Spotify
新しいコンテンツ王国の誕生

未 読
Spotify
ジャンル
著者
スベン・カールソン ヨーナス・レイヨンフーフブッド 池田明子(訳)
出版社
ダイヤモンド社 出版社ページへ
定価
1,800円 (税抜)
出版日
2020年06月18日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
Spotify
Spotify
新しいコンテンツ王国の誕生
著者
スベン・カールソン ヨーナス・レイヨンフーフブッド 池田明子(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
ダイヤモンド社 出版社ページへ
定価
1,800円 (税抜)
出版日
2020年06月18日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

「Spotify(スポティファイ)」をご存知だろうか。数ある音楽ストリーミングサービスのなかでも、破竹の勢いで成長している企業だ。いまやアップルやアマゾン、グーグルといったIT業界の巨人たちも、スポティファイと同じような音楽ストリーミングサービスを提供するようになった。だがスムーズな再生や秀逸なプレイリスト作成、センスの良いシャッフルといった「感覚に訴える気持ちよさ」では、スポティファイがいまだ一歩抜きん出ていると言っていいだろう。

スポティファイの創業者ダニエル・エクは、5歳にしてパソコンを使い始め、11歳のころには周りの大人に「ビル・ゲイツよりもビッグになる」と言っていたという。彼がもっとも影響を受けたのはファイル交換ソフト「ナップスター」だ。

じつはスウェーデンには、ナップスターと同様の機能を持つ「カザー」というソフトを開発した、伝説的な起業家が存在する。ニクラス・センストロームというその人物は、カザーと同様にP2P技術を用いてインターネット通話サービス「スカイプ」を開発し、世界中に普及させた人物でもある。ダニエルがP2P技術を用いてスポティファイを開発し、世界的な成功を収めることができたのは、そのような自国の得意な技術を最大限に活用したこと、そしてIT起業家を育てる支援者たちの存在があったからだ。

スウェーデンという小国発のサービスがITの巨人たちに打ち勝っていく物語は、読んでいて単純にワクワクするだけでなく、自分の強みにフォーカスすることの重要さを教えてくれる。いま大きなビジョンを胸に抱いているビジネスパーソンや、「小よく大を制する」手法を学びたい方は、本書の1行1行を噛み締めてみてはいかがだろうか。

ヨコヤマノボル

著者

スベン・カールソン(Sven Carlsson)
1986年生まれ。高校時代をモスクワで過ごし、ジャーナリストを目指す。2009年イギリスのノッティンガム大学で北米学と歴史を学ぶ。2014年、アメリカのコロンビア大学でジャーナリズムの修士課程を修了後、AFP通信や経済新聞『SVDビジネス』で勤務。2016年、ストックホルムの日刊経済紙『ダーゲンス・インダストリ(Dagens industri)』でアメリカでのスポティファイ株式公開を取材。その他、ウーバー、サウンドクラウドなどのテクノロジー企業を中心に取材している。

ヨーナス・レイヨンフーフブッド(Jonas Leijonhufvud)
1974年生まれ。1998年より金融ジャーナリスト。2000年にジェフ・ベゾス、2008年にスポティファイ共同創業者のマルティン・ロレンツォンをインタビュー。経済新聞『SVDビジネス』、日刊紙『ダーゲンス・ニーヘーテル(Dagens Nyheter)』、テレビ局「TV8」「TV4」での勤務経験もあり、そこでは受賞歴のある人気番組「Historieätarna」も担当。

現在ふたりは記者として、日刊経済紙『ダーゲンス・インダストリ』と同紙デジタル版で活躍中。また、ふたりは同紙のポッドキャスト番組「Digitalpodden」にも出演している。

本書の要点

  • 要点
    1
    スポティファイは音楽を「一瞬で、簡単に、無料で届ける」という触れこみで、多くのユーザーを獲得した。しかしスティーブ・ジョブズの目が光る米国市場への参入には時間を要した。
  • 要点
    2
    米国市場への参入を果たした後も、IT業界の巨人たちが次々に対抗サービスをぶつけてきたり、買収を図ったりしてきた。こうした重圧をくぐり抜け、スポティファイは創業10年で株式公開を果たした。

要約

秘密のアイデア

マルティン・ロレンツォンとの出会い

スポティファイの創業者ダニエル・エクは、専門学校を卒業後、ネット広告を最適化するアフィリエイト・マーケティングを行うトレードダブラーに入社した。そこできわめて優秀な技術者として頭角を表すとともに、運命的な出会いを果たすことになる。マルティン・ロレンツォンとの出会いだ。彼はスポティファイの創業と成長を支え、ダニエルの唯一無二のパートナーとなった人物である。

ダニエルは当時20歳そこそこで、マルティンとは14歳も離れていたが、ふたりはすぐに意気投合した。ダニエルとマルティンは、中央のサーバーを経由することなく利用者のハードディスクに直接ファイルが配信されるP2Pテクノロジーに将来性があると見込み、このテクノロジーとコンテンツを組み合わせたビジネスアイデアを温めていた。

