リープ・マーケティング
中国ベンチャーに学ぶ新時代の「広め方」

未 読
リープ・マーケティング
ジャンル
著者
永井竜之介
出版社
イースト・プレス 出版社ページへ
定価
1,500円 (税抜)
出版日
2020年06月05日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
リープ・マーケティング
リープ・マーケティング
中国ベンチャーに学ぶ新時代の「広め方」
著者
永井竜之介
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
イースト・プレス 出版社ページへ
定価
1,500円 (税抜)
出版日
2020年06月05日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

中国では2015年、「大衆創業、万衆創新(大衆の創業、万人のイノベーション)」というビジョンが掲げられた。国を挙げてITベンチャーを促進し、経済の新陳代謝を加速させる試みが見られる。そして、それに呼応するかのように、アリババ、バイドゥ、バイトダンスなど多くのベンチャー企業が目覚ましい成長を遂げている。さらに中国の調査によると、世界にある494のユニコーン企業(創業10年以内に10億ドル以上の企業価値を持った未上場企業)のうち、米・中が83%を占め、総数においては中国がアメリカを上回り1位となっているそうだ。これらの中国躍進の陰にあるのが、本書のテーマである「リープ・マーケティング」である。リープとは「飛躍」という意味だ。中国式マーケティングでは、商品・サービスの個性を伸ばし、とにかく素早く、爆発的に市場に広めていく。

一方、日本は低成長が続いている。イノベーションが起こりづらい社会環境、社内風土が残る。かつてのモノづくり大国は斜陽のなかにあり、グローバル市場での存在感も薄れつつある。そんな今だからこそ、中国に学ぶべきことは多い。もし、あなたが中国に対して「安かろう悪かろう」「下請けの途上国」「コピー大国」というステレオタイプのイメージを抱いているのであれば、だまされたと思って試しに本書を読んでいただきたい。きっとそのイメージが覆り、新たな気付きを得られるはずだ。

小林悠樹

著者

永井竜之介(ながい りゅうのすけ)
高千穂大学商学部准教授。
1986年生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、同大学大学院商学研究科修士課程修了の後、博士後期課程へ進学。同大学商学学術院総合研究所助手、高千穂大学商学部助教を経て2018年より現職。専門はマーケティング戦略、消費者行動、イノベーション。日本と中国を生活拠点として、両国のビジネス、ライフスタイル、教育等に精通し、日中の比較分析を専門的に進めている。主な著書に『イノベーション・リニューアル―中国ベンチャーの革新性』『メガ・ベンチャーズ・イノベーション』『脱皮成長する経営―無競争志向がもたらす前川製作所の価値創造』(いずれも共著、千倉書房)がある。本作が初の単著。

本書の要点

  • 要点
    1
    リープ・マーケティングは、「加点型マーケティング」「未来型共創マーケティング」「ブルーポンド」「ブリッツスケール」という4つの戦略で成り立つ。
  • 要点
    2
    「加点型マーケティング」はプロダクトの個性を最大限伸ばす戦略であり、「未来型共創マーケティング」ではユーザーを巻き込み、プロダクトの価値を広げていく。
  • 要点
    3
    「ブルーポンド」と「ブリッツスケール」は、競争の少ない小さな市場をまず探し当て、それを大きな市場へと急拡大させる戦略である。

要約

【必読ポイント!】 中国ビジネスを再認識せよ

中国の広める力
btgbtg/gettyimages

中国では既に「現金0・行列0・待ち時間0」が当たり前になっている。たとえば、ケンタッキーを食べたいと思えば、「ウィーチャット」というアプリを通じて注文・決済を行う。商品ができあがればスマホに通知が届き、レジに受け取りに行く。このような光景がファーストフード店やカフェなど、そこかしこで見られる。そしてこれは、北京や上海といった大都市に限らず、中国の地方都市においても浸透している。ありとあらゆる場所でスマホ決済が行き届いているのだ。

日本でも都市部を中心にキャッシュレス決済は広まりはじめているが、まだ限定的である。日本はつくれても広められない。一方中国は、つくれて広められる。これまで中国ビジネスの肝といえば、資金力やテクノロジーにばかり焦点があてられていた。しかし、中国の「広める力」(マーケティング)はそれ以上に特筆すべきものなのだ。

日本では中国に対して、いまもなお「安かろう悪かろう」のメイドインチャイナのイメージを持つ人が少なくない。モノもサービスも「中国は日本から数十年遅れている」という感覚は、現在でも40代以降の多くの日本人のマインドを支配し続けている。マーケティングの元祖ともいえるアメリカでさえ、いまは中国のエッセンスを学ぼうとしているのだ。日本企業こそ、世界中のどの企業よりも率先して中国に学ぶべきである。

