世界最高峰の経営教室

未 読
無 料
世界最高峰の経営教室
ジャンル
著者
広野彩子 広野彩子(編著)
出版社
定価
2,640円(税込)
出版日
2020年10月19日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
3.5
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
世界最高峰の経営教室
世界最高峰の経営教室
著者
広野彩子 広野彩子(編著)
未 読
無 料
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
2,640円(税込)
出版日
2020年10月19日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
おすすめポイント

「よい理論ほど、実践的なものはない」――この著書を読み終えたとき、ある科学者の言葉が頭に浮かんだ。

本書に掲載されているのは、世界の名だたる経営学者17人が語る、「現代の経営に求められるものは何か」への答え。マイケル・ポーター教授やフィリップ・コトラー教授のような大御所から、いま注目される新進気鋭の研究者まで網羅しており、扱われるトピックも多岐にわたる。

強調したいのが、過去に発表された研究論文を単に17本並べただけではない、ということだ。教授たちへのインタビューをベースにしつつ、読者にやさしく語りかけるような文章になっている。教授たちの人柄をしのばせるエピソードも満載だ。なんとも贅沢な経営学書ではないか。

さらに冒頭で、経営学の理論をやさしく説くことに定評のある入山章栄教授が、17人の学説や研究を、わかりやすいポートフォリオを用いて「見える化」してくれている。だから読者は、興味のあるテーマからよどみなく読み始めることができる。

索引の充実ぶりにも目を見張る。キーワードはもちろん、人名、社名、大学・研究機関、書名、論文・雑誌・コラム等の索引まで、読者の使い勝手を考慮したつくりだ。シンプルでセンスのよい図表も多数掲載されており、ガイドブック的な使い方もできるだろう。

ライター画像
たばたま

著者

広野彩子 (ひろの あやこ)
日経ビジネス副編集長
1993年早稲田大学政治経済学部卒業、朝日新聞記者を経て2001年から日経ビジネス記者。2005年、米プリンストン大学大学院修士課程修了。2013年から日経ビジネス副編集長。2016年から日本経済新聞社の英文媒体Nikkei Asian Reviewにて英文記事の編集・執筆に携わり、エディターとして企画・編集した特集”Overworked”(働き過ぎ)が2017年、アジアの優れた英文報道を顕彰するアジア出版社協会賞(SORA)で最優秀賞(Award for Excellence)を受賞。書籍などの編集も手掛け、担当作に『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』(入山章栄著)、『日経ビジネス 日本経済入門』(日経ビジネス編)、『ビジネスに効く最高の「読書」―本当の教養が身につく108冊』(出口治明著)、「(日経ムック)新しい経済の教科書」などがある(いずれも日経BP)。著書に『100歳、ずっと必要とされる人―現役100歳サラリーマンの幸せな生き方』(福井福太郎と共著/日経BP)。

本書の要点

  • 要点
    1
    すぐれたCEOはプライベートを含め、トップアスリートのような時間管理をしながら、規律のある生活を送っている。
  • 要点
    2
    変化対応力のある組織は、「分権化」と「自己組織化」の機能を内包している。
  • 要点
    3
    いまは、ビジネスを通じて社会課題の解決に貢献する企業が、高く評価される時代である。
  • 要点
    4
    プラットフォーム・ビジネスで成功し続けるためには、絶え間ない継続的な投資が必要である。
  • 要点
    5
    日本企業が、欧米企業のガバナンスを取り入れ、効率化しようとしているのは、大きな間違いである。

要約

ポーター教授のCEO論

CEOはトップアスリートたれ
pixelfit/gettyimages

「すぐれたCEOとは、オリンピックのアスリートのようなものだ」――27人のCEOを対象に調査を行なった、米ハーバード大学のマイケル・ポーター教授はそう語る。

経営戦略の立案とCEOの時間管理は、相互に作用しあう関係にある。戦略は組織をまとめるうえで重要な役割を果たすが、その戦略をつくるには、なにより時間が必要だからだ。