聞き間違いから生まれた「スポティファイ」
fatido/gettyimages

トレードダブラー社を退社したダニエルは、その後コンサルタントとして働きつつ、自宅アパートにサーバーを構え、秘密のアイデアを検証していた。ただパートナーのマルティンと新たな会社と立ち上げることには同意しつつも、次の一歩をどう踏み出すかで逡巡していた。

転機は、トレードダブラーが上場を果たしたことだった。創業メンバーだったマルティンは11億円あまりを手にし、ダニエルのアイデアに1億円あまりのスタート資金を提供すると提案してきたのだ。

起業となれば、問題は社名だ。マルティンはダニエルがアパートの反対側の部屋から「スポティファイ」と叫んだのを耳にし、この言葉を誰もドメイン名に使っていないことを確かめ、社名にすることに決めた。

当のダニエルは「マルティンの聞き間違いではないか」と語っており、そんな記憶はないという。とはいえふたりは名前を気に入り、いまではスポティファイのことを「何かを見つける場所」という意味の「スポット」と、「特定する」という意味の「アイデンティファイ」を組み合わせた造語だと説明するようになった。

「待つなんてクールじゃない」

ダニエルとマルティンは、2006年4月にスポティファイを起ち上げる。スティーブ・ジョブズが音楽販売サービス「iTunes」を発表してから3年後のことだ。

ダニエルとマルティンは優秀な技術者を集め、明快な指示を出した。高速で音楽再生を可能にし、音楽を蛇口から出る水のようにすること。ダウンロード待ちで再生が遅れるのは許されない。「待つなんてクールじゃない」が合言葉だった。

技術チームは0.2秒で曲が始まると、人間は「すぐに再生された」と認識することを発見した。問題は、音楽データをどのように切り分けるかだ。

試行錯誤の末、彼らはとうとうエレガントな解決策を見出した。従来は食パンの如く縦に切り分けていたデータを、ハンバーガーのように横に切り分けるのだ。この改変により、断片がストリーミングされている最中でも、すぐに再生を始められるようになった。

向かうところ敵だらけ

一瞬で、簡単に、無料で
martin-dm/gettyimages

当時の音楽業界では、違法コピーサイトの横行とその取り締まりのいたちごっこが続いていた。スポティファイから見ると、違法コピーサイトはライバルであり、ダニエルはそれらより軽く動く、もっとよい商品を作りたいと考えていた。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

業界破壊企業
業界破壊企業
斉藤徹
未 読
リンク
危険人物をリーダーに選ばないためにできること
危険人物をリーダーに選ばないためにできること
ビル・エディ 宮崎朔(訳)
未 読
リンク
ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか
ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか
酒井大輔
未 読
リンク
頭を「からっぽ」にするレッスン
頭を「からっぽ」にするレッスン
アンディ・プディコム 満園真木(訳)
未 読
リンク
つなぐ時計
つなぐ時計
金田信一郎
未 読
リンク
コロナ後に生き残る会社 食える仕事 稼げる働き方
コロナ後に生き残る会社 食える仕事 稼げる働き方
遠藤功
未 読
リンク
トレイルブレイザー
トレイルブレイザー
マーク・ベニオフ モニカ・ラングレー 渡部典子(訳)
未 読
リンク
緊急提言 パンデミック
緊急提言 パンデミック
ユヴァル・ノア・ハラリ 柴田裕之(訳)
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
超雑談力
超雑談力
五百田達成
未 読
リンク
2
対話型マネジャー
対話型マネジャー
世古詞一
未 読
リンク
3
頭を「からっぽ」にするレッスン
頭を「からっぽ」にするレッスン
アンディ・プディコム 満園真木(訳)
未 読
リンク

イチオシの本

三洋堂書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年8~9月)
三洋堂書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年8~9月)
2020.10.30 update
リンク
「コミュニケーションの壁」を打破するための3冊
【〈連載〉ニューノーマル時代のコミュニケーション 第2回】 「コミュニケーションの壁」を打破するための3冊
2020.10.27 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年9~10月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年9~10月)
2020.10.26 update
リンク
出版社のイチオシ#039
出版社のイチオシ#039
2020.10.23 update
リンク

インタビュー

〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
2020.10.28 update
リンク
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
2020.10.21 update
リンク
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
2020.10.15 update
リンク
〈対談〉「カルチャーづくり」をないがしろにしてはいけない
〈対談〉「カルチャーづくり」をないがしろにしてはいけない
2020.10.14 update
リンク
1
超雑談力
超雑談力
五百田達成
未 読
リンク
2
対話型マネジャー
対話型マネジャー
世古詞一
未 読
リンク
3
頭を「からっぽ」にするレッスン
頭を「からっぽ」にするレッスン
アンディ・プディコム 満園真木(訳)
未 読
リンク
『お金2.0』に描かれた未来は実現するのか?
『お金2.0』に描かれた未来は実現するのか?
2018.03.05 update
リンク
フロム『愛するということ』読書会イベントレポート
フロム『愛するということ』読書会イベントレポート
2016.11.28 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『Spotify』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る