デジタルテクノロジーと国際政治の力学

未 読
デジタルテクノロジーと国際政治の力学
ジャンル
著者
塩野誠
出版社
NewsPicksパブリッシング 出版社ページへ
定価
2,200円(税込)
出版日
2020年10月07日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
デジタルテクノロジーと国際政治の力学
デジタルテクノロジーと国際政治の力学
著者
塩野誠
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
NewsPicksパブリッシング 出版社ページへ
定価
2,200円(税込)
出版日
2020年10月07日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

100年前、国境を越える技術といえば航空機だった。しかしその有用性が認識された瞬間から、国家に兵器として活用され、第二次世界大戦での惨禍を招いたのは周知のとおりだ。

現在では、インターネットをはじめとしたデジタルテクノロジーが「兵器」と化している。それはサイバー攻撃のように、特定の標的を狙ったものだけではない。ふだん目にする情報すら、誰かが意図的に流通させているかもしれないのだ。

デジタルテクノロジーを理解せずに、今日における国家間の覇権争いを理解することはきわめて難しい。逆に国家間の攻防を理解せずに、デジタルテクノロジーの今後を占うこともできない。インターネットは個人の力を解放し、世界の誰とでもつながることができるツールとして、既存の秩序に対抗する切り札と見なされていた。だが現実として、独裁的な国家はデジタルテクノロジーを用いて国民を監視・統制しているし、民主主義国家はフェイクニュースの拡散による国民の分断に悩まされている。

国家だけでなく、GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)のようなプラットフォーマーや国際犯罪グループも力を持ち始めたいま、デジタルテクノロジーとどう向き合うか次第で、私たちの未来が決まるかもしれない。現代社会の仕組みを理解するうえで、必読の一冊と言える。

ヨコヤマノボル

著者

塩野誠 (しおの まこと)
経営共創基盤(IGPI)共同経営者・マネージングディレクター
JBIC IG Partners代表取締役 CIO(最高投資責任者)
IGPIテクノロジー取締役
JB Nordic Ventures(Nordic Ninja, フィンランド)取締役
ニューズピックス社外取締役、ビーピット社外取締役
内閣府デジタル市場競争会議ワーキンググループ議員
元・人工知能学会倫理委員会委員

シティバンク、ゴールドマン・サックス、ペインアンドカンパニー、ライブドア、起業などを経て現職。現在はIGPIにおいて政府機関、グローバル企業に対するコンサルティングやM&Aアドバイザリー業務に従事。JBIC IG Partnersにおいてはロシア・北欧・バルト地域において投資業務を行う。通信・メディア・テクノロジー領域を中心にクライアントに提言を行い、15年以上の企業投資経験を持つ。
慶應義塾大学法学部政治学科卒 久保文明研究会(米国政治)
ワシントン大学セントルイス法科大学院 法学修士
フィンランド(ヘルシンキ)在住

IGPIはコーポレートトランスフォーメーション(CX)を掲げ、グローバル企業から日本のローカル企業までコンサルティング、M&A、財務アドバイザリーを提供している。また、AI・データサイエンス事業や、研究機関が保有する技術の事業化も行っている。
JBIC IG Partnersは国際協力銀行(JBIC)とIGPIの合弁会社である。

本書の要点

  • 要点
    1
    テクノロジーは、いつだって国家の安全保障に影響を与えてきた。いま米国がファーウェイを排斥する動きを見せているのは、デジタルテクノロジーのパワーがますます強大になると考えているからだ。
  • 要点
    2
    対立する国家の間では、情報は兵器化する。フェイクニュースで社会不安を煽り、国民を分断するといった世論操作も、きわめて安価に実現することができる。
  • 要点
    3
    新型コロナウイルス感染症の拡大で、独裁国家で利用されている国民監視ツールが各国で導入されるかもしれない。米国が弱体化したいま、日本こそが自由と民主主義の砦となる可能性もある。

要約

デジタルテクノロジーの現代史

なぜ、米国はファーウェイを警戒するのか
Nuthawut Somsuk/gettyimages

2018年8月は、米中関係が変わるひとつのターニングポイントとなった。米国は安全保障を理由に、中国の通信機器メーカーであるファーウェイ製品を、政府機関や関連組織で利用することを禁じた。さらには、同社への半導体などの輸出も事実上禁じている。

通信機器において世界シェア30%を占めるファーウェイだが、それでも一民間企業にすぎない。なぜ米国政府は、ここまで厳しい制裁を課すのか。それは中国政府による軍民融合の方針から、通信ネットワーク上でスパイ行為を行う恐れがあるからだ。加えて、国家の覇権に技術が影響を与えてきたという歴史的経緯と、これまで以上にデジタルテクノロジーが影響力を発揮するという予測も関係している。

テクノロジー覇権を守るため、なりふり構わない米国の姿がそこにはある。

イノベーションは軍事的脅威から生まれてきた

1957年、米国と西側諸国にスプートニク・ショックが駆け巡った。旧ソ連が人類初の人工衛星、スプートニク1号の打ち上げに成功したのだ。これは、米国が旧ソ連に遅れを取ったことを意味していた。