日本と中国は両極端
Gerasimov174/gettyimages

日本と中国は両極端な存在だ。たとえば人付き合いについて、日本と中国は逆の方針で教える。日本では「人に迷惑をかけるな」と教えられるが、中国では「人に騙されるな」と教えられる。他者の言うことを鵜呑みにするのは危険であり、自分や身内の適切な判断を重要視する。美徳についても同様だ。日本では「足るを知る」と言われ、分相応の現状に満足することを良しとする。しかし中国では「もっと上へ」という上昇志向が大切にされ、現状に甘んじることはない。このような教えの違いは人の価値観に違いを生み、ビジネスやマーケティングにも大きな影響を与えていく。

日本のマーケティングは前例主義の積み上げ型だ。よほどの理由と確信がない限り、前例から逸脱したリスクの高い冒険はしない。一方、中国のマーケティングは前例更新主義の飛躍型である。前例についての情報は踏まえた上で、より新しく、より速く、たとえハイリスクであっても当たりの大きい選択肢を採用する。時には「クレイジー」とも称される中国のマーケティングは、まさしく一足飛びの飛躍だ。常識では考えられない速度でプロダクトを広めるマーケティング。これこそが中国の「リープ・マーケティング」である。リープ・マーケティングは、大きく次の戦略で成り立つ。加点型マーケティング、未来型共創マーケティング、ブルーポンド戦略、ブリッツスケールの4つである。そこには3つの階層があり、まず土台となるのは文化と教育を通じて人に根付く「マインド」である。それとノウハウとしての「スキル」によって、4つの「戦略」は効果を発揮できるようになるのだ。

それではこれらの戦略をひとつひとつみていこう。

加点型マーケティング

個性を伸ばし素早くリリース

加点型マーケティングの本質は、尖ったアイデアの特長を伸ばすことで、新規性の高い魅力的なプロダクトへと育て上げる戦略だ。逆に日本では、慎重に時間をかけて角を取っていく減点型マーケティングが浸透している。

世界では、おもしろいアイデアをできる限り早く「最低限の価値を持った商品(MVP)」に仕上げてリリースすることが主流だ。中国はそれを極端に目指しているといえる。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

トレイルブレイザー
トレイルブレイザー
マーク・ベニオフ モニカ・ラングレー 渡部典子(訳)
未 読
リンク
新・エリート教育
新・エリート教育
竹村詠美
未 読
リンク
トヨタ チーフエンジニアの仕事
トヨタ チーフエンジニアの仕事
北川尚人
未 読
リンク
なぜ中間層は没落したのか
なぜ中間層は没落したのか
ピーター・テミン 栗林寛幸(訳) 猪木武徳(解説)
未 読
リンク
ポートフォリオワーカー
ポートフォリオワーカー
マダム・ホー
未 読
リンク
仮想空間シフト
仮想空間シフト
尾原和啓 山口周
未 読
リンク
自由すぎる公式SNS「中の人」が明かす企業ファンのつくり方
自由すぎる公式SNS「中の人」が明かす企業ファンのつくり方
日経トレンディ 日経クロストレンド(小林直樹、森岡大地)
未 読
リンク
AIゲームチェンジャー
AIゲームチェンジャー
市嶋洋平 江藤哲郎
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
越川慎司
未 読
リンク
2
楽しくなければ成果は出ない
楽しくなければ成果は出ない
田中マイミ
未 読
リンク
3
世界のお金持ちが実践するお金の増やし方
世界のお金持ちが実践するお金の増やし方
高橋ダン
未 読
リンク

イチオシの本

読書の秋に読んでおきたい名著5選
読書の秋に読んでおきたい名著5選
2020.11.20 update
リンク
ストレスに負けそうなときに読んでおきたい5冊
ストレスに負けそうなときに読んでおきたい5冊
2020.11.18 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年11月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年11月号)
2020.11.17 update
リンク
『頭を「からっぽ」にするレッスン』
『頭を「からっぽ」にするレッスン』
2020.11.16 update
リンク

インタビュー

人気投資系YouTuberに聞く「投資家のマインドセット」とは?
人気投資系YouTuberに聞く「投資家のマインドセット」とは?
2020.11.24 update
リンク
〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
2020.10.28 update
リンク
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
2020.10.21 update
リンク
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
2020.10.15 update
リンク
1
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
越川慎司
未 読
リンク
2
楽しくなければ成果は出ない
楽しくなければ成果は出ない
田中マイミ
未 読
リンク
3
世界のお金持ちが実践するお金の増やし方
世界のお金持ちが実践するお金の増やし方
高橋ダン
未 読
リンク
職場のダイバーシティ&インクルージョン
職場のダイバーシティ&インクルージョン
2017.09.06 update
リンク
freee代表取締役CEOが語る、究極の生産性アップの秘訣とは?
freee代表取締役CEOが語る、究極の生産性アップの秘訣とは?
2018.07.25 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『リープ・マーケティング』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る