ポーター教授は有効に時間を使うための方法として、4つのアドバイスを挙げている。1つ目は、仕事に優先順位をつけて重要業務に集中するために、補佐役に優秀な人物をつけること。2つ目に、向こう3~4カ月で何をすべきかの具体的なアジェンダ(課題)を設定すること。3つ目は、メールを返信する際のルールをつくり、重要なものだけに時間を割いて返信すること。最後は、明確な課題と入念な準備をすることで、会議の時間を短くすることだ。

ポーター教授の真意とメッセージ

よいリーダーシップを発揮させるために、CEOは睡眠時間やエクササイズ、家族と過ごす時間に対しても、規律のある生活を送るべきだとポーター教授はいう。CEOをオリンピックのアスリートにたとえる真意もここにある。

またポーター教授は、日本の経済や企業の成長率の低さ、生産性の低さにも言及し、その要因として特にDX(デジタル・トランスフォーメーション)への熱意のなさを憂えている。そして日本企業が活力を取り戻すうえでは、CSV(共有価値の創造)にも取り組むべきだと強調する。

変化対応力を高める

最もホットなイノベーション理論

いま経営学で最も注目されている理論のひとつが、「ダイナミック・ケーパビリティ」だ。これは組織と経営者が、急速な変化に対応するために内外の知見を統合・構築し、組み合わせ直す能力を意味する。具体的には、市場で事業機会や脅威を察知(Sensing)し、価値創造のため人材や資産を動かして競争優位を獲得(Seizing)、経営手法を日々改善しながら定期的に主要な戦略を変容(Transforming)させていく。

米カルフォルニア大学バークレー校経営大学院のデビッド・ティース教授は、ダイナミック・ケーパビリティのポイントとして「分権化」と「自己組織化」を挙げている。この考えを体現している企業が、中国の家電メーカー「ハイアール」だ。ハイアールは大企業でありながら、社員が個人で事業を立ち上げられる「マイクロ起業家モデル」という仕組みをもっている。その結果、企業の内部に多くのスタートアップがフラットに共生しているのだ。ハイアールには、10~15人の事業ユニットが5千程度あると言われている。

不確実な環境のもとでのリーダーシップの原則
pishit/gettyimages

ティース教授は、こうした企業研究に基づき、不確実な環境に強い6つのリーダーシップの原則を考察している。それは予測、挑戦、解釈、意思決定、調整、学習だ。それぞれ予測と挑戦はセンシングに、解釈と意思決定はシージングに、調整と学習はトランスフォーミングに対応した能力になっている。

リーダーの「予測」する力や「挑戦」する力が、組織の変化対応力を高める。そして現状を正しく「解釈」することで、正しい「意思決定」ができるようになる。ただし不確実性とリスクは違う。予測可能なリスクに関しては、日常的なマネジメントや経営ツールを使って対応し、不確実性には「調整」と「学習」によって、組織をイノベーティブに変革していくことが必要になる。

経営の目的に、社会課題の解決を組み込む

社会的インパクト投資とは

仏インシアード経営大学院のジャズジット・シン教授によると、いまの企業はROE(自己資本利益率)を上げ、配当性向を高めるだけでは不十分だ。

この続きを見るには...
この要約を友達にオススメする
一緒に読まれている要約
戦略読書[増補版]
戦略読書[増補版]
三谷宏治
未 読
リンク
藁を手に旅に出よう
藁を手に旅に出よう
荒木博行
未 読
リンク
ビジネスエリート必読の名著15
ビジネスエリート必読の名著15
大賀康史
未 読
無 料
リンク
はずれ者が進化をつくる
はずれ者が進化をつくる
稲垣栄洋
未 読
リンク
脳の強化書
脳の強化書
加藤俊徳
未 読
リンク
Pitch ピッチ
Pitch ピッチ
Open Network Lab
未 読
リンク
公〈おおやけ〉
公〈おおやけ〉
猪瀬直樹
未 読
リンク
教養としての「地政学」入門
教養としての「地政学」入門
出口治明
未 読
無 料
リンク
今週の要約ランキング
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
2022.09.26 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
2022.09.30 update
リンク
出版社のイチオシ#073
出版社のイチオシ#073
2022.06.03 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
この要約をおすすめする
さんに『世界最高峰の経営教室』をおすすめする
保存が完了しました