起業大全

スタートアップを科学する9つのフレームワーク
未読
日本語
起業大全
起業大全
スタートアップを科学する9つのフレームワーク
未読
日本語
起業大全
出版社
ダイヤモンド社

出版社ページへ

定価
3,520円(税込)
出版日
2020年07月29日
評点
総合
4.3
明瞭性
5.0
革新性
3.5
応用性
4.5
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出てこないのか?」

この疑問に答えることこそが、本書が執筆された最大の動機だという。0から1を作る「起業家」は増えた。しかし1を100にする「事業家」が、日本には圧倒的に少ない。起業家から事業家に変身できないと、起業家自身が最大のボトルネックになってしまい、事業をスケール(成長)させることができない――それが本書の主張である。

著者の前著『起業の科学』は、PMF(Product Market Fit:市場で顧客から支持される製品やサービスを作る)を達成するためのプロセスを体系化したものだ。そして本書は、PMFを達成した起業家が、その先に大きくスケールさせるために必要となる知見をまとめたものである。

成功のカギは、「経営陣が起業家から事業家になれるかどうか」だ。本書は「スタートアップ・バランス・スコアカード」という著者独自のフレームワークをもとに、経営を9つの要素に分け、章ごとに体系化して解説している。それぞれの章には、著者のコンサルティング実績と1000冊以上の本から得た知識を凝縮したフレームワークとスライドが満載だ。要約ではそのなかから「人」に焦点を当て、「人的資源」「ユーザーエクスペリエンス」「カスタマーサクセス」の3章を紹介する。とくに後者の2つは事業の中核を成す、きわめて重要な要素と言える。

起業家として一歩を踏み出した方、あるいはスタートアップで働くメンバーには、本書をデスクの上に置き、困った時のバイブルとして繰り返し開くことを強くおすすめする。

著者

田所雅之 (たどころ まさゆき)
1978年生まれ。大学を卒業後、外資系のコンサルティングファームに入社し、経営戦略コンサルティングなどに従事。
独立後は、日本で企業向け研修会社と経営コンサルティング会社、エドテック(教育技術)のスタートアップの3社、米国でECプラットフォームのスタートアップを起業し、シリコンバレーで活動した。日本に帰国後、米国シリコンバレーのベンチャーキャピタルのベンチャーパートナーを務めた。
また、欧州最大級のスタートアップイベントのアジア版、Pioneers Asiaなどで、スライド資料やプレゼンなどを基に世界各地のスタートアップ約1500社の評価を行ってきた。日本とシリコンバレーのスタートアップ数社の戦略アドバイザーやボードメンバーを務めながら、ウェブマーケティング会社ベーシックのCSOも務める。2017年、新たにスタートアップの支援会社ユニコーンファームを設立、代表取締役社長に就任。その経験を生かして作成したスライド集『スタートアップサイエンス2017』は全世界で約5万回シェアという大きな反響を呼んだ。
著書に『起業の科学』(日経BP)、『御社の新規事業はなぜ失敗するのか?』(光文社新書)がある。

本書の要点

  • 要点
    1
    WHY型・WHAT型・HOW型・WHO型の4つの資質をバランス良く持つ「経営チームゴレンジャー」を形成すると、その後有利に成長できる。
  • 要点
    2
    ネット検索やSNSが普及したいま、買い手も売り手に対して情報優位性を持てるようになった。だからこそ「売ったあと」にどうやって顧客との関係を築き、継続して商品やサービスを使い続けてもらうかが重要だ。
  • 要点
    3
    組織カルチャーやメンタルモデルという深いレイヤーで実装しなければ、顧客に商品やサービスを使い続けてもらうことはできない。

要約

人的資源

初期に必要な人材を見極める
Rawpixel/gettyimages

PMF(Product Market Fit:市場で顧客から支持される製品やサービスを作ること)をしたにもかかわらず、スケールできないスタートアップがある。その大きな要因のひとつが、人材に関する戦略や知見の欠如だ。

まずスタートアップにとって、必要な人材採用の型を見ていこう。人材はWHY型、WHAT型、HOW型、WHO型の4つに分けられる。WHY型は「なぜそういうやり方をするのか?」と、理想を追求するタイプ。WHAT型は論点を構造化して進める実現型のタイプだ。WHY型が漫才でいう「ボケ」だとすると、WHAT型は「ツッコミ」を入れる役と捉えられるだろう。一方でHOW型やWHO型は、既存のやり方を「より良くする」思考パターンを持っている。彼らはきちんとディレクションされた状態でないと、十分に力を発揮できない。

PMF後の組織形成にあたっては、「経営チームゴレンジャー論」を参考にしてもらいたい。パッションがあり、強力なモチベーションを有するWHY型人材は「アカレンジャー」だ。次に、アカレンジャーの「ボケ」に対し、大局観を持って冷静に「ツッコミ」を入れるのが、WHAT型人材の「アオレンジャー」である。そのあとに、コミュニケーション能力に長けていてチームのムードメーカーになる「キレンジャー」、デザインセンスに長けていて、プロダクトの使い勝手を良くしてくれる「モモレンジャー」が続く。そしてアカレンジャーの掲げた大風呂敷を、現実的なロードマップに落とし込む戦略家の「ミドレンジャー」がいる。この5つのタイプが揃うと、その後の成長に有利に働いていく。

「自己認識力」を高めるストーリーブック

経営陣は、「なぜこの事業をやるのか」「その意義はなにか」という問いを通じて、自身の強みと弱みを言語化し、「自己認識力」を高めていく。これを組織レベルでやる方法が、ストーリーブックの作成だ。ストーリーブックをうまく活用すれば、「求職者・将来の社員」に向けて、会社の強み、魅力、弱み、課題を伝えることができる。以下、ストーリーブックに求められる要素を挙げる。

1.弊社はこんな会社です(会社概要、事業概要、実績、会社のミッション、競合優位性など)

2.社長/経営陣はこんな人です(人間像、事業への喜び、創業のきっかけ、得意・不得意、経歴、趣味など)

3.会社のビジョン/未来像(目指す未来像、それを目指す理由、1年後、5年後、10年後の姿など)

4.自社の魅力/課題(会社、仕事、一緒に働く人、業界、市場の魅力、またそれらの課題など)

5.一緒に働きたい人(こんな人と働きたい、こんな人と働きたくない)

このストーリーブックをベースにして、「採用市場向けエレベーターピッチ」を用意しよう。そうすれば自社の情報を求職者に対して効果的にアピールできるし、自社の欲しい人材像も明確になる。

採用の勝ち筋を見つけていく
Kenishirotie/gettyimages

人材採用において重要なポイントは、自社の勝ち筋となるような採用チャネルを見つけることだ。あらゆるチャネルに手をつけてしまうと、どれも中途半端になってしまう。

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
起業家の勇気
起業家の勇気
児玉博
未読
コンタクトレス・アプローチ
コンタクトレス・アプローチ
長尾一洋
未読
「コミュニティ」づくりの教科書
「コミュニティ」づくりの教科書
河原あず藤田祐司
未読
業界破壊企業
業界破壊企業
斉藤徹
未読
シュンペーター経済発展の理論(初版)
シュンペーター経済発展の理論(初版)
J・A・シュンペーター(著)八木紀一郎(訳)荒木詳二(訳)
未読
鈍感な世界に生きる敏感な人たち
鈍感な世界に生きる敏感な人たち
イルセ・サン枇谷玲子(訳)
未読
トレイルブレイザー
トレイルブレイザー
渡部典子(訳)マーク・ベニオフモニカ・ラングレー
未読
スマホ人生戦略
スマホ人生戦略
堀江貴文
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様