翌年、米国では現在のNASA(米国航空宇宙局)とDARPA(国防高等研究計画局)が組織された。DARPAはインターネットの生みの親と言われているが、ドローンやGPS、ステルス技術、音声認識や翻訳技術などの研究も古くから手掛けている。

DARPAで革新的なイノベーションが生まれる理由は、プログラムを監督するプログラムマネージャの高い自由度にある。数年間、独裁的に資金や権限を采配できるのだ。この手法は、現在のスタートアップ企業に近いものといえる。

ビル・ゲイツが恐れたもの

マイクロソフトの元CEOであるビル・ゲイツ氏は、パソコン業界をいまよりも支配していた時代に、「もっとも恐れている競合は?」という質問に対して、「どこかのガレージでまったく新しいものを考えている誰か」と答えた。その懸念は現実のものとなった。1998年創業のグーグルは、翌年にはベンチャーキャピタルが30億円を投資する企業になっていた。

インターネットの黎明期から、DARPAのような政府機関、起業家が技術を学んだ大学、リスクをとるベンチャーキャピタルが一種の生態系をつくり、巨大デジタルテクノロジー企業の成立に寄与している。たとえば代表的なベンチャーキャピタルであるセコイアが投資した企業の時価総額は、合計でおよそトヨタ6つ分だ。ベンチャーキャピタルはツイッター、フェイスブック、Uberといったプラットフォーマーを生み出し、既存の産業構造を変えていった。

ハイブリッド戦争とサイバー攻撃

グレーゾーン化する日常
solarseven/gettyimages

2007年、人口130万人の電子立国エストニアが大規模なサイバー攻撃を受けた。これにより、デジタルテクノロジーに関する安全保障は新しい次元に入った。サイバー攻撃はこれまでの軍事行動に比べ、きわめてコストが低く、匿名性の高い攻撃手段だ。

デジタルテクノロジーの隆盛によって、国家間の紛争は平時とも有事とも言えないグレーゾーンの紛争へと姿を変えつつある。サイバー攻撃によって威嚇したり、デマ情報を流して他国に干渉したりすることは、もはや日常茶飯事である。

サイバー攻撃に武力で応じることは可能か。日本政府の見解は、

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

リープ・マーケティング
リープ・マーケティング
永井竜之介
未 読
リンク
なぜ中間層は没落したのか
なぜ中間層は没落したのか
ピーター・テミン 栗林寛幸(訳) 猪木武徳(解説)
未 読
リンク
ポートフォリオワーカー
ポートフォリオワーカー
マダム・ホー
未 読
リンク
仮想空間シフト
仮想空間シフト
尾原和啓 山口周
未 読
リンク
AIゲームチェンジャー
AIゲームチェンジャー
市嶋洋平 江藤哲郎
未 読
リンク
新版 ランチェスター戦略 「弱者逆転の法則」
新版 ランチェスター戦略 「弱者逆転の法則」
福永雅文
未 読
リンク
日本企業の勝算
日本企業の勝算
デービッド・アトキンソン
未 読
リンク
目に見えぬ侵略
目に見えぬ侵略
クライブ・ハミルトン 山岡鉄秀(監訳) 奥山真司(訳)
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
タイムマネジメント大全
タイムマネジメント大全
池田貴将
未 読
リンク
2
本物の気づかい
本物の気づかい
井上裕之
未 読
リンク
3
「いそがない人」が、いい人生を送る
「いそがない人」が、いい人生を送る
斎藤茂太
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

今日は「世界難民の日」
今日は「世界難民の日」
2021.06.20 update
リンク
さあ、大人の学びの時間です!
さあ、大人の学びの時間です!
2021.06.18 update
リンク
生きやすくなるヒントは「古典」にあり
生きやすくなるヒントは「古典」にあり
2021.06.16 update
リンク
出版社のイチオシ#054
出版社のイチオシ#054
2021.06.11 update
リンク

インタビュー

〈対談〉その失敗、本当に異文化のせい?
〈対談〉その失敗、本当に異文化のせい?
2021.06.22 update
リンク
あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
2021.06.09 update
リンク
「攻めのDX」とコストゼロ時代の生き残り戦略
「攻めのDX」とコストゼロ時代の生き残り戦略
2021.06.04 update
リンク
自分軸はブレていい。理想のキャリアを手にする「転職2.0」とは?
自分軸はブレていい。理想のキャリアを手にする「転職2.0」とは?
2021.06.01 update
リンク
1
タイムマネジメント大全
タイムマネジメント大全
池田貴将
未 読
リンク
2
本物の気づかい
本物の気づかい
井上裕之
未 読
リンク
3
「いそがない人」が、いい人生を送る
「いそがない人」が、いい人生を送る
斎藤茂太
未 読
リンク
新しいことを学びたい!足りないのは時間?それともやる気?
新しいことを学びたい!足りないのは時間?それともやる気?
2021.06.21 update
リンク
出版社のイチオシ#051
出版社のイチオシ#051
2021.04.16 update
リンク
環境の力で、「すぐやれる自分」になる
環境の力で、「すぐやれる自分」になる
2021.04.08 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『デジタルテクノロジーと国際政治の力学』をおすすめする

保存が完了しました

新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る