

国家や民主主義を必要としない人々の出現
hyejin kang/gettyimages

世界ではいま、急速にグローバリゼーションが進み、「グローバルな経済とローカルな国家の対立」が顕在化しはじめている。この構造自体は、かつてから指摘されていたものだ。問題はそのパワーバランスの急激な変化である。2016年11月8日、トランプ大統領が誕生した理由もここに見いだせる。

トランプを支持する層の多くは、ブルーカラーだと言われている。彼らはグローバル化の流れに乗れず、自分たちは格差社会の割を食っていると考えている。そのため「壁を作れ」と声高に叫ぶリーダーを選んだのだ。一方で大都市に住む企業家、投資家、エンジニアたちは、すでに国家や民主主義を必要としていない。なぜなら彼らは住む場所に拘泥せず、世界を舞台にした巨大なマーケットの中で生きられるからである。その国がイヤであれば、いつでも出ていける立場に彼らはいる。

英ジャーナリストのディヴィッド・グッドハートは、グローバルな経済で活躍する「Anywhere」な人々と、ローカルな国民国家に依存する「Somewhere」な人々というかたちでカテゴライズしている。

世界に素手で触れているという感覚

「Anywhere」と「Somewhere」の人々を分けるものは何か。それは「世界に触れている感覚を持てるかどうか」だと著者は主張する。Anywhereな人々が世界と接続されていることは、想像に難くないだろう。彼らはグローバル市場(=「境界のない世界」)で、情報テクノロジーを駆使しながら活躍できる人々だ。一方でSomewhereな人々はどうか。たとえばラストベルトの自動車工が、「自分はグローバル市場のプレイヤーである」という意識を持つことはなかなか難しい。だからこそ、グローバル市場に対抗するための「壁」を作ってくれそうなトランプやブレグジットを支持する。ここでいう「壁」というのは、「メキシコの間に壁を作れ」というような、物理的な意味だけに限らない。

「Anywhere」な人々からすると、そんな「Somewhere」な人々を否定するのは簡単だろう。だが「Anywhere」な人々がグローバルな資本主義のプレイヤーである以上、ローカルな民主主義において「Somewhere」な人々に敗北するのは、なかば必然のことである。「Anywhere」な人々が国家やローカルな民主主義を飛び越えて活躍できるようになったいま、民主主義という機能はむしろ「Somewhere」な人々にとって、世界に触れている実感を与えてくれるものとなった。

グローバルな経済がローカルな政治を凌駕し、民主主義がグローバル市場を統制する術を持たない。この社会システムの機能不全こそが、いま私たちが直面している問題なのである。

文化の四象限

かつてはメディアが個人と世界をつないでいた
nuvolanevicata/gettyimages

21世紀は「コト」の時代だ。モノを所有するよりも、自分の物語としての体験(「コト」)に重きが置かれる。

一方でそれ以前、つまり20世紀は他人の物語を共有する時代だったと言える。ラジオ、映画、テレビなど、マスメディアは市民生活と密接にかかわり合ってきた。メディアは基本的に他人の物語を見たり聞いたりするものだ。そしてそれを皆で共有することで、社会が維持されてきた。メディアが世界との接点となっていた時代である。

インターネットはポピュリズムを強化する

メディアはその強力なリーチから、しばしば政治に利用された。ナチスや戦時中の日本軍を見てもわかるとおり、マスメディアはポピュリズムを増大させる装置として非常に有能だからだ。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

ハック思考
ハック思考
須藤憲司
未 読
リンク
仕事に使えるデカルト思考
仕事に使えるデカルト思考
齋藤孝
未 読
リンク
教育格差
教育格差
松岡亮二
未 読
リンク
旅の効用
旅の効用
ペール・アンデション 畔上司(訳)
未 読
リンク
座右の書『貞観政要』
座右の書『貞観政要』
出口治明
未 読
リンク
デジタルで読む脳×紙の本で読む脳
デジタルで読む脳×紙の本で読む脳
メアリアン・ウルフ 太田直子(訳)
未 読
リンク
世界は贈与でできている
世界は贈与でできている
近内悠太
未 読
リンク
次のテクノロジーで世界はどう変わるのか
次のテクノロジーで世界はどう変わるのか
山本康正
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
「超」勉強力
「超」勉強力
中野信子 山口真由
未 読
リンク
2
集中力
集中力
井上一鷹
未 読
リンク
3
リモートワークの達人
リモートワークの達人
ジェイソン・フリード デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン 高橋璃子 (訳)
未 読
リンク

イチオシの本

勉強は大人にこそ必要だ! おすすめ勉強本3冊
勉強は大人にこそ必要だ! おすすめ勉強本3冊
2020.08.11 update
リンク
意外と知らない「お金」の知識が詰まった3冊
意外と知らない「お金」の知識が詰まった3冊
2020.08.04 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年8月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年8月号)
2020.08.01 update
リンク
出版社のイチオシ#035
出版社のイチオシ#035
2020.07.31 update
リンク

インタビュー

50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
2020.07.22 update
リンク
ポストコロナライフの未来予測
ポストコロナライフの未来予測
2020.07.15 update
リンク
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
テレワークで欠かせない「コミュニケーション」の秘訣とは?
テレワークで欠かせない「コミュニケーション」の秘訣とは?
2020.06.29 update
リンク
1
「超」勉強力
「超」勉強力
中野信子 山口真由
未 読
リンク
2
集中力
集中力
井上一鷹
未 読
リンク
3
リモートワークの達人
リモートワークの達人
ジェイソン・フリード デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン 高橋璃子 (訳)
未 読
リンク
大谷翔平の圧倒的な向上心はどこまでいくのか? 『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』
大谷翔平の圧倒的な向上心はどこまでいくのか? 『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』
2018.08.31 update
リンク
一流コンサルタントが伝授する「一生モノの読書術」とは?
一流コンサルタントが伝授する「一生モノの読書術」とは?
2015.10.28 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『遅いインターネット』